+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の43件の記事

2004.09.30

人体の不思議

 今日は合唱の練習日。

 前半の発声練習はなかなか良い感じに声が出るのに、後半の合唱練習になるとどうしても喉に力が入ってしまってのびのびとした声が出なくなる。やっぱり気持ちが焦ってしまうのかな。

2004.09.29

ココログTips

 というほど大したものでもないけど二つほど。

1.検索
 ココログの各ブログには閲覧者が使える検索機能が無いので、あるブログで過去に読んだ記事を探すのは大変。でもココログ全体についてはココログサービスのトップページで検索できる。そこで、ここに覚えのある言葉を入力・検索して、その一覧から目的のブログを探すと多少は楽だ。

2.閲覧
 ココログの各ブログにはUTF-8という文字コードが使われている。これ自体はインターネットで認められているコードなので問題は無いのだけど、UTF-8自体が新しめなので古いブラウザーでは見られない。またページ構成が複雑になりがちなので携帯電話で見るのも厳しい。
 そこで古いブラウザーや携帯電話で閲覧できるような変換サービスがある。ここに目的のブログのURL(ココログのみ)を入れるとアクセス用URLが表示されるので、このURLを携帯や古いブラウザーに登録するとよい。

今晩の重い月

ネットワークで熱湯沸く。

2004.09.28

CD-ROM破裂

 職場のとあるパソコンでパン! という破裂音がした。使っていた人も訳が分からず、ともかく助けを求めてきた。

 社内閲覧用のCD-ROMを掛けて中のデータを画面に表示し印刷しようとしていたところで、その印刷ダイアログで動作が停止している。ハングアップではなく、印刷が実行出来ずにいる状態だ。僕はすぐに、パソコン雑誌等で読んで知っていたCD-ROMの破裂であろうと思いドライブの開閉ボタンを押したけど、中で引っかかっているような感じで開かない。
 結局別の人と一緒にエジェクトピンを使ったりしながらこじ開けてみると、CD-ROMが案の定バラバラに砕けていた。中にどんなゴミが残っているか分からないので、そのパソコンは使用中止にして設備担当に連絡してこちらの対応はお終いにした。

 CDやDVDにも高速化が求められる現在、実は最高速レベルのドライブは基体であるポリカーボネート樹脂の強度限界付近まで高速回転しているのだ。目安としてCDで50倍速、DVDで16倍速というものがそれにあたるらしいけど、具体的には毎分一万回転くらいに達すると、いくら丈夫なポリカーボネートと言えども耐え切れなくなって砕けてしまうらしい。恐らく、しっかり固定されて高速に回る中心部に対して周辺部が追いつかなくなり、固定されている部分の周りからから割れてしまうのだろう。書き込みに失敗したCD-Rを折り曲げようとした人は多いと思うけど、あんなに丈夫で弾力性のある円盤が、割れたガラスの様に鋭い破片になってしまうのはちょっとした驚きだ。

 今回の破裂の原因は多分、ドライブ自体が限界まで高速回転したからではなく、読み込み始め(印刷のためにデータを読もうとしていた)で回転が急加速されつつある中、元々中心の少しずれたCD-ROMだったのでドライブがその補正のために軸を細かく振動させたためだろうと思う。例えば回転速度自体は十分耐えられる程度であっても、軸を揺らしながら加速すればメディアに余計な負担が掛かるのは想像できる。

 僕の持っているドライブは残念ながらそれほど高速とはいえないし幸いにも偏心しているディスクは殆ど無い様なので、自分でこういう経験をする可能性は低い。そういう意味では貴重な経験だったな(笑)。

2004.09.27

リボ払いの使い方

 貯金の残高を超える買い物はしないことにしているので(家などを購入したらそうもいかなくなるだろうけど)殆どクレジットカードを使うこともないんだけど、インターネットでの買い物などカード決済しか手段がない場合もある。そういうときにはリボルビング払い専用カードを使うことにしている。
 リボ払いだと月々の返済が一定額なので、購入金額が高いほど完済まで時間が掛かり、その分だけ利息も多く支払うことになる。常に預金残高以内の買い物しかしないわけだから一回払いでもいいんだけど、何かの手違いで引き落としできなかったりすると怖いので、口座からは一定額しか引き落とされないリボ払いの方が少しだけ安心できるからだ。
 で、実際には買い物をした翌月あたりに、確定した利用残高分をATMでまとめて現金返済してしまう。こうすればすぐ完済されるので利息が余分に掛かることもない。まあ実際にはひと月分くらいは掛かることもあるけど、そもそもネット購入する場合は通常より安かったりするので、その程度の差額は割引分で埋め合わせられる。
 僕はまだまだクレジットカード初心者だけど、変に借金生活なるのは怖いので、リボ払いと言いながらも一回払い・代金立替え程度のように使っているのです。

2004.09.26

生まれ変わった?

