+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の45件の記事

2004.03.31

シンガポール戦

 テレビ観戦していてフラストレーションがたまったなぁ。

 得点できないのもそうだけど、何と言うかやっぱりジーコ監督の選手起用法は物足りない(穏健派の僕がこんなこと書くなんて)。勉強熱心なJリーグの監督の方がもっといきいきとした選手の使い方をするんじゃないかと思ってしまう…。

 でも何とか勝てたから、ほんとに次こそはこの経験を生かして欲しいよ。

今日の落書き

td040331.jpg
(Shade7)

 ありがちな構図だけど、少し規模の大きな照明下でのレンダリングを実験。

 17m×17m・高さ4.7mの大きな部屋の天井に、1ブロックにつき3本の照明を6×8列(計144本)配置。部屋の真中に直径1.4mの赤い球。間接光の計算にはラジオシティを使った。

2004.03.30

わ〜い

 NHK・午後10時前の気象情報から姿を消した半井小絵さんは、午後7時からのニュース7の気象コーナーの担当になっていた!

 ちょっと用事・残業がある日には間に合わないけど、できるだけ早く帰るようにしよう。

2004.03.29

ああ〜

 午後10時前のNHKの気象情報、半井小絵さんから替わっちゃった。淋しい…。

Netsky.Q

情報処理推進機構:セキュリティセンター:W32/Netskyウイルスの亜種(Netsky.Q)に関する情報

 このウィルスメールほんとにたくさん来る…。

 いくらエラーリターンメールを装ってるといっても、出した覚えのない人から戻ってきたメールを開こうとするかなぁ。まだまだ世間はコンピューターウィルスに対する意識が高くないのだろうか。

2004.03.28

この森で、天使はバスを降りた

 数年前に観た映画だけど、とても印象に残っている。

 この頃は単館ロードショーなどでいわゆるマイナーっぽい映画をよく観ていたんだけど、その中でも特に良かったと思う。ハリウッド的大作でもなく、文芸的過ぎずに、地に足をつけて丁寧に作られた映画だった。

 内容は、えもいわれぬ切なさ・無力感が残るものなのだけど、でも自分に正直に生きようという意識がこころに沈殿する感じ。

新選組!

 ともかくも腕に自信のある男たちというのは、傍目から見ても頼り甲斐がある。

 自分を振り返ってみると、そういう強さは全くない。なんか悲しい。

 でも現代の武器であるコンピューターならそこそこ自信がある。それに、ただ使うだけじゃなく、ACCESSを使ったデータベースの構築なら、とりあえず身の回りでは間違いなく自分が一番という自負はある。

 実際、そのために社内でもオンリー・ワンの位置にいるようだし、会社の役に立っているのは確からしい。まあ、外注すれば数百〜数千万円というシステムを社内の一人の人間が作ってしまうのだから、会社にしてもおいしいということなのだろうけど。

 でも、この凛々しさを社内の一部の人にしか見てもらえないのがちょっと淋しい…。

2004.11.23
表記を「新撰組!」から「新選組!」に修正しました。

経験に基づく一般論・声

 一般的に、声の小さい人は聴力が優れている。そして逆も成り立っている。これまでの経験からそう思う。

 もちろん聴力に優れていても職業上、或いは意識的に大きな声で話す人はいる。これは良いこと。

 推測するに、聴力(といってもこの場合は自分の声なので体内を伝わる音)が高いから自分の声がよく聞こえる→大きな声で話す必要がない、という関係なのだろう。逆に、よく聞こえない→大きな声で話す、というわけ。

 だから、音を聞くことに不自由しない人は自分の声が小さめであることを意識したほうが良い。そして、声の大きな人と会話するときは、相手によく聞こえるように、いっそう大きな声で話したほうが良い。

いわゆるグルメ情報

 吉祥寺にある「壁の穴」というパスタ屋さんに今度行ってみようかと思うんだけど、何か情報があったら教えて欲しいです。

 原材料・素材に比して安めの値段設定でがんばっているということなのだけど、味やお店の雰囲気はどんな感じなのだろう。そもそも僕は料理の質(?)に疎いので、よっぽど変でなければ美味しいと思い込んでしまうので。

