+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の30件の記事

2004.07.31

感動!

 サッカー・アジアカップ準々決勝の対ヨルダン戦、こんなPK戦を目の当たりにできるなんて!

 PKの場所を替える交渉をしているときの宮本選手の迫力、そしてGK川口選手の気迫!

 僕ひとりじゃなかったら絶対に誰かと抱き合って喜んでいたに違いない!!

 理屈を越えてるよ!!!

2004.07.29

憂鬱

 サッカー・アジアカップ2004中国大会の日本の試合をテレビ観戦しているんだけど、そのAテレビ局のKアナウンサーの実況にはほんとうにうんざり。個人攻撃はしたくないけど、もっとまともに実況して欲しいよ。
 対イラン戦の時にも放送予定のオリンピック壮行試合の予告で、U-23男子を弟分と呼ぶのはまだ許せるけど、女子はフル代表なんだから妹分というのはおかしいだろ?
 実況中も対戦国や選手の過去のデータ、放送予定番組の予告を何度も大袈裟に繰り返すばかりで、肝心の目の前の試合の実況が疎かになってるよ! 画面を見ずにこの人の実況だけ聞くと、試合の進行が分からないんじゃないかな。例えば、フジの実況は基本的にはボールを触ってる選手の名前を必ず言っているし、NHKならデータや番組予告などは試合前やハーフタイム中にしか言わない。
 Kアナウンサーはスポーツ番組の司会なんかには良いかも知れないけど、実況はホント止めて欲しい。
 アジアカップはこれから決勝トーナメントに入るわけだけど、今後もずっとAテレビ局なんだろうか。憂鬱だなぁ。せめて別のアナウンサーにしてもらえないかな。

2004.07.27

彷徨い流れ着いて

 とある人の過去のウェブ日記の一部を今になって見つけた。自分の馬鹿さ加減に情けなくなる。

 今ごろどうしてるかな。

へとへと〜

 時期的なこともあるんだけど、今日は処理しなきゃいけない事柄が多くてまいった。疲れた疲れた。

悔い

 今晩の英語でしゃべらナイトのゲスト、小曽根真さんが語っていた「コミュニケーションにおいては、自分が話すこと以上に、相手の伝えたいことを受け取ることが大切」というのがとても印象に残った。小曽根さんはジャズ・ピアニストだから、仲間と音楽を創り上げていく過程を振り返って、それを通常のコミュニケーションにまで一般化して言っていたのでとても説得力があった。

 もちろん頭では分かっているし普段から心掛けていることなんだけど、なぜだか改めて胸に響いた。

 もっとしっかりとあの人の話を聞いていれば、きちんと言葉に耳を傾けていれば、こころの声にまで気が回っていればと悔やむばかりだ。

郵便番号

 FAXや電子メールで受けた商品の注文をパソコンに入力するのも僕の仕事の一部なんだけど、発送先の郵便番号が書かれていないものが結構ある。入力する身としては、いちいち住所を入力するよりはIMEの郵便番号辞書で変換する方が楽だし正確なので、郵便番号が書いてないとちょっとイライラしてしまうのだ。

 実際の入力作業中は郵便番号検索のページを開きっぱなしにしておいて、番号が無いとかあっても違う住所に変換されたとかがあればここで調べてデータに入力してる。

 注文する方は郵便番号くらいこちらで調べてくれるだろうと思ってるだろうけど(確かに調べてるけど 苦笑)、限られた時間内にたくさんの注文を処理しなければならないこっちとしては「郵便番号くらい正しく書いてくれよ〜」と恨んでしまうのが正直なところなんです。

2004.07.25

のんびりと

 最近は、以前の様な「何々をせねばならない」というような義務感からちょっとだけ解放された感じで、精神的にゆとりが出てきたみたい。かと言ってあんまりゆるゆると無責任になるわけにはいかないけど。

 で、以前買って作りかけのままにしていたガンダムシードのプラモデルの制作を再開してみた。ちょっとずつだけど。

これな〜んだ

dy040725.jpg

ヒント

  1. 爪楊枝は大きさの比較のために並べています。でも色々な形・大きさがあります。

  2. 食べ物ではありません。

  3. 大抵の家庭の工具箱や文房具入れにあります。

2004.07.24

風が気持ちいい

 テレビで放送していた『となりのトトロ』、ちゃんと観たのはこれが初めてかも。

 都会で暮らしていると、描かれているような自然に囲まれた生活にとても惹かれる。ヒュ〜ッと駆け抜ける風、ざわめく緑が心地よさそう。

 最近は帰省するたびに実家周辺の自然環境の有り難味も見直している。東京の生活に慣れるとさすがに不便さも感じるけど。

img040724.jpg

 風つながりで、とあるビルの屋上にあった風力発電機らしきもの。

2004.07.22

ほ〜んと便利

 ハードディスク内蔵DVDレコーダーってホントに便利!