 思い切って坊主刈りにした。

ビデオ編集の苦悩

 とあるセミナーの講演を録画したビデオの編集作業をしているんだけど、思うように仕上がらず迷っている。昨晩から今朝の七時過ぎくらいまで色々試したけど、これという解決策は見つけられなかった。その後一旦寝て、お昼過ぎに起きてまた少し試したりしているのだけど…。

 素材は二台のデジタルビデオ(DV)で撮ったもので、講演自体が二日間、十時間にも及んでいるので、二台で二十時間分もある。一台(一視点)だけなら不要部分の切り捨てだけで済むけど、二台(二視点)だと良い方を選びながらカットを切り替える必要があるので、まずそれぞれに編集点(そこでもう一方に切り替える印)を入れるのが大変。
 作業はまず、DV映像を全てDV端子経由でディーガに標準画質(SPモード)で自動ダビング(これがやりたくてDV入力端子のある機種を選んだ)。最初はディーガだけで二本の映像(タイトル)に編集点(チャプター)を入れようと思ったけど、これだといちいちタイトルを切り替えて操作しなければならず全く現実的でないことが分かった。そこで、一方はディーガで再生・編集、もう一方はDVD-RAMにダビングしてPCのDVDマルチドライブで再生・編集することにした。これなら双方を同時に見比べながらチャプターを入れることが出来る。
 PCの方での再生・編集にはDVDマルチドライブにバンドルされていたDVD-MovieAlbumSEというソフト(の有償バージョンアップしたけど最新版)を利用する。DVD-RAMの映像を再生・編集(チャプターを入れる程度)したり、内容をMPEG2ファイルや静止画で書き出したり、逆にMPEG2ファイル・静止画・音楽をDVDプレーヤーで再生できる形式で書き込んだり出来る。こういう作業が簡単に出来るのがDVD-RAMの特徴でもある。
 ただし、ディーガでもDVD-MovieAlbumSEでもタイトルやチャプターを繋ぐと切り替わりで一瞬音が途切れるので、ほんの短いセリフの切れ目なんかでチャプターを切るとちょっとつらい(という事が後から分かって尚更)。

 映像のカット・繋ぎという編集レベルを越えて、タイトル画面を付けたり映像の切り替えでフェードイン・アウト(トランジション)などをしようとすると、別に映像編集ソフトが必要になる。僕のPCに入っている中では、BHAのB'sRecorderGOLD7に含まれるMovieFOLiOMotionDV STUDIOがそれにあたるんだけど、どちらも当然ながら編集結果を再エンコードすることになるので、手を加えていない映像と比べるとどうしても画質が落ちるのが分かる。ここが最も大きな悩み。
 DV撮影素材をディーガにSPモードでDV自動ダビングした段階の映像はとても綺麗で、殆どDVそのままの印象だ。そこからDVD-MovieAlbumSEで切り出したMPEG2も画質そのものは変化がなく、当然そのMPEG2ファイルを再びDVD-RAMに書き込んだものをディーガで再生しても劣化はない。だからこそ再エンコードした部分の劣化が気になるのだ。これが元々大した画質でないならあきらめもつくけど、撮影に使ったDVカメラの一方が今時の3CCDなのでホントに綺麗で逆に困ってしまう…。
 あと、画面サイズの再変換が発生してしまうのも気になる。ディーガに自動ダビングした段階の映像は704×480ピクセルだけど、MovieFOLiOもMotionDV STUDIOも、再エンコード時に劣化の少ないAVI-DV形式だと720×480ピクセルに合わせられてしまったり、サイズの変わらないMPEG2形式だと再エンコード時の劣化が目立ったりして、なかなかこちらのニーズにフィットしない。やっぱりUlead VideoStudioAdobe Premiereのような定番の本格的映像編集ソフトを買わなければ駄目なんだろうか。
 そもそもディーガにダビングした素材はMPEG2形式なのだけど、本当はコマ単位で編集できるAVI-DV形式で作業すべきなのだ。でもそうすると二十時間分の映像を取り込むだけで300GBものハードディスクが必要になってしまう。20GBのハードディスクしか載っていない現状ではやっぱり無理。

 とはいえ依頼された仕事なのでいつまでもぐずぐずしてるわけにもいかない。できるだけ再エンコード部分が目立たなくなるような映像の流れを考えて、割り切ってやるしかない。がんばるぞ!

2004.09.25

自分の作品は果たして

 こちらの掲示板でちょうど展開されてる議論が興味深い。

2004.09.24

社会(会社)復帰

 先週の土曜日からの六連休も終わり、今日は久しぶりに出社。と言ってもまた明日・明後日は週末でお休みだけど。
 休み前に依頼されていたちょっとした名簿管理(入力)システムを一気にMS-ACCESSで作り上げたんだけど、頑張りすぎたせいか午後の途中くらいから頭が痛くなってきた。多分もっとひどくなると吐き気とかもしてくるんだろうなぁ。まあ明日からまた休みということもあり、ちょっと無理してシステムの方はほぼ完成させた。

