+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 『ネット・コミュニティ不適応者』 | トップページ | 予想外〜 »

2004.05.29

実存

 年に5回ある某研究会に出席。大学卒業の頃からもう10年以上参加しつづけている。

 今ではこの研究会でしかこの領域に関わることもなくなってしまったけど、改めて自分の居場所はここ(領域)だと再認識した。職場でも私生活でも得られない充実感がある。

 そして、自分はやっぱり生身の人間と相対していないと駄目だということも実感した。この領域はそもそもそういうところだし、研究会そのものにも僕の居場所も実感できる。

 ネット社会に依存して、自分でストレスを抱え込んでいたことがはっきり分かった。やっぱり断片的でコミュニケーション・リソースの限られたネット社会では、全人格的なコミュニケーションは得られない。そういう限界のある場に、より深い係わり合いを持ち込もうとしたのは僕の誤りだった。

 ネット社会を「仮想社会」から「現実社会のいち形態」へ変えようとした実践は失敗に終わった、と言い換えることもできるのかも知れない。

 考えてみると、ネット・コミュニティは上品で理性的な処暗黒面が飛び交いうごめく処に二極化されていると思う。でも人間はいろいろな面を同時にまぜこぜに併せ持つ存在。それをそのまま二極化された一方に持ち込んでも受け入れられるはずが無いのだ。

 今後のネット社会での身の振り方もはっきり見えてきた。

 研究内容のみならず、自分の在りようについても考えることのできたとても有意義な集まりだった。

« 『ネット・コミュニティ不適応者』 | トップページ | 予想外〜 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7672/676920

この記事へのトラックバック一覧です: 実存:

« 『ネット・コミュニティ不適応者』 | トップページ | 予想外〜 »

最近の写真