 ビデオテープのやり繰りに悩むことなくドンドコ録画予約を入れられるから(ダブル・チューナーではないから同時に複数番組は無理だけど、ビデオデッキもあるからそれでも取り敢えず何とかなる)、テレビの放送時間に生活を合わせる必要が無くなるので助かる。

 今日もサッカーU-23日本対韓国戦を予約しておいて、その時間にランニングしてきた。戻ってきてから1.3倍速(音程が変わらずに音が再生される)でチェック。実況が少し早口になった感じ+プレーがせわしない状態(笑)だけど、十分サッカーの試合として観られた。

2004.07.20

アジアカップ(対オマーン戦)

 前半の中ごろに中村選手の高い技術のゴールで一点先行し、そのままオマーンの攻撃をしのぎ切って勝ったわけだけど、日本は何となく予選のブラジルみたいな感じで100%の力を発揮していなかったように思う。

 このところの強化試合で得た自信が、がっちりぶつかってきたオマーンの前でちょっと通用しなかった感じかな。だからといって動揺したりはしなかったようだし、川口選手の素晴らしいプレーや守備陣の守りもあって失点しなかったけど、選手たちはちょっとした違和感を感じたんじゃないだろうか。

 ただしこれで、アウェイでのワールドカップ予選の前に本当にノリノリの日本代表を見せずに済んだとも言えるし、この試合の問題点はちょっとした意識の切り替えで修正できると思うので、結果だけ見れば物足りないけど余り問題視しないでおこう。

2004.07.19

優しくできたよ

 先日買って裾直しを注文していたズボン二着を受け取りに行った。

 採寸のとき一着だけ測ればもう一着は同じにできる筈が、担当者の勘違いで(素材が違ったのだ)もう一着は測り直しという連絡を受けていた。その旨を伝えると、仕上がった方はすぐ受け取れたんだけど、測り直しの方が伝票と品物がなかなか見つからなくて、対応してくれた店員さんが何度もお詫びを言いながらあちこち探したりしていた。結局申し送りを記録したノートに何やら書いてあったらしくて、やっと品物も見つかり無事採寸も終えた。

 この間、特にその後に予定も無く時間に余裕があったので、全然イライラせずに店員さんに接することができた。僕自身お店のアルバイトをしていたことがあるので、お店側の手違いでお客を待たせるような事態になると焦ってしまう店員の精神状態がよく分かる。責めたり嫌味を言ったり不機嫌な様子を見せたりしたら可哀想だ。申し訳なさそうにしている店員さんに優しくできて、自分も気持ちよかった。

2004.07.18

買っちゃった!

 全く突然ではありますが、流行のハードディスク内蔵DVDレコーダーを買ってしまいました。ボブ・サップのディーガです(笑)。

img040718.jpg

 別にオリンピックやサッカー中継を保存しようと思っているわけでもないんだけど、ビデオテープだと録る→観る→消す(上書き録画)の繰り返しの最中にたまに保存する番組があったりするとテープの管理が分かんなくなってきて困るので、ハードディスクにたくさん録画して必要なものだけDVDなどにダビングできる便利さに惹かれたわけです。最近深夜のテレビ番組を見ることが多いので、その時間まで起きてリアル・タイムで観ているけど、それもよくないかなぁと思いはじめたし。

 取り敢えず最高画質のXPモードでハードディスクに55時間も録れるので、思い付いたものをバンバン録画できるのがうれしい。ちなみにXP、SP、LP、EP6H、EP8Hと5種類の画質が選べるんだけど、XP〜LPまではスポーツ番組も含めて普通に観る分には全く問題無いように思う(スタジオ撮影のインタビュー番組とバレーボール中継をそれぞれ5種類録画してざっと比べてみた)。LPだと222時間だ!