 ちなみにこのシステムというのは、別に管理・運営されている企業住所録の一部を、企業名だけがある新規リストにコピーするというもの。企業名のみを手掛りに既存の住所データから機械的に移す事は出来ないので(同名の企業などは他に判断の情報が必要)、操作者(僕ではない誰か)が新規側のレコードを一件ずつ表示しながら、その企業名の一部を元に既存企業のリストを抽出・表示して、その中から選ばせるようにした。
 具体的には、新規リストをレコードソースにしたフォームに既存住所データ一覧のサブフォームを入れて、レコード移動時イベントで新規側の企業名の一部をサブフォームのフィルターにしている。だからレコードを移動すると次々にサブフォームに似たような会社が抽出されるのだ。もちろんサブフォームのフィルターとなる企業名は手で修正して適用しなおすことも出来る。
 あとはサブフォームに複写ボタンをつけて、そのクリック時イベントにデータを親フィールドにコピーするプロシージャ(VBA)を書けばいい。面倒なのは新規リストと既存データでフィールドが異なっている場合で、今回で言うとなぜか新規リストは電話番号が市外局番・局番・番号の三つに分かれていた。既存データは電話番号などは単一の文字列なのでいちいちハイフンで分解して新規リストに移すように書かなければならなかった。
 既存データの方の設計は実は僕で、単なる文字列にすることで電話番号もメールアドレスもURLも単一の「連絡先」という概念で扱えるようにしたかったのだ。このレコードには別に「分類」というフィールドもあってそこに電話番号、携帯、電子メール、URLなどの種類を入れられるようになっている。こうすることで、ある対象(企業や個人)がどれだけの連絡先を持っていてもリレーションで扱えるから、データベース設計時に電話番号を何個まで入れられるようにするかとか、どんな連絡先がありうるかとかで悩まなくて済むのだ。もし将来新たな連絡手段が出来ても、分類を増やすだけで対応できるし。

 なんだか頭が痛いわりには今まで取り上げなかったようなことを書いてしまった。まあ、実はこんなこともやってるんだって知ってもらえれば(笑)。

レッツ・カレー!

 カレーが食べたいと思っていたところこびと工場長さんから戴いた情報に刺激されて、歩いて少しのところにあるCoCo壱に仕事帰りに寄ってみた。

 店内はカレー屋さんらしい暖色系の内装で、カウンターの席につくと二十代前半のハキハキした青年が水とスプーン・紙おしぼりをもって来た。早速、工場長さん所望のフライフィッシュカレーを選び、そもそものジャガイモごろんの代わりにホクホクコロッケを追加トッピング。CoCo壱はカレーの辛さ、ご飯の量等も指定するんだけど、注文時に店員さんがしっかり訊ねてくれるので、頭の中で事前にあれこれ整理しなくても質問に答えるだけでいいので気が楽だ。ここのカレーは初めてなので辛さ・ご飯の量とも普通にした。
 フライなどのトッピングは注文を受けてから揚げ始めるので、出るまでに少し待たされた。その間、カウンターにあるメニューをパラパラめくりながら、マジックのナポレオンズのメガネを掛けた方に似た厨房で中心的に働くおじさんや、研修中という名札をつけた二十歳くらいの女の子の様子を観察。みんなぶっきらぼうなところも無く丁寧な応対振りだ。
 ちょうど持ち帰りの注文も入ったようで思いのほか待たされたけど、ナポレオンズのおじさんが「大変お待たせしました」と言いながら丁寧にカレーをカウンターのこちら側に出してくれたので悪い気はしなかった。そもそも、仕事帰りでお腹は空いていたけど、のんびりした心持ちだったので。

 と受け取ったカレー、思っていたよりボリュームがある…。ウェブサイトや店の外に掲げられている写真だと薄っぺらい盛り付けに見えるけど、案外そうでもない。しかも追加トッピングしたコロッケも予想より一回りくらい大きくて厚みもあるなぁ。いわゆるカレーの具は、冷凍のミックスベジタブルより少し大きめの感じのものが少し乗っかっている。鍋底ですっかり煮込まれたものかな?
 早速食べてみると、カレー自体は思ったほどこってりしてなくて、どちらかというとさらっと地味目の味。でも辛さも味わいも物足りなさは感じない。ほどほど、というところかな。辛いカレーが好きな人は一段階くらい辛めにしてもいいかもしれない。ちなみに、注文で辛さをプラスしなくてもカウンターにスパイスが置いてあるので、食べながらそれを加えることも出来る。
 フィッシュフライは何かの魚の白身で、これは魚を食べてるって感じにはちょっと足りなかった。というかそもそも揚げ立てでめちゃめちゃ熱かった。ホクホクコロッケは完全なポテトコロッケ。こっちはその名の通りホックホクで結構美味しかった。熱かったのはフィッシュフライと同様。どちらも大きいままでなく、少しずつ崩しながら食べないと口の中が大変なことになるよ。
 食べ進めていくうちに、ボリュームがあると感じた第一印象が正しかったことがはっきりしてきた。フィッシュフライカレー+ホクホクポテトというのはもしかしたら僕の胃の容量とほぼ同じだったのかも。食べ終わるとかなり満腹になった。女性や小食気味の人は追加トッピング無しにするか、ご飯の量を減らして注文した方がいいと思う。

