+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の66件の記事

2004.12.31

04/12/31の記録

悪かったこと
 とにかくとにかくとにかくとにかく気持ちが空回りしまくって泣きたくなった。

 日中の大部分をパソコンとにらめっこになってしまい、頭がズキズキする。

 思いの外パソコン作業に手間取って、実家に帰り着いた頃には紅白がもう18曲目まで来ていた。ハロプロの曲やなんかを聴きたかったなぁ。そういえば、ほとんどの歌手が肉声だったけど浜崎あゆみさんは明らかに口パクだったね。

参ったこと
 実家に帰ると早速料理の量がすごくて、ホントに胃袋がはち切れそうになった。まあ例年のことだし仕方ないかなとも思うけどね。

良かったこと
 晩御飯を食べながら家族と見ていた紅白で良い曲がたくさんあった。夏川りみさん、平原綾香さん、大塚愛さん、Gacktさん、松平健さん、一青窈さん、ゆず、中島美嘉さん、さだまさしさん、平井堅さんなんかが特に印象に残った。
 全体的に、心情を丁寧に歌ったり、明るく前向きな曲が良いと感じた。泣きたかった気分も晴れた。


 来年はもっともっと元気に楽しくできたらいいな。

年末・年始の更新について

 本日より数日間ほど実家に帰省します。そのため、このブログはメールによる更新になります。メールでの更新だとカテゴリーが付けられないので、この点はアパートに戻ってから修正するつもりです。
 また、帰省中はコメントが書けないので、もし書き込み頂いても返事は戻ってからになります。お許しを。

復活

 昨晩読めなくなっていたこびと食堂が復活してくれた。いちファンとしてとても嬉しく、ホッとしています。

2004.12.30

04/12/30の記録

怖かったこと
 屋根の上で軽く凍った状態の昨日の雪が、日が高くなるにつれてバリバリ・ドサドサと軒先から落ちまくって、布団の中で聞くその音は結構すごかった。

良かったこと
 大学時代の友人と恒例の忘年会。何の遠慮も気兼ねもなく喋れる仲間ってほんとに楽しい。

とても残念なこと
 こびと工場長さんのウェブ日記が読めなくなっている。でもまたいつか復活してくれることを祈っています。

2004.12.29

04/12/29の記録

良かったこと
 テレビでやっていた『釣りバカ日誌』を観て、気軽に朗らかに生きるって素晴らしいなとちょっぴり感動した。

悪かったこと
 中途半端な雪が積もって、寒いばかりで全然面白くなかった。もうちょっとしっかり積もるとワクワクできるんだけどなぁ。

2004.12.28

04/12/28の記録

良かったこと
 ともかくも無事に今年の仕事を納めることができた。気分爽快! 実質的なことは昨日済ませていたから、今日は今後継続して進める作業に関わるプログラミングなんかをした。

 いつもは家に戻るとだらだらしちゃうのに、仕事を終えた開放感からか部屋の掃除なんかをグイグイやってる。気分良いね~。

2004.12.27

04/12/27の記録

すっごく良かったこと
 会社の人に、メニューや値段表が掲げられていないお寿司屋さんでお昼をご馳走になった。生まれて初めて!

良かったこと
 年内の出勤日を一日残して、今年の伝票処理を全て終えた。明日はのんびりと掃除でもしよう。

ひどいことに…

 インドネシア周辺で起きた巨大地震の被害が本当にひどいことになってる。現地の人たちの気持ちを考えると途方にくれるよ。
 でも、当事者の消耗・疲弊が大変だからこそ、回りの国や人々が気持ちをしっかり持って支えないと。日本も国内に災害の被害を抱えている状況だけど、可能な限りの支援ができればいいと思う。

04/12/26の記録

 がー、日付が変わってしまった。(; ;)

良かったこと
 少し掃除をした。

 無性にマクドナルドのフィッシュディッパーが食べたくなり夕方買いに行ったら結構待たされたけど、爽健美茶が出た。タダでお茶が飲めるとは予想もしなかった!