 EPG(テレビ番組ガイド)機能もついているので予約も楽かなと思ったけど、野球中継の時間延長などの放送時間変更には対応していないのでそれほどでもないかも。Gコード機能が無くなっちゃってるし。でもEPGで予約すると録画データに自動的に番組タイトルが入るのは便利かな(まだ試してない)。

2004.07.16

RUN RUN RUN

 冬場から5月の捻挫でこれまで中断していたランニングを再開した。

 まだ足首に不安があるので、心拍計によるトレーニング強度範囲の下限あたりでゆっくりと、いつも3周のところを2周ほど走ってみた。

 この程度なら特に痛みも起こらず、久しぶりだったけど息も上がらずに走り切ることができた。

2004.07.15

ウイルスメール

 迷惑メールはともかくとして、ウイルスメールが毎日毎日届く。しかも同じくらいの数。これって同じ人がいつまでたってもウイルス対策していないんだろうか。

 From:欄が詐称されているのは明らかだから、いつも追求せずにすぐ削除しちゃうんだけど、差出人を特定できるかどうかヘッダーを調べてみようかな。

2004.07.14

迷惑メール3

 以前と比べて最近は迷惑メールが少し減ってきたみたい。そして@niftyの迷惑メールフォルダの判定が、基本フィルターより学習型フィルターによる振り分けの方が多くなってきた。グラフを見ると明らかに迷惑メールの比率が緑から紫に変化しているのが分かって、なんだか面白い。
mail040714.jpg

2004.07.13

影響

 今月から東京都ではコンビニなどに並ぶ成人向け雑誌に封印シールがされることになったんだけど、この影響で今まで目次と並んで中の最初のページにあったような内容紹介が、もっとも料金の高い広告欄であった裏表紙に来るようになったみたいだ。まさに表紙(笑)。

うっかりうっかり

 替え刃を買ったばかりだったけど、買い置きが出てきた…。

2004.07.12

惜しい

 今週のぴあの表紙(豊川悦司さん演じる丹下左膳)は明らかに未完成のまま。サインは入ってるけど。

 これまでもたまに背景無しとか主要部分以外の手抜きはあったけど、メインの似顔絵の輪郭が下書きの鉛筆のままというの多分初めてじゃないかな。どうにも似なくて試行錯誤しているうちに締め切りになってしまった苦し紛れの様子が伝わってくる…。

 毎週新しい絵を描き続けるんだから大変だろうなぁ。

2004.07.11

仕様変更

 普段使っている剃刀の替え刃を買おうとしたら売ってなかった。

 これまではこの二枚刃のものを使っていたんだけど、
razor2.jpg

この三枚刃に切り替わってしまったみたい。柄は今までのものを使える。
razor3.jpg

 刃が二枚から三枚になってどれほど切れ味・使い心地が変わるのか分からないけど、メーカーの本音としてはコストダウンに伴う商品の単価低下を避けるために刃を一枚増やしてるだけなんじゃないかな。

 値段を比較するとこんな感じ。

税込み価格一個あたり刃一枚あたり
二枚刃(五個入り)865円173円86.5円
三枚刃(四個入り)837円209.25円69.75円
(現在は税込価格で表示されているので、二枚刃の値段も税込みに換算した)

 消費者としては一個あたりの値段が一番重要なので、実質的な値上げと言えるんじゃないのかな。

2004.07.10

クレジット・カード

 今月で期限が切れるクレジット・カードの、更新された新しいのが届いた。別に支払いが滞っているわけでもないので心配はしていなかったけど、一応ひと安心。

 そして今回からICチップ入りのカードになって、デザインもちょっとかっこよくなっていた。まあ、専らネットでの買い物に使うばかりで、普段カードで支払うことはないんだけど。

 ところで古いカードはどう処分したらいいのだろう。はさみでバチバチ切り刻むのは当然として、分別するのは本来なら燃えないごみだろうけど、物として残るのは不安だから燃えるごみに混ぜちゃおうかと思ってるんだけど…。

2004.07.09

理屈では分かっている

 でも、たとえこういういい話題(記事は将来リンク切れになる可能性があります)を並べられても、僕の某掲示板に対する感情はそう簡単には変えられない。

 許そう、納得しようと頑張れば頑張るほど辛くなって、胸が締め付けられて涙が浮かんでくる。頭で分かっていてもこころが受け入れてくれない。

 いつまで頑張ればいいの? この苦しみをどのくらい続けたら僕のことを認めてくれるの?