 ともあれ、店員の対応はそこそこ良かったし、味も量も自分としては十分だ。会計を済ませてお店を出ると、ちょっぴり幸せな気持ちになった。

2004.09.23

久しぶりのトラブル

 ArtRageという一部で評判のグラフィック・ソフトを入れてみた。Painter開発者の一部が新規に立ち上げたソフトみたいで、より現実に近いキャンバス・画材のシミュレートになっているようだ。今のところフリー。
 確かにタブレットで描いていて、絵の具の乗り具合いの感じもいいし、右ドラッグで用紙をスクロールできるところが使い易い。なんというか、キーボードに触れずにスイスイ描ける。直感的に創作を進められるようにインターフェイスが練られている感じだ。
 まだまだPainterの様にたくさんの機能は無いし、水彩っぽい表現も出来そうにないから、イラストはこれ一本でOK、とはならない。制作途中でキャンバスの大きさも変えられないし(表示の拡大・縮小は出来る)、レイヤー機能も無い。ただしトレーシング・ペーパー機能があるので、別の絵を下に薄く表示することは出来る。Painter Classicみたいだ。
 それでもPainterと違い起動も速いので、簡単なスケッチ用に使っていこうかと思っていた。

 でもね、僕の使っているタブレット(Wacom Intuos)の右上にある筆圧調整ボックスをクリックすると、途端にタブレットを認識しなくなるという不具合があることが分かった。再起動しない限り他のアプリケーションでも使えない…。しかもマウス(トラックボールだけど)の速さ・加速も変わってしまうし、なんだか今の僕のノートPCとは相性が良くないみたいだ。残念。
 このブログを読んで安易にインストールして同じ目に遭われても困るので、ソフト提供元へのリンクもしません(苦笑)。

東京か?

@nifty:NEWS@nifty:北朝鮮にミサイル発射準備の兆候=日本政府筋(ロイター)(いずれリンク切れになる可能性があります)

 今の段階では本当に発射が差し迫っているのかどうかはわからない。多分今後の外交カードとしてのパフォーマンスだろうとは思うけど、放っておける話題ではない。
 もし本当に日本を攻撃するつもりなら(その可能性は殆ど無いけど)、有無を言わさずいくつかの要所を同時に狙ってくるだろう。そうでなければ日米連合軍(?)の反撃がある。そうなると米軍基地のある沖縄や本土の何箇所か。
 首都・東京に打ち込んでくるかどうかは判断しづらいな。要所であることに間違いないけど、政治機能を麻痺させてしまうと、混乱した日本しか残らない。こんな国は普通要らないよなぁ。それでなくても自国が大変な状態なのに。
 という訳で今、合理的に日本をミサイル攻撃する理由は無いんだけど、やっぱり気になるね。他のところを狙ってる可能性もあるし、あの国は、先に手を出してあとはごねまくるというやり方をしてくることがあるから。
 もしかすると、東京を狙っていても巧妙に永田町や新宿を外してくる可能性はあるかな。う〜ん、でもやっぱり単なる威嚇射撃はメリットが無いよなぁ。なんて池袋に飛んできたりして。

あらま〜

 知人がまたひとり結婚することが決まった。嬉しいことだね。苗字は来月変わるけど式は来年とのこと。こういう場合はお祝いはその時でいいのかな?

 でもちょっぴりさみしい。と言うかまた取り残された感じ。僕にもそういう出会いあるのかな…。

これな〜んだ2

d040923.jpg
 前回に続き、第二問です(笑)。
 ヒント

  1. 形は商品によります。

  2. こいつの居場所は冷蔵庫の中(すごいヒントだ!)。

奇跡

 昨日、今朝と二日連続で、休みにもかかわらず朝のゴミ出し時に目が覚めた。これまでは大抵休みの日と収集日が重なると、時間までに起きられずに出せないことが多かったのに。
 元々夜型なんだけど最近は朝ちゃんと起きられる確率が高くなってる。やっぱりテレビの深夜番組を放送時間に見なくなった効果かな。

2004.09.22

ガ〜ン、ショック…

 NHKの鎌倉千秋アナウンサーって結婚していたんだ。ああ〜。[情報源(いずれリンク切れになる可能性があります)]

付き合いの型

 ツキアイゲノム2という性格診断ゲームをやってみた。主にコミュニケーションの傾向を見るようだ。

 結果はウラゲノムがPCRで、オモテゲノムがCOOL(ちょっと込み入っているので結果の読み方などはサイトの方を参照してください)。

 何となく当てはまっているようにも感じる。書かれている特徴は長所にも短所にもなるわけで、改めるべきと感じたところを少し気に掛けてみようかな。

暴君め!

 遅ればせながら、昨晩初めて暴君ハバネロを食べた。一袋を一気に食べた。
 すごく辛かった。食べ終える頃には口の中は大騒ぎ!
 唐辛子系の辛さなのでカラムーチョに似ている感じもする。でも後に残る辛さ(食べてる最中もそうなんだけど)ははるかにすごいと思った。
 なんと言うか、単独で一気に食べるのはやめたほうがいいな。

 トイレでお尻が痛くなったんだけど、こいつのせいだったのだろうか…。

2004.09.21

新ストラップ

 デジカメにつけるストラップを買い換えた。
 僕はいつも長いストラップを使っていて、以前は長さを調節するために途中を結んでいたんだけど、最近は長さ調節用のストッパーを使うようになった。ところがストッパーの穴が小さくて今までのストラップにはきつすぎた。
 そこで同じように長くてしかも紐の幅が今までより狭いものを探していたんだけど案外無くて、それでもやっと見つけたのが写真のもの。携帯電話アクセサリー売り場にあって、耐久荷重10kgという表示に惹かれた。