 あ、吉祥寺のこのお店は、新宿等にある壁の穴とは全く別なんだそうです。

お花見

 大学時代のサークルの仲間とほぼ毎年恒例のお花見。

 もう卒業して十年以上経つのにこうして仲間に加えてもらえることに密かに感謝しながら、今年も楽しい時間を過ごせた。

 参加メンバーは大学時代に直接関わった後輩、そのまた下の後輩、そして現役生たちと(残念ながら先輩にあたる人は参加していない)、上から下まで見渡すと十五才以上の隔たりがある。でもそういうことはあまり気にせず、現在のサークルの状況、社会人からこれから社会人になるものへのちょっとした意見、社会人同士はお互いの現状などを、余計な利害や思惑無しに気軽に語り合える、いい集まりだった。

2004.03.26

ニュースステーション

 僕はNHKのニュース10を見ているのでテレビ朝日のニュースステーションは見てなかったんだけど、ニュース10の方が少し早く終わるので今日のニュースステーション最終回の終わりの辺りだけ見た。

 ニュースステーションを見ないのは、テレビ朝日という放送局自体があまり好きじゃないし、ニュース番組はNHKの方が落ち着いていて自分に合っているから。

 それでも番組最後の久米宏の様子にはちょっと感動した。何と言われようと批判に晒されようと、これだけ長くニュース番組を続けたのは立派だと思った。

 なんと言うか、内容とは別のところで、人の振る舞いの根底にある熱意みたいなもの、それこそが人間の本当に素晴らしいところなのかもしれない。

赤い月

 映画『赤い月』を観た。

 母の、凄まじいまでの子への愛情と生への執念が描かれていた。今の自分にはないこのこころのエネルギーに半ば圧倒されながら観ていた。

 そこまでして生きたいものなのか。子どもがいるからこそそうなのか。

 多分に美化された描写もあっただろうけど、こういう作品を目の当たりにすると、女性を畏敬する気持ちがますます大きくなる。

 所詮男は女性によって生かされているのだ、とつくづく思う。

2004.03.25

「独りで」

 返事が来なくても恨まない あの人に他の事をする時間があったとしても
 無視されても憎まない あの人が他の人と楽しそうにしていても

 静かにこの現実を受け入れる
 そうすればほんの小さな出来事にも喜びを見い出せるようになるから

 鳴らない携帯電話を見つめながら 今日一日を思い返す

2004.03.24

傘袋

 最近は、雨の日にちょっと大きなお店に行くと入り口にビニールの傘袋がある。濡れた傘をそのまま店内に持ち込まれて床がびしょびしょになったり商品や他の客の服を汚すのを防ぐためだと思うのだけど、あの袋ってリサイクルされているのかな。ホンのちょっとした時間だけのために新しい袋を取って使うのが気が引けるのは僕だけじゃないと思うんだけど。

 なので僕は、入り口の同じ場所にある、使い終わった袋を捨ててある箱から取って使っている。

お仕事

 さすがに年度末の締めが近くなってくると、事務処理の仕事がキツキツになってくるなぁ。

 とりあえずこの二週間くらいをがんばって乗り切れば!

2004.03.22

あっという間に

 先週末、お向かいの家が取り壊され始めた。

 老夫婦が住んでいたと思うのだけど、いつのまにか引っ越して売りに出してしまったみたい。

 壊され始めてから、毎朝早くからガーガー・ガンガン・バリバリとうるさくてちょっとストレスになっていたんだけど、今日帰宅してみると、もうほとんど取り壊され何も無い空間になっていた。あっけないものだな。

 としみじみする間もなく、すぐに何かが建てられるんだろうと思う。うるさくなるのは嫌だなぁ。

2004.03.21

今日の落書き

td040321.jpg
(Shade7)

 CGソフトの新しいバージョンが届いたので、出来合いのモデルの質感を設定しなおして試しにレンダリング。

2004.03.20

報道の自由

@nifty:NEWS@nifty:文春出版禁止を支持(共同通信)(いずれリンク切れになる可能性があります)

 今日、高裁に抗告があったのでまだまだ法律上の最終判断には至っていないんだけど、個人的にはこの内容に関しては出版禁止で良いと思う。

 僕自身は該当する紙面を読んでなくて、電車の中吊り広告で知っている程度なんだけど、政治家本人じゃなく、その家族の離婚なんてことが報道に値するものとは思えない。単に下世話な話題で売上を伸ばそうとしているだけだ。

 当然報道・表現の自由は最大限確保されるべきだ。そうでなければこうして日記っぽいことを書くことすらできなくなってしまう。でも、それが特定の個人を社会的に傷つけるような内容であったりしてはいけない。とにかくそういうことはいけない。