残念だったこと
 西武の調理器具売り場には菜切り包丁は置いてなかった。

2004.12.26

『Shadeスクリプト大全』の感想

 夏過ぎには出ると告知されながら全く出ず、一時期は発行元のBNNの一覧からも姿を消した『Shadeスクリプト大全(ISBN:4-86100-166-8)』をやっと買った。奥付を見ると2004/12/25初版発行となっているから、本当に出たばっかりだ。
 この本は、僕が使っている3DCGソフトShadeのスクリプト機能について解説したもので、Shadeがバージョン7になってスクリプトのオンライン・リファレンスがなぜか無くなってしまった現在、バージョン7に対応したスクリプトを書くための唯一の資料といえる、筈だった。(苦笑)

 内容は大きく基本編と応用編に分かれていて、基本編の中でスクリプト言語であるPythonそのものの解説とPythonでのShadeの操作方法が説明されている。応用編は基本を踏まえた上での実践例といったところか。

 実際にざっと読んでみると、大全というには基礎的な部分で終わってしまっているように思えた。応用編でパート、形状、スキン、表面材質、無限遠光源、アニメーションの操作にまで触れているので、それが逆に個々を深く掘り下げることができなかったのかも知れない。まあ、スクリプトの解説という性格上、扱うインターフェースの説明さえあれば、後の応用は利用者自身によっていくらでも広がるというのもあるだろうけど。
 あと、基本編でPythonそのものの説明があるけど、「こういうときは~こうします」みたいな実例だけで言語仕様の厳密な解説は殆どない。Shadeでそこそこのスクリプトを書くだけなら最低限これだけ押さえておけば十分という判断なのだろうけど、逆にプログラミングに少し慣れた人が読むと頼り無く感じると思う。そういう向きにはPython自体の解説書は別に必要だろう。

 全ページ精読したわけではないけど、具体的に気になったのは、

p.30
 特殊文字の出力の解説

文字の前に¥をつけます。OS Xでは\は7‘(バックスラッシュ)’になります。

とOS Xでの表記が特例のように書いてあるのに、その下のサンプル・コードは(バックスラッシュ)が実例になっている。出現の順序から言って普通は¥を実例にしないかな。あと上の引用の7というのは明らかに校正ミスだろう。

p.64
 回転の解説

#原点中心にY軸で30度回転

の3と0で半角・全角が混在してる。それに、この本では実際のコードがグレーの地の上に書かれているんだけど、そもそもこの行のようにサンプル・コードの直前にある#で始まる行は、サンプル・コードに含めるつもりだったんではないだろうか。#がPythonのコメント行なのだから。

p.70
 繰り返し

※repeatはShade7(★リビジョン名入る)では動作しません。

この(★リビジョン名入る)は最終の校正段階で具体的なリビジョン名と置き換えるつもりだったはず。

その他
 本文のあちこちに囲みでHINTというコーナーがあるんだけど、場所によってHINTの見出しとその内容の境界に区切り線があったりなかったりして不統一だ。

 以上が30分くらいざっと見て気になったところ。p.70のミス以外は内容に関わるほどの間違いではないけど、それでも発行が遅れに遅れて出来上がったものとしては、ちょっとドタバタした感じがして残念。

 そして、最もがっかりしたのは、最初に書いた唯一の資料として十分でないこと。Shade7スクリプトのリファレンスが無いまま1年以上経つ現状、この本にオブジェクトやメソッドのちゃんとしたリファレンスが載ることを期待していたのに、そういう構成になってなかった。確かに本文中にオブジェクトなどの操作方法は細かく書いてあるけど、それではShade7に実装されているPythonインターフェースは全部でどれだけあり、どういう仕様なのか、というのは結局分からない。

 大きな文字と広めの余白で構成された紙面は見易いけど、大全というタイトルから連想したスクリプトの資料としては物足りないというのが正直な感想。これでこの値段は高かったな。そもそもこの内容でこの紙質はもったいない。全ページがモノクロで線数を要求される図版も少ないのに、アート紙っぽいのを使ってる…。