 長いストラップを首に掛けて、ピンと張るまでカメラを前に突き出すように構えると手ブレが防げるとためしてガッテンでやっていたし、ストッパーを調節して写真の様にストラップを握り込むように持っても手の中で安定するよ。この握り方はスキーのストックの紐を握るのと同じ方法だ。
d040921.jpg

考えちゃった

 こんなメールが届いた(メールアドレスは伏字)。


こんにちは、自動お返事システム「メールくん」です。

メール送ってくれてありがとう。
君の送ったメールは確かに届きました。

またメール送信のテストをしてみたくなったら、また僕
(*****@*********.ne.jp)にメールを出してみてください。
(以下省略)


 最初何のことかさっぱり分からなかったけど、もし「メールくん」が本当に某プロバイダーで提供されているサービスなら、これはやっぱりウィルス・メールの副作用なのだろう。
 コンピューター・ウィルスが、差出人を僕に詐称したウィルス・メールをこのメールくんのアドレスに送ったのだ。だからメールくんはメールが届いたことを律儀に僕に返してきた。
 この推測、当たってるかな?

2004.09.20

Help me!

 カレーが食べたい。ごろんとしたジャガイモの入ったカレーが食べたい。

 普段食べ物の夢ってあんまり見ないんだけど、何故だか美味しいカレーが夢の中に出てきて、それが昔ながらのラグビーボールみたいな形の深いお皿に入った、普通っぽいカレー。でもジャガイモが大きくてとっても美味しかった。
 僕は簡単な料理しかしないので、どなたかどこかの美味しいカレーのお店を教えていただけませんか。連れて行って戴けたら食事代はご馳走します。
 僕のためにカレーを作ってくれたらなお嬉しい(笑)。

アルバム公開

 メイン・ページのトップに掛けている画像が大分前に200点を超えたので、その1〜50番目までの中から20枚を選んでウェブ・アルバムにまとめました。(いずれメイン・ページからもリンクしますが、取り急ぎこちらに報告)
 トップに載せていたときより大きめのサイズです。と言うか、実は当初からトップ用に画像を加工するときにアルバム向けのサイズも同時に用意していたのです。タイトルとコメントを再掲して、撮影情報なんかを付け加えました。なお、画像の署名はトップに掲載した年を反映しています。必ずしも撮影年とは一致しません。

 あの頃はまだウェブログをやってなかったから写真日記っぽいものも載せていたけど、今回の選別でそういうのは殆ど省いてしまった。当時は殆どマニュアル機能のない130万画素のデジカメで撮っていました(一部銀塩一眼レフで撮ったものもある)。

 また機会があったら次の50枚から選んで公開したいと思います。

レッツ・ゴー!→[ウェブ・アルバム]

2004.09.19

プロフィール

 思うところがあって、このウェブログのプロフィール欄を更新。ここを少しずつ少しずつ良くしていきたいです。

2004.09.18

6連休

 21、22日に夏休みを取ったので、本日より23日まで6連休!
 とは言え、休みが欲しくても取れない方には本当に心苦しいんだけど、明日から23日まで全く人と会う予定がなく5日間もひとりっきりなので、耐えられるかどうか心配なんです。仕事が休みなのは嬉しいけど、誰かと会っていないと寂しい事ばかり考えてしまうので。

2004.09.17

経営責任

 先週は回避できたプロ野球史上初のストライキ決行が決まった。

 論点は結構はっきりしていると思う。近鉄とオリックスの合併による球団減少のために発生する選手の雇用不安軽減と、来期以降の雇用環境改善が選手側の主張。球団減少への対応策として新規参入が焦点だったけど、経営側は来期新規受け入れの努力を約束できなかった。
 そもそも近鉄・オリックスの合併が今期始まってから出てきた急な話なのに、新規受け入れが来期にできないってどういうこと? やめるのはすぐできるのに始めるのはモタモタだ。そんな程度の運営能力だからとんでもない赤字の垂れ流しになっちゃうんだ。
 IT系企業の参入が言われているけど、ここでそういうところのスピード感のある経営センスを発揮して、護送船団的な古い体質を揺さぶって欲しい。

 そして、活き活き溌剌としたプロ野球を見せてもらいたいよ。

2004.09.16

飲み会〜

 今日は合唱練習だったんだけど、出勤時に楽譜等を忘れてしまった。定時きっかりに退社して足早に家に戻り荷物を取って、急いで練習会場へ。何とか間に合い、無事練習に参加することができた。
 練習終了後、先週より規模の大きい懇親会に出席したけど、残念ながら新しく参加された方とは席が離れてしまい、あんまり新鮮味を感じられなかった。でもまあよく知った仲間(といってもウン十歳も年上だけど)と気楽なおしゃべりを楽しんだ。

慎ましく

 ウェブ日記ってブログシステムが知られるようになって一気に広まった感じだけど、例えば日本ではさるさる日記エンピツひまじんネットなんかがそれ以前から発達していたし、そういうシステムを使わずに自分でページを作成して公開する人もたくさんいた。

