+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 似てる | トップページ | 経験に基づく一般論・視線 »

2004.05.20

Winnyの暗号化

 もうあちこちで専門的な議論もされているから改めて僕が書くほどのこともないだろうけど、またまたWinnyに関して。

 Winnyの特長の一つが、共有するファイルに高度な暗号化を施すことだと言われている。好意的に見れば、ファイルを暗号化することで、発信者と受信者の間で中継の役割を果たすPC(ユーザー)にはファイルの中身が分からないようになる。この点を生かせば、例えば有料でファイルをやり取りする場合でも中間者がタダで情報を手に入れることが無い。Winnyの作者はこういう使い道を想定してこの機能に力を注いだのかも知れない。

 しかし暗号化されることと、ファイルが移動につれて次々にコンピューターに蓄積・中継されて動くという技術から、発信者・受信者の特定が難しくなるらしい。これが匿名性を保ったままファイルを遣り取りできるという悪い面にもなってしまう。結果として違法コピーを助長・ほう助したという逮捕容疑に繋がった。

 一般的に個人情報として保護されている顧客情報やプロバイダーのアクセス記録なども、捜査上必要な場合など裁判所の命令があれば該当機関に提出することになっている。Winnyの作者も、暗号化機能ばかりでなく、必要なときにはファイル交換情報(移動経路も含めた)を暗号化を解いてしかるべき所に提出できる仕組みにしておけば良かったんじゃないかな。そうして、readmeにもそのことを明記しておく。こうすればWinnyも無法状態のファイル交換ツールじゃなく、社会秩序にのっとった上で自由にファイル交換できるツールになったと思うんだけど。

« 似てる | トップページ | 経験に基づく一般論・視線 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7672/626392

この記事へのトラックバック一覧です: Winnyの暗号化:

» Winnyの合法的使用 [なんでも感想・なんでもメモ]
 Winnyで合法ファイルの共有をや合法ファイルで清く正しいP2Pなど、以前ここに書いたようなWinnyの合法的な使い方を勧めるページもあることが分かった。どち... [続きを読む]

« 似てる | トップページ | 経験に基づく一般論・視線 »

最近の写真