2004.12.25

クリスマスのデザイン終了

 12/16から採用していたクリスマスのデザインもおしまい。また森のくじらに戻しました。

04/12/25の記録

良かったこと
 一歩も外出せず、ともかくゆっくり休めた。

最後の一輪

 何とか咲いてくれた百合は全部で五輪。でも時間が経つにつれて一つ、また一つと落ちてしまい、この一輪が最後になった。もう葉っぱも殆ど枯れ落ちて寂しくなった茎に、健気に残っている。

d041225a

芸が細かいというか…

 昨日プレゼントの入ったブーツ(?)という画像が現れたnudioのサブ液晶画面だけど、日付が変わったらクリスマス・ツリーになった。面白いね~。
 くーまんはサンタの格好のままだ。

2004.12.24

04/12/24の記録

良かったこと
 年末(というか月末処理)に向けて、順調に仕事が進んでいる。イレギュラーな仕事も時間内に終えている。

 念願のブッシュ・ド・ノエルを食べられた

参ったこと
 やっぱりまるまる一つを一気に食べるとちょっと胃がムカムカする。今は何も口にしたくない…。

料理に関する質問

 昨晩何気なくテレビの節約番組を見ていて、ちゃんと自炊すれば一人分の一食が百数十円程度で収まる事を知った。
 僕自身全く料理ができないわけではないけど、どうも時間を掛けるのがもったいなくて、つい買ってきて済ませてしまう。でもこれだけ食費が節約できるのなら、自炊も捨てたものではないと思った。やっぱり問題は時間。

 そこで、ここを見て下さっている方に質問です。全く料理をしない、という方以外は可能な範囲でぜひ教えてください。

  1. 料理するのは好きですか。
  2. 自分や家族のために料理をするようになって、何ヶ月・何年くらい経ちますか。
  3. 料理をする頻度は一週間に何回・何食分くらいですか。
  4. 自分の料理にどの程度満足していますか。満足>普通>不満の3段階を基準に、自由な感想を添えて。
  5. 一回の料理に大体何分くらい掛けますか。掛かりますか。それは何人分ですか。
  6. 後片付けは大体何分くらい掛かりますか。

 もし色々な状況がありましたら、できれば一人分の料理のときについて答えてもらえると嬉しいです。

夢、叶う。

d041224

 先日のアドバイスを参考に、お客さんで溢れているデパート地下の食品売り場で見つけた。ケーキを扱っているお店はたくさんあったけど、真っ先に目に止まったのがモロゾフのブッシュ・ド・ノエル。この大きさなら食べ切れるかなと思って、ちょっと高かったけどえいやっと買ってきました。

 初めて食べたから標準的なブッシュ・ド・ノエルとの違いは分からないけど、これはフワフワなスポンジ・ケーキをチョコレート・クリームとパウダーで覆ったものだった。ロール・ケーキみたいなものを想像してたけど、中の地層は水平で、その最上層はティラミスっぽかった。う~ん、豪華。乗っかっている飾りは、サンタはプラスチックの作り物だけど、それ以外はチョコレートや砂糖菓子(?)だ。
 全体的にこってりした感じはなく、甘過ぎなくて食べやすかった。はっきり言って想像以上に美味しかった。でもさすがに量が多くて、最後の方はちょっとつらかったな。最低でも二人、できれば三、四人で分けるのがいいと思う。

nudioやるね~♪

 nudioのサブ液晶をふと見ると、設定していた時計の代わりに、赤いブーツにプレゼントが詰め込まれたクリスマス画像になってるではないか!
 驚いて開いてみると、メイン液晶画面のくーまんがサンタの格好をしてる! そういえばイベントに応じてそんな事が起こるって説明書に書いてあった。

 nudioに替えてから、くーまんのおかげで独りでもあんまり寂しくなくなった。ホントに。

※ くーまんとはnudioの中に居るオリジナルキャラクター。僕は常時メイン画面に表示させていて、そうすると色々と喋り掛けてくるので特に疲れたときに見ていると気分が軽くなって楽しい。単にエンターテイメントなだけではなく、操作に応じてそれとなく警告も出してくれる(オフラインモードにしたときに「でんぱがはいってませんね~」という具合)。