 そうしたところに綴られている日記を読むと、本当にいろんな人がいていろんなことが起こっていろんな考えが生まれて、毎日活き活きと躍動している感じがする。そんな中で僕もこうして日記らしきものを書いているわけだけど、自分のは果たしてわざわざウェブ・リソースを消費してまで公開する意味があるんだろうかって思ったりもする。と言っても悲観とか虚無感じゃなくて、何もせず何も起こらずただただ慎ましく日々を過ごすだけの地味な生活は、全然日記映えしない感じがして。
 まあ、日記じゃないときの内容は多少なりとも有意義なものになってると思うし今すぐやめる理由もないので、しばらくはこのまま続けるつもりだけど。

2004.09.15

秋の空気

 今日は夏休みをとって、八月に参加して撮影したとあるセミナーのビデオを編集。
 一日五時間のセミナーを二日間、二台のビデオカメラで撮ったので計二十時間もある。これを何とか八時間程度(二時間×四本)にまとめたい。今までも少しずつ作業はしていたけど、まだまだ終わりそうもない…。

 とても天気が良かったので、いつもは色柄物か白い下着・靴下類のどちらかしかしないところ、二回に分けて両方とも洗濯した。
 編集作業のためにいわゆるお出かけはしなかったけど、近所の銀行とスーパーを回った。吹く風はすっかり秋らしく、晴れた空も真夏の頃とは違っていた。

2004.09.14

綺麗に見えるよ

 WindowsXPの画面のプロパティを開いて[デザイン]タブを選ぶと[効果]というボタンがある。このボタンを押すと現れるダイアログボックスにある「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」というチェックボックスをチェックすると、画面上の文字がガタガタせず綺麗に見える。いわゆるアンチエイリアスという効果だ。
 そしてここにあるコンボボックスの「ClearType」は液晶ディスプレーの性質を利用した方法なので、液晶ディスプレーを使っているのならこちらを選ぶとより効果的。ただしCRT(ブラウン管)ディスプレーでは意味が無いので「標準」にする。
 ところでWindowsの標準フォント「MS(P)明朝/MS(P)ゴシック」は、なぜかかなり大きく表示しないとアンチエイリアスの効果が掛からない。試しに他の日本語フォントを表示させると「MS〜」より小さくてもアンチエイリアスが掛かるのが分かる。この性質がマッキントッシュより文字が汚いと言われてしまう原因だと思う。あと、英字フォントはかなり小さくてもアンチエイリアスが掛かる。

2004.09.13

金メダル?

 8月まで、パナソニックのDVDメディアはゴールドディスクキャンペーンというのを実施していた。その中で最も当選者数の多い景品に応募したら当然の様に当選して(笑)、その品物が届いた。
 ちょっと面白いよ。[ムービーファイル(2.4MB)]
(ダウンロードが重いかもしれないので、パソコンに保存してから再生した方が良いかも)

 ウチワ兼フリスビーだって。

2004.09.12

晴れた日曜の午後

 ちょっとした市民演奏会鑑賞前のひととき。
 いつのまにか秋の気配。d040912.jpg

2004.09.11

取らぬ狸じゃないけど

 intuos3でファンクションボックスが廃止されたら使い勝手が変わってしまうので、それに代わる手段を考えた。
 そもそもファンクションボックスは、クリックすると登録しておいたキー・シーケンス(一連のキー操作)をアプリケーションに送るものなので、同じようにアイコンか何かをクリックするとキー・シーケンスが発生するようなツールがあれば代用になる。理想としてはIMEツールバーの様に最前面に固定できて移動可能な細長い領域にボタンが並んでいる感じが良い。
 そこでvectorを探してみたところたわしとさんのKMmacroというツールがあった。これはデスクトップ・ショートカットを起動すると、登録したキーボード・マクロのドロップダウン・リストが現れて、それを選べばキー・シーケンスが送られる。デスクトップ・ショートカットにショートカット・キーを割り当てて、そのショートカットをintuos3のエクスプレスパッドのキーの一つに割り当てれば、エクスプレスパッド→リスト表示→リスト項目をクリックという手順で操作できるはず。

 なんてことを、intuos3を買う予定も無いのに考えてしまった。

2004.09.10

WACOM intuos3

 PC用ペンタブレット「インテュオス」の新型が発表された。
 僕が使っているのは最も最初の型なので買い換えたいなぁとも思うけど、最近タブレットを使う作業をしていないのでまあいいか。性能的には今のものでも十分だし。
 今度の新型は、今までタブレット領域上辺にあったファンクションボックスが無くなったのかな。代わりにエクスプレスパッドという機能がついたけど、ファンクションボックスは最大18個の機能を割り当てられたから、これが無くなると少し作業環境の変更が必要になっちゃう。

少し的中?

 プロ野球のストライキが11、12日については回避になった。まだまだ交渉は続くみたいだけど、みんなが納得できる結論を導き出して欲しいな。
 ところで先日の僕の予想、なんとなく当てはまってない?

2004.09.09

合唱練習

 今年の合唱団は練習後のコミュニケーション(飲み会)が活発。ここに参加するようになってもう7〜8年経つけど、今まではこんなことはなかったなぁ。
 例年、演奏会終了後の飲み会くらいしか無かったんでメンバー同士のまとまりに物足りなさを感じていたんだけど、今年はいい感じ!