 週刊誌も、こんな事じゃなくていい話本当の意味での社会的な記事で読者を増やすような努力をして欲しい。

口笛

 実は僕は口笛が吹けない。

 特にそれで困ることもなかったから気にも留めなかったんだけど、ふとした瞬間に、吹けたら楽しいかもしれない、と思った。きっかけは本当に些細なことだったはず。

 それで今はお風呂の中で少しずつ練習している。まだまだ長く鳴らすこともできないし、音もかすれるんだけど、少しは吹けるようになってきた。偶に一瞬綺麗な音が出たりすると結構嬉しいし、そもそも何の道具も使わずに自分の口だけでこんな音がするのが不思議な感じがする。

2004.03.19

迷惑メール

 ひと月くらい前から、毎日数通、外国から迷惑メールが来るようになっていた。@niftyのメールサービスには元々「スパムメールブロック」というサービスがあって、登録したアドレス(最大100個まで)を遮断するんだけど、最近の迷惑メールは同じ内容でも次々とアドレスを変えてくるのできりが無い。

 で、@niftyではこのサービスのほかに「迷惑メールフォルダー」というサービスがある。こっちはメールの内容を分析して、メールボックス内の専用フォルダーに振り分けるのだ。このフォルダーに振り分けられたメールを、パソコンで受信するかどうかも設定できるので、結果として通常のメール受信では迷惑メールが来なくなる。

 そして、メールの分析も受信するたびに学習していく。もちろん学習結果を修正することもできるので、必要なメールが迷惑メールと判断されつづけることも無い(はず)。

 少し前からこのサービスを利用するようになって、外国からの迷惑メールは殆どパソコンには届かなくなった。下図はその様子。外国からのメールの特徴は通常僕がやり取りする日本語のメールとは明らかに異なるので、振り分けも大体問題無い。
spam040319.jpg

2004.03.18

やったね!

 サッカーU-23日本代表、オリンピック出場決定おめでとう!

 自分の見た試合だけ負けたのが心残りだけど、でもその分嬉しさも人一倍だよ! 感動だよ!

最終回…

 好きだった番組『ラグ定食』が今日で最終回だった。

 で〜も、4月から『ラグ&ピース』という番組にリニューアルだって!

2004.03.16

お休み

 今年度もこのままだと年休を使い果たせないまま年度が終わるみたいだ。

 僕の職場では次年度に持ち越せる年休は1年限りなのだけど、その持ち越し分を差し引いても消滅する年休があるのが残念。昨年度もまるまる一年分を持ち越して今年度になってるのに…。

 でも、時期による波はあってもそれなりに休めるときもあるので、僕などはまだまだ恵まれているほうかもしれない。

レバノン戦

 日本代表は2−1で勝って首位を維持。

 これで日本と、先の試合でUAEに勝っているバーレーンが供にお互いの試合結果を気にしながらの明後日の最終戦になった。

 得失点差では日本が大きく上回っているから、それぞれが常識的なスコアで勝てば日本がオリンピック進出だけど、最終戦でバーレーンに当たるレバノン、まさかわざと大負けしないだろうなぁ。がんばれレバノン! そしてがんばれ日本!

2004.03.15

オリンピック出場選考

 女子マラソンの高橋尚子選手が選ばれなかった訳だけど、「選考対象レースの結果」という枠に縛られた、いわば硬直化した選考方法による誤りだと思う。

 確かに第三者にも納得できる基準は必要。でも、一度の調整ミスをも許されない選考基準と言えないだろうか?

 トルシエ前サッカー日本代表監督がワールドカップの本番に中村俊輔選手を選ばなかったのは、能力のある選手を生かせなかったという点で誤りだったけど、今回高橋選手を外した事はそれを上回る愚かな判断だ。

 選ばれた三選手が金メダルを取れなければ、選手・陸連ともに非難ごうごうになってしまうに違いない。

2004.03.14

3月14日

 そして今日はホワイト・ディ。

 いつか、僕の気持ちを受け取ってくれる人はあらわれるのかな…。

終わってみれば

 観戦から帰ってきて、まだスポーツ・ニュース等を見ていない段階でこれを書いてる。

 結局、U-23日本代表はエンジンが掛かる前に試合が終わってしまったような気がする。なかなかペースがつかめないまま試合が進んでしまい、しかも早い段階で闘莉王選手が怪我で交代になってしまい、会場を埋め尽くしたサポーターの声援が、逆に選手たちに負担になってしまったのかも。