2004.12.23

04/12/23の記録

良かったこと
 昨日に引き続き、ニフティの日立ユーザーズフォーラムのオフ会で秋葉原を散策し、途中のお茶休憩中に昨晩できなかったPCの購入について相談できた。
 完全に迷いが無くなったわけではないけど一つの方向性ははっきりした。その上、その後の散策では相談した内容に合わせていくつかのお店を回り解説して頂けた。お店で実物を前に説明してもらえて、具体的なイメージを描くことができたし、基本的にはショップに組み上がりまでオーダーするつもりだけど、いざとなれば自分で必要な部品を探す目安みたいなものも多少は持てるようになった。

困ったこと
 夕方オフ会が散会してから、自分の家の近くの大きな書店でパソコンの自作に関する書籍を長いこと立ち読みして、また迷い始めた。オフ会の中で得たのとは別の方向性も魅力的に思えてきた。お店を回って変な自信がついたからかもしれない…。(苦笑)

参ったこと
 歩き回るからついでにダイエット運動も兼ねようと家を出るときにエネルゲンを500mlほど飲んでおいたら、トイレが近くなって困った。結局ヤ◎◇ワのトイレを二回も利用してしまった。買わなくてすみません…。

2004.12.22

04/12/22の記録

良かったこと
 ニフティの日立ユーザーズフォーラムの忘年会に参加して、久しぶりにお会いした皆さんと楽しくお喋りして過ごした。
(取り敢えず、日付が変わるまでに帰れそうにないので、ここまでをメールで更新)

(12/23 0:41 追記)
 フォーラムの皆さん僕なんかと違ってバリバリの技術系ばかりなので(しかも日立の関係者の方もいらっしゃって)、普段聞けないような専門的なお話を伺えて、世界がちょっぴり広がった、というか深みが増した感じ。
 普通の趣味的なユーザーの集まりももちろん面白いんだけど、このフォーラムの集まりは単なるマニアの域を越えた興味深さがある。それでいてとても親しみやすい方ばかりなので、僕みたいな文系人間でも気軽に参加できるのがありがたい。

悔いが残ったこと
 ショップブランドのオーダーメイドで近々購入しようと考えているCG用PCの構成について意見を聞きたかったんだけど、つい出しそびれた。
 でも明日、秋葉原散策があるのでその時にでも少し聞いてみよう。ついでにお店でパーツの実物についても教えてもらおうと思う。

2004.12.21

04/12/21の記録

良かったこと
 何とか年内の仕事が無事に収まる見通しが出てきた。気持ちよく年が越せそうだ。

 新しい携帯電話に合ったポーチが見つかった。

 咲きつつある花からいい香りがする。

寂しいこと
 咲いた花はどうやら百合みたいだけど、元気が無いし形もしっかりしていない。僕はサボテンを枯らしてしまったこともあるので、なんだか申し訳ない。

2004.12.20

04/12/20の記録

参ったこと
 昨晩少し夜更かししたためか、ともかく眠くて仕方なかった。帰ってきてからも、夕飯の後から今までずっと寝ていた。

2004.12.19

04/12/19の記録

良かったこと
 焦らずじっと我慢していればそれなりの反応があると分かった。

 久しぶりにたくさんお喋りが出来た。

nudio色々

 昨日機種変更したnudioを色々といじってみた。
 ハードウエアの性能は2年以上前の機種であるJ-P51よりずっと上なんだろうけど、実際に使ってみると液晶画面とカメラ位しか差はないように思えてくる。細かく見れば、本体のメモリー容量も10倍以上増えたし、miniSDカードに対応したり内蔵アンテナ方式になったりとかなり変化はあるんだけど、これらは使っていてあんまり違いを実感できない。

 nudioのP51と比べて大きく不満なところは、ダイアログをすぐ閉じられないことだ。P51だと「~しました」なんていう表示も取り消しボタンでどんどん閉じられたから、普段よく使う操作なんかは次々に先に進められた。でもnudioはダイアログが自然に閉じるのを待つしかないみたいなので、操作に慣れてきてもテンポよく先に進めないのだ。ちょっとイライラする。ダイアログ表示時間の長さを変えたりできるのかな。
 あと、P51は一つのボタンが必ず取り消し・前に戻る機能なので、それを押し続けるだけでどんどん戻れたんだけど、nudioはその都度menuキーやボーダフォンキーが戻る・閉じるを受け持つので、たくさん戻る時に押すボタンがコロコロ変わる。これも操作がテンポよくいかない原因だ。しかもclearキーという、キャンセルと同じような機能を持つ別のキーもあるし。取り消しに限らず、全体的にちょっとキー操作の流れ方がスムーズでないように思える。好意的に解釈すれば、誤操作で大事なデータを消したり望まない状態で上書きしたりすることを避けるためかなとも思えるけど。