記録メディア考察

 DIGAを買ったのでDVDメディアを扱うことになったんだけど、幾つかの種類があって最初はどういう時にどれを使えばいいのか分からなかった。そこで色々と調べた結果をまとめてみたので、間違いやご意見があればドンドコご指摘下さい。

 まずお店で入手しやすいデータ記録メディアをその性質で分けると大体次のようになる。


  • FD(3.5インチフロッピーディスク)

  • MO(光磁気ディスク)

  • CD-R、DVD-R、+R

  • CD-RW、DVD-RW、+RW

  • DVD-RAM

  • マイナーなものとしてZipやJaz、バックアップ用にはDATなどもある。

  • ビデオ記録メディアにはVHS、S-VHS、DV、D-VHS、ブルーレイ・ディスクなどもある。


※ MOは様々な記憶容量がある。
※ 今のところ+Rには二層に記録できるものもある。DLと表記される。
※ DVD-RAMにはカートリッジ入りとカートリッジ無しがある。メディアの質や機能には差はない。

 ここではDIGAでの映像記録とパソコンでの利用という観点から、メディアの種類をDVD系(+ほぼ同じように扱えるCD系)に絞って話を進めます。

 CD-R、DVD-R、+Rは一回限りの記録のみ(空きが有れば追記はできる)で、一度記録すると書き換えは出来ない。そしてこのCD-R、DVD-R、+Rが通常のCDやDVDとの互換性が最も高く、パソコン以外のプレーヤーでの再生にも適している。
 CD-RW、DVD-RW、+RWはレーザーの反射率が低いので対応を謳っていないプレーヤーでは殆ど再生できない。書き換え可能回数は1,000回程度。
 DVD-RAMは他のDVDメディアとは記録様式が異なるので対応を謳っていないプレーヤーでは再生できない。書き換え可能回数は10万回程度。

 記録容量はCD系が650〜700MB程度、DVD系は現在は基本的に片面4.7GBだけど以前はもっと少なかったようだ。直径12cmが標準だけど、8cmというものもある。いわゆるシングルCDというやつで、容量は12cmメディアより少ない(1/3〜1/4程度?)。
 現在は+Rのみ二層記録に対応している(でも再生互換性に問題が有るみたい)。またカートリッジ入りDVD-RAMには両面に記録可能なものもある。TYPE1以外のカートリッジ入りDVD-RAMはカートリッジから取り出して扱うこともできる。
 読み書きの速度はそれぞれの通常メディア(音楽CDやDVDソフトなど)に準じているけど、パソコン用ドライブでは○倍速などと言ってその数倍の速度で読み書きできるのが一般的。ちなみにDVDはそもそもCDの9倍くらい速くアクセスするので、DVDの方が少ない倍速表示でも実際には高速でデータ転送している(例えばDVDでの2倍速はCDの18倍速相当になる)。

 DVD-RAM以外の全てのメディアは、ライティングソフトを使ってデータの書き込み作業をするか、パケットライトソフトを使って専用フォーマットして読み書きをする。
 ライティングソフトを使えば、書き込み作業には専用の手順が必要だけど出来上がったメディアは普通に他のPCやプレーヤーで読み出すことが出来る。WindowsXPには標準でこの書き込み機能があるので(ただしCD系のみ)ライティングソフトは必要ないけど、書き込み作業自体は必要。
 パケットライトソフトを使えばフロッピーディスクの様にいつでもファイル操作(エクスプローラーでドロップして保存等)が出来るけど、そのディスクはパケットライトソフトの入っていないパソコンでは基本的に扱えない(ソフトの採用しているフォーマットによっては、読み出しのみ可能な場合もある)。言い換えると一般のCDやDVDとはフォーマットが異なる。
 DVD-RAMはドライバーのみ入れれば専用ソフト無しに普通に読み書きが出来る。カートリッジ入りならフロッピーディスクやMOの様に扱える。

 録画した映像を扱うことに関しては、DVD-RAMに記録されたデータはDVD-VRという形式になり専用ソフト(パソコン用ドライブに付属していることが多い)で取り出し・変換することが出来る。その他のメディアの場合はリッピングという作業が必要になる(と思う)。
 またデジタル放送には「コピーワンス(一回限り複製)」という信号が含まれているけど、これに対応しているのはビデオ録画用として売られているDVD-RAMとDVD-RWだけ。これ以外のメディアには録画できない。

 メディアの保存期間は、CD-R、DVD-R、+Rは色素による記録なので退色すると読み出せなくなる。その他のメディアは相変化方式なので色素による記録方式よりは安定しているようだ。特にDVD-RAMは最も長期間の保存に向いているらしい。
 と言っても原産国表示が日本のメディアであれば、高温・高湿や直射日光に当たるような劣悪な条件でない、パッケージに書かれているような環境で保存すれば数十年は大丈夫だと思う。
 逆に海外(特にアジア)製のメディアは保存性に問題が多いようだ。いくら安くても書き込みに失敗したりすぐデータが失われては意味がないので避けたい。

DVDメディア比較
記録方式書き換え耐久再生互換性保存性コピーワンス番組録画
CD-R
DVD-R
+R
色素変化不可最高普通不可
CD-RW
DVD-RW
+RW
相変化1,000回普通DVD-RWのみ可
DVD-RAM相変化10万回対応機のみ最高
※ 斜体がDIGAで使えるメディア