 これで同じ勝ち点で三国が並び、得失点差でわずかに日本が首位を守っている状態になった。

 次のレバノン戦は、できるだけ多く点を取って勝つことが必要になるぞ!

s040314b.jpg
試合後にサポーターに挨拶に回る選手たち

一歩前進

 第一試合、レバノン対UAEは2−2の引き分けだった。

 終わりの方までレバノンが2−1で勝っていたから、もしかするともしかするかもと思ったけど、やっぱりそう甘くはなかった。UAEにしてみれば勝ち点を2点落としたとも言えるので、このあとのバーレーン戦に日本が勝てば、状況はかな〜り有利になる。

 そして今まさに、日本の選手たちがピッチの上で試合前の調整をしている最中!

ちょっと失敗

 勢い勇んで埼玉スタジアムにやってきたら、想定していたより入場手続きがもたもたしてる。これじゃ第一試合に間に合わないよ〜。

 と思いながら席について改めてチケットを確認すると、第一試合(レバノン対UAE)のキック・オフは4:30だ。14:30と勘違いしていた。あと1時間以上待つのか…。

 ついでなので現地写真を載せる練習。ゴール裏の自由席はもうこんな感じ。
s040314a.JPG

23:48 追記
 帰って見たら写真が載ってなかった。改めて付けました。

2004.03.13

「夜」

 独りさみしいときは 歌を歌おう
 きれいな曲を選んで ゆっくり歌おう 泣きながら歌おう
 そうすれば あの人への恨み言も霞み
 こころが からっぽになって いつか眠れる

2004.03.12

行きますよ〜

 最終戦の対UAE戦もオリンピック出場決定の瞬間に立ち会えるという意味では魅力的だけど、ひょっとすると消化試合になっている可能性も全く無いとは言い切れない。

 行くことにした埼玉スタジアムでの日本ラウンド初戦は、なんとかオリンピック出場に望みを繋ぎたいバーレーンが必死になってくるのは間違いないので、真剣勝負100%保証だ!

or040314.jpg
 本当はウエアに番号だけ12と入れたかったんだけど、選手名+番号でないと逆に仕上がりに時間が掛かるといわれたので断念…。

2004.03.11

デザイン変更

 最近このココログのデザインの種類が増えたようなので、配色なんかをちょっと変えてみた。少し見易く、優しい印象になったかな。

 関係ないけど、NHKの22:00直前の天気予報に出てくる気象予報士の半井 小絵(なからい さえ)さんって、とっても魅力的。

土曜日

 今はたまに土曜日も出勤になることがあるんだけど、来年度から完全週休二日制になるらしい…。

深夜番組

 何時からを深夜とするかは諸説あるだろうけど、一応12時を回った後として。

月曜日:「爆笑問題のススメ」(日本テレビ)
火曜日:「攻殻機動隊」(日本テレビ)、ついでにその前の「ごくせん
水曜日:「おまたせ!!ラグ定食」(フジテレビ)
※東京です

 本当は早寝をしたいんだけど、たまたま観るようになったこれらは面白くてついつい夜更かししてしまう…。

 特に「ラグ定食」はほのぼのとした面白さがあって、知らず知らずに気持ちが疲れてしまう週の半ばのちょっとした気分転換になってます。

2004.03.10

マスコミ

毎日新聞 神戸児童殺傷事件:当時14歳の男性が仮退院
(いずれリンク切れになる可能性があります)

 今後の対応などいろいろな意見が出てくるだろうし、この問題に対するこれからの社会的動向に関心を持ちつづけていきたい。

 この記事で興味深いのは、「◆おことわり」として、この件に関する今後の毎日新聞の報道の姿勢を明らかにしていること。僕自身はどちらかというとマスコミに不信感を持っているほうなので、ここに書かれている方針が守られることを期待したい。

2004.03.09

ウイルスバスターのアップデート

 僕の使っているウィルス対策ソフト、ウィルスバスター2004のメインプログラムがアップデートされた。サポート情報

 今まで、パターンファイル以外のアップデートがあると必ず再起動を要求されていたのでちょっと煩わしかったけど、この再起動の頻度が下がるようでちょっとありがたい。

理解不能

 あんなに非人間的で欺瞞に満ち溢れた某掲示板が大好きで入り浸っているような人が、一方で何か感動して涙腺が緩むなんて自分には信じられない。

2004.03.08

立ち読み

 久しぶりに本屋でまるまる立ち読みをした。厳密には一冊を完全に読み切ったわけではないけど、あるアプリケーションの解説書の必要としていた部分は全部読んだ。

 昔はこういうことも偶にしてたけど、社会人になってからはやらなくなっていたなぁ。

 もちろん昔と違い、今はこの程度の本を買うお金にも困っているという訳ではなく、所有する本が無闇に増えるのを避けたかったからなんだけど。

2004.03.07

新選組!