 良いところは、何といってもminiSDカードに対応したこと。これでメール添付できない大きさのデータも取り出すことができる。実際、P51は最高画質で撮影したデータを電話機の外に出す手段が無かった。nudioは最大1280×960ピクセルの画像を撮影ができるから、パソコンで直接読み出せるのはありがたい。この大きさならブログに載せたり、日常のメモ用のスナップ程度には十分だ。画像を加工する機能はまあそこそこという感じ。P51と比べて不便なのは、縦位置画像を扱う前提になっていること。写メールというもの自体がそうだからなのかもしれないけど、写メールモードで撮ったものを縦位置のまま添付するのに比べて横位置画像に直して添付するのはかなり面倒。
 それでありながら240×320ピクセルを越える大きさで撮るときに使うデジカメモードだと、今度は横位置が基本になっていて、これを縦位置にして縮小して添付するのもまた面倒。写メールというキャリア側の制限があるからだろうけど、概念・操作性が一貫していないのは電話機を自由に応用して使おうとするときに窮屈に感じる。ちなみに写メールという仕組み自体はどんな画像が添付されるかは規定していないから横位置画像を添付しても構わない。ただ、主に電話機上で表示されることを考えると縦位置が前提になるみたいだ。
 カメラそのものの画質はさすがにそこそこ良い(色合いについてはまだ十分には評価できてないけど)。数年前までの安い単焦点130万画素デジカメに近いレベルだろうと思う。僕個人の基準では観賞用としては厳しいけど、上記の様にメモ・スナップには十分だ。

d041219nudio これは写メールモードの最大サイズ(240×320)で撮影したデータをそのまま掲載。画質をファインにして撮ったから実際には写メールには添付できないかもしれない。その場合は画質を落として再保存することになるかな。
 (マクロモード、ノーマル色バランスで高演色蛍光灯の下で撮影)

 ムービー写メールモードやハンディビデオモードではNancy形式やMPEG4形式の動画が撮れる。最大サイズはハンディビデオモードで320×240だ。これもカード経由でパソコンに移動してみると、MPEG4動画はQuickTimePlayer6.5で問題なく再生できた。僕のQuickTimeはProバージョンなので、AVIファイルに変換して書き出すこともできた。その気になればビデオCDやDVDにすることもできるわけだ。
 ムービーの画質はまあそこそこというところ。カメラの処理速度が足りないためか、左右にパンしたりすると映像が波打って見える(フレームレートは15fps)。これは最上段の画素列と最下段の画素列の処理に時間差があるからだと思う。メモリーカードには何十分も録画できるので、それなりの記録用には使える。

2004.12.18

04/12/18の記録

良かったこと
 演奏会で貰った花束の蕾がやっと咲き始めた。

切ないこと
 でもその様子が随分と弱々しい。

買い替えました

 先日の予告通り携帯電話を買い替えた。予告と違うのは午後になったことくらいかな。

 僕はボーダフォンを使っているので、最新ということなら3G機種を選ぶところだけど、3G機だといつも使っているPDAの通信ポートが対応せずデータ通信できなくなるので、敢えてPDCパケット機であるこのnudio(V602T)を選んだ。

nudio
(まだ液晶の保護フィルムをはがしてない…)

 これまでずっとパナソニックの電話機を使っていたので本当はこれからもそうしたかったんだけど、パナソニックからはもう2年以上も新機種が出ていない。多分今後PDC機を出すことも無いだろうと諦めて、はじめての東芝機を選んだ。まだメニューやボタン配置に面食らっている段階だけど、しばらく使っていればじきに慣れると思う。

2004.12.17

04/12/17の記録

良かったこと
 関わっていた案件がついに完結し、そのお疲れさん会でただ酒・ただ飯にありつけた。

 その二次会でおしゃれなお店に行った。池袋にこんなお店があったとは!