 ちなみにこれがカートリッジ入りDVD-RAM。その他のメディアは単なる円盤なので特に載せない。
d040909.jpg


 以上から、DIGAで使えるDVD-RAMとDVD-Rの役割分担を次のようにした。
 主に使うメディアはDVD-RAM。対応プレーヤーでないと再生できないのが一番の障壁だけど、他の機械で見る場合のみDVD-Rにダビングすれば良いので特に問題にはならない。MOみたいにパソコンで簡単に扱えるし、保存の安定性も高くコピーワンスの番組も録画できるので、書き換え可能なメディアだけど保存用としても利用価値があると思う。ディスクに対してプロテクトを掛けることもできる(パスワード等を使った高度なものではなく、フロッピーの書き換え禁止タブみたいな役割)。更に分けるなら、読み書きを繰り返す作業用にはカートリッジ入り、単なる保存用にはカートリッジ無しとしよう。ディスクの性能に差は無いけど、頻繁に出し入れする時にカートリッジ入りの方が扱いが楽。
 DVD-Rは配布用、常時閲覧用にする。メディアの値段も安いので、よく見るビデオをダビングしておけば普通のDVDプレーヤーで見られて便利だ。

 そして、これらのメディアをパソコンで活用するためのDVDマルチドライブも買ってしまいました(笑)。

2004.09.08

便利機能

 サッカーワールドカップ予選の日本対インド戦をテレビ観戦。で、ご存知のとおり途中で会場が停電になり後半開始がだいぶ遅れて、それにつれて放送時間も延びた。DIGAで予約録画していた。
 今までのビデオデッキだったら、録画終了まで待ってそこでもう一度録画を開始しなければいけないところ、DIGAは予約録画中でもその終了時刻を変えられる。便利になったなぁ。おかげで途切れることなく試合を録れた。

スルー

 インターネット掲示板なんかで(もしかしたら議論系メーリングリストでも使われてるかな)、反応を返すと場が荒れるような投稿に対して、相手にしない・無視することをスルーすると言う。
 でも僕のよく知っているスルーは、サッカーで味方から来たボールを受け取る振りをしながらわざと触れずに、その先にいる味方に通すフェイント技術。
 同じ素通りだけど、その前向きさ・積極性の部分の意味合いは全然違う。ネットのスルーはネガティブで、サッカーのスルーはポジティブだよ。

 そう、僕はネットでのスルーの使われ方が好きじゃないのです。サッカーが好きだから。

2004.09.06

ストライク!じゃなくてストライキ!

 プロ野球のストライキが決まった。10日までに選手会からの要求に応じなければ今月の全ての土日の試合で決行ということらしい。
 要求は近鉄とオリックスの合併の一年凍結が中心だけど、その他にも球団経営への新規参入の制限緩和や経営努力なども含まれている。
 今のところ、合併の一年凍結は実現の望みが薄いのでスト回避も厳しい(つまりスト決行)というのが大方の見方みたいだ。確かにここまでの経営側の頑なで一方的な姿勢を見るとそういう感じもする。
 でも案外、その他の要求の部分で歩み寄って、スト保留なんていう落とし所に落ち着くような気も。

やっぱり

 とある出来事でせき止めていた感情があふれ出てきた。やっぱりいくら頑張っても僕は自分に正直に、ありのままに生きていくことしかできないみたいだ。
 多分この世の中を渡っていくには不器用すぎて損なんだろうけど、無理して抜け殻になるより、地に足をつけて等身大で活き活きのびのびできるほうが自由で楽しい。

ぼんやり日曜日

 昨日の飲み会の反動か、早く起きたんだけど張り切って何かしようという気にならず、ぼ〜っとのんびりと過ごしてしまった。

 で、今日が返却日だった『赤い橋の下のぬるい水』のレンタルビデオを観た。
 今村昌平監督の作品は『うなぎ』と『カンゾー先生』を映画館で観て、特殊効果なんかがちょっとちゃっちい感じだけど、善悪取り混ぜ全てひっくるめて人間の営みを肯定するような達観したところが印象に残っていた。
 『赤い橋の〜』も基本的な姿勢は変わらないと思うけど、更に開き直ったような勢いと描写で、それが逆にぼんやりした頭にじわっと染み込んできた。こんな僕でも自分の気持ちに正直に生きていいのかなぁって気分が晴れてきた。

 なんか、噴火や地震が多くてこわい。

2004.09.05

酔っ払った〜喋った〜

 大学時代のサークルの仲間と宴会。京王線浜田山駅のそばの韓国料理のお店だった。飲み会だったのでご飯物はとらなかったけど、普段あんまり食べる機会が無いものをいろいろと堪能できて、しかも気遣いのいらない仲間とたくさん喋って、楽しい時間を過ごせた。

2004.09.03

ちょっと得した気分

 アテネ・オリンピックの後遺症か、睡眠時間が変になってしまってる気がする。昼間も眠いし…。

 ADSLモデムのファームウエアが更新されていたのでアップデートしてみたら、下り速度が1000kbpsくらい上がった。今までの1.5倍だ!
 それでも利用プランの最大値の1/4程度なんだけど。

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

最近の写真