+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« すごいっ! | トップページ | Winny 追記 »

2004.05.10

Winny

@nifty:NEWS@nifty:交換ソフト「Winny」開発の東大助手を逮捕(読売新聞)

 素人なりに絵描きのつもりの僕自身は、こういったファイル交換ソフトは全く使わない。

 今更言うまでも無いことだけど、デジタルデータはオリジナルと複製との区別が全く無いので、一度自分のオリジナルが外部に漏れると、際限も無く使いまわされる恐れがあるからだ。だから例えば画像では、特に目的意識があってpng形式を載せる場合以外は若干画質を落としたJPEG形式にしている。なので少なくともこの画像をもって僕以外の人間が自分のものであると主張することは出来ない。なぜならその人は画質を落とす前のオリジナルを提出できないから。まあ、僕の知らないところで勝手に使われちゃうくらいのことはあるかもしれないけど。

 そんな感じで僕は知的財産権に関しては保守的で、出来る限り制作者・開発者の権利を守る方向で考えている。なので冒頭書いたように、知的財産権保護に関してグレーゾーンであるWinnyの様なファイル交換ソフトは僕自身使わない。

 でも、この逮捕は単に「違法コピーをほう助するソフトを開発した」というだけの単純なものでもないようだ。このソフト自体は多分「ネットワークを使ったファイル交換を支援する」というだけの機能であり(利用者の匿名性を高める付加価値があったにせよ)、OSにあるファイル操作のコピー機能と大して変わらない。このソフトが違法ならエクスプローラーも違法になってもおかしくないのだ。

 それならなぜこのソフトの開発者が逮捕されたのかというと、やっぱり違法コピー行為に対する見せしめ、の意味合いは大きいのだと思う。

 僕自身はこの逮捕は、微妙ではあるけど一応肯定する。ちょっと飛躍的かもしれないけど、これも一つの「技術の暴走」であると思うので。

 知的財産に対する意識がまだまだ低いこの国(どこもそうなのかな)でこういうソフトが開発されれば、コピーに使われるのは必然だ。だからこそ技術的に可能であってもこういうソフトは作らない、という歯止めを科学者・技術者自身が心の中に持たなくてはいけないのではないだろうか。

« すごいっ! | トップページ | Winny 追記 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7672/571040

この記事へのトラックバック一覧です: Winny:

» Winny作者逮捕 [操業日誌SideB(仮)]
違法なファイル交換に使われてきたソフトの作者が逮捕されました。 [続きを読む]

» Winny 追記 [なんでも感想・なんでもメモ]
 そもそも僕はこの手のファイル交換ツールには大して興味がなく悪用されるのを苦々しく思っていた程度なんだけど、なぜ作者の逮捕に対する考えを書くことにしたのか。は、... [続きを読む]

« すごいっ! | トップページ | Winny 追記 »

最近の写真