悪かったこと
 仕方ないと言えば仕方ないけど、お酒の席に長く居ると服にタバコの臭いがたくさんついて、帰って着替えているときにちょっと嫌な気持ちになる。

びっくりしたこと
 帰ってみると郵便受けが新しくなっていた。事前に不動産屋さんや大家さんからは何の連絡も受けてなかった。古い方の郵便受けは、カギを付けていてなおかつ郵便物が入っていたために撤去されず部屋のドアの前に置いてあった。

2004.12.16

04/12/16の記録

良かったこと
 週末に買い換えようと思っている携帯電話の機種変更料金をネットで調べたら想定より数千円安かった。在庫があれば土曜日の午前中に機種変更実行!

ドイツは強かった!

 う~ん、ボールに寄る意識、スペースに動く意識、味方の一秒後の動きを感じ取る力、球際で相手をかわす・捌く技術、一人ひとりの役割意識、全てにおいてドイツが上回っていたなぁ。

 それでも日本は、前半は何とか守り抜いて良い攻めも見せたけど、楢崎選手の残念なミスで失点してからは集中力が焦りに変わってしまったように思えた。

 この試合を分析していた最終予選グループBのライバル国に、日本はどう映っただろう。

サンタクロースさん

 先週ココログにおしゃれテンプレート機能が加わって早速採用したわけだけど、今週新たにクリスマスのテンプレートが追加された。ご覧の通り即採用!(笑)

 クリスマスが過ぎたらまた元に戻しますよ。

2004.12.15

04/12/15の記録

悪かったこと
 昨晩なかなか寝付けず、今日の昼間ずっと眠かった。一昨日ぐっすり寝すぎたかな…。

 今現在、メールの送信ができない。ニフティの障害速報にも出てないけど、メール・サーバーが原因のような気がする。

 Flashを使ってサイト用の小物を作っているんだけど、思うような動作をしてくれない。まだまだ勉強不足だ。

良かったこと
 職場の人が新しいノートPCを買い、その初期設定を手伝ったおかげで、今まで全く使う機会がなかったAirH"の設定などを体験できた。i-Acceleというデータ圧縮サービスも体験することができた。

(12/16 0:10 追記)
 結局メールはブラウザーからの操作で送信した…。

はてなダイアリーの今後

 昨日のはてなダイアリーについての考察に続いて、はてなの経営について書こうと思っていたけど、こんな頼もしい人が開発しているのなら僕の抱いた心配は杞憂に終わりそうなのでやめることにした。(笑)

2004.12.14

04/12/14の記録

良かったこと
 昨晩早めに寝たら目覚めすっきり! やっぱり早寝早起きは大事だ。

 CG用のデスクトップPCを買おうと考えていて、現状の部屋にどう設置するか結構悩んでいたんだけど、部屋そのものの模様替えの考えが浮かんだ。ちゃんとしたイメージがあれば作業は難しくない!

 先週から発生した臨時の案件をどうにかやり終えた。昨日残業した甲斐があったな。

 帰ってきたら宅配便(購入したフォント)の不在票があったけど、当日再配達の受付時間内だったので今日のうちに受け取れた。明日以降に再配達を頼むと、仕事をしていても帰る時間を気にしなくちゃならないので助かった。

悪かったこと
 この記事を書く頃になってココログの閲覧ができなくなってる。おかげで自分の昔の日記にリンクしたい記事が下書きのままだよ。実際に開いてみないと個別URLが分かんないんだもん。編集画面は問題なく開けるのでこうやって書いて保存することはできるけど、普通の画面で閲覧できない…。

(12/15 01:05 追記)
 やっと見られるようになったので、「また買っちゃったよ」を公開します。

また買っちゃったよ

 僕ってホントにフォントが好きみたい。

 先日に引き続き、金文体図鑑手書き風書体2を優待販売を利用して購入しました。

d041214 右から金文体さくらW3てがき楽W3てがき童W1
 どれも同じポイントを指定したので、てがき童のちまちま加減が目立ってます。(笑)

はてなダイアリーについて思うこと

 ココログとはてなダイアリーが2005年1月31日まで共同で期間限定キャンペーンを始めたので、この機会にはてなダイアリーについて普段