 いつも楽しく見てる。

 魅力はいろいろあるけど、現代に通じる社会批判っぽいところも面白いところの一つ。

 今週でいうと、佐久間象山が「西洋のものになんにでも飛びつくのはよくない」と、近藤勇がずっと持っていたボトルの栓を批判したのもそう。あと、身分によってできる仕事に差が生ずることなんかも、批判とは違う表現だけど、そのバカバカしさを描いていた。この流れは、その後の勇の行動の動機付けとしての役割の方が大きいけど。

 それが脚本の力なのかどうかは分からないけど、『新選組!』は全体的には大河ドラマという歴史ものでありながら、現代性も十分意識した物語なのだと思う。

 そして、さまざまな演出等で、硬直化(?)した作品作りで堂々巡りをしている(ように思える)大河ドラマというもの自身に対しても、そのありようを問うているような気もする。

2004.11.23
表記を「新撰組!」から「新選組!」に修正。

洗濯機は俺にまかせろ

 レンタルDVDで篠原哲雄監督の『洗濯機は俺にまかせろ』を観た。

 篠原監督の作品は、以前に映画館で『月とキャベツ』を観ただけなんだけど、そのときに淡々としていながらジンワリとして、切ないけれど希望のようなものも忘れていない作風がとても印象に残った。この『洗濯機〜』もその作風が貫かれていたと思う。

 主演の筒井道隆は、NHKドラマ『百年の恋』の正直な感じがよかったんだけど、この映画でもそのキャラクターが生きていた。声も印象的。

 富田靖子はなんと言っても『さびしんぼう』なのだけど、『洗濯機〜』のでも、そのちょっと謎めいて男には理解不能な行動原理が発揮されていた。

 盛り上がるところは盛り上がりつつも、変にエンターテイメント過ぎずに、静かでちょっと豊な気持ちになれる落ち着いたいい作品だ。

2004.03.06

UAE戦

 ホントに選手たちよくがんばった! 感動だよ〜。

 試合後にインタビューを受けていた山本監督、最後にちょっとウルッとしてたみたい。

2004.03.05

長嶋監督入院

 人並みの野球ファンとしてもスポーツ好きとしても、とっても心配。

 命に関わるほどでないそうなのでひとまずは安心だけど、忙しい日々だっただろうから、このさいゆっくり休んでよくなって欲しい。

 アテネオリンピック野球代表のほうだけど、早めに代わりの監督を立てるべきだと思う。そして、もちろん日本代表として試合をするわけだけど、長嶋監督を思うことでより強固なチームになって欲しい。と考えるのは不謹慎かな…。

2004.03.04

レバノン戦

 なかなかゴールを割れないジリジリする時間帯もあったけど、終わってみれば4得点で勝って気持ちよかった!

 全部のゴールが嬉しかったけど、やっぱり最後の石川選手のスーパーゴールすごい!

2004.03.03

Googleツールバー

 ブラウザーにGoogleツールバーをインストールしてあるんだけど、それが突然自動アップデートされた。

 今度はポップアップ広告を止める機能が付いた。この手の機能は他のソフトでもあるけど僕は使っていなかったので、結構嬉しい。

2004.03.02

初戦引き分け

 オリンピックの出場をかけたサッカーの最終予選が始まった。

 A代表の不評の反動で期待の高まっていたU-23代表。でも現実は厳しかった。というかこんなものなのだろうと思っていた。

 山本監督の分析力や指導力はとっても高いし、チームとしても十分に準備していた。だからこそ、このアウェーの環境で引き分けられたんだと思う。短期にいくつもの試合をこなす日程を考えると選手交代も理解できるものだった。

 この調子でUAEラウンドを1〜2勝して、日本ラウンドで全勝すればいいんじゃないかな。一つでも負けていると厳しくなるけど。

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

最近の写真