練習開始!

 先週結団式を行った合唱団が今週からいよいよ練習を始めた。

 例によって歌うときの自然体のフォームを身につけるための体操(?)から始まり、ちゃんとした発声練習はしなかったけど、今年初めて歌うことになった区の歌を簡単に教わった。さだまさしさん作曲のシンプルでいい感じの歌だ。

2004.07.07

無理せず

 休み休みいこう。

2004.07.06

負けた

 アエラに某巨大掲示板の事が書かれていた。

 管理者は掲示板を個人で管理することで間接的に賠償金の支払いを免れ、しかも関連会社を通じて結構な収入を得ているようだ(記事にはあからさまには書かれてなかったけど)。二十代にして多額の資産を持ち、掲示板利用者から強力に守られている。

 僕には大した貯金もなく何の権力も持たない。社会的にはこの管理者は勝者で僕は敗者。こんな人に大切な人まで奪われたかと思うとほんとうに屈辱的だ。でもそれが現実。僕は太刀打ちできなかった。完全に負けた。

2004.07.05

生きること

 NHK大河ドラマ新選組!で斎藤一という人物を知った。ドラマではオダギリ ジョーが演じる、無口で陰があり、乱れず義理堅く、そして何よりも強い(史実においても沖田総司と並んで、新選組で最強とされるらしい)、めちゃめちゃ格好いい人物だ。

 興味を持って少し調べてみると、新選組の中で明治・大正まで生き延びた数少ない隊士のひとりと分かった。ドラマを観ていると刹那的な感じで、死に急ぐタイプではないけど生きる欲望が強いようにも思えなかったから意外だった。

 しかもその人生の中で、過去を知られないために何度か名前を変えている。そこまで生きることにこだわった人物だったのだ。「生きたい」という強い思いが伝わってこないのに、実際には歴史の中を名前も身分も変えながら72歳まで生き抜いた。

 生きること・死ぬことにとらわれ続けてフラフラしている僕とは全く別次元の人生観に触れた思いがした。

※ 斎藤一について詳しいウェブサイト 新選組 斎藤一

※ 新選組は「新選組」「新撰組」の二通りに表記され、どちらが正しいのかは意見が分かれるらしい。ここではドラマのタイトルに倣って新選組にした。

2004.07.04

初めて

 TSUTAYAにCDを借りに行ったとき、アダルトコーナーで作品を物色している女性を見かけた。30才後半〜40才台くらいかな。

 女性があの場所にいるのを見たのは初めてなのでちょっとびっくりしてしまった。本人が見るのは全然構わないと思うけど、ご主人や彼氏、あるいは息子が借りに来させたのかななんて想像してしまってちょっと複雑な気持ちになった。

2004.07.03

大きな

img040703.jpg

 横浜には大きな大きなスヌーピーがいたのです。広い吹き抜けにぶら下がっていたのです。

2004.07.02

元気にしてるかな

 あの人に突然の別れを宣告されてもう一年半くらい経つ。僕の人生はあそこで終わっていたんだと改めて思う。

 先日の仲間との飲み会でも新しい人を探して気持ちを切り換えるようにと励まされたけど、代わりの人なんて現れるだろうか。僕にとって世界で一番の人だったから。

 あの人のいまの様子は全然分からないけど、元気にしてるかな。幸せにしてるかな。

二日連続!

 水曜日は大学の頃のサークルの仲間と飲み会。春の花見で会った人もいたけど、一年振りくらいの人も。新たな生活を始めた人もいて刺激になる話をたくさん聞けた。

 木曜日は今年度の合唱団の始まりの集いの式。今年も12月の本番に向けて気持ちが少し引き締まった。そして式の後で一部の人と飲み会。合唱団に対する思いなんかを喋って過ごした。

 普段は全くお酒を飲まないので、飲み会が二日続くなんてめずらしい。人付き合いの難しさはあるけど、やっぱりface to faceのコミュニケーションが一番だな。



 少し前からコメントを受け付けない設定にしてました。でも今日からまた以前のように戻します。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

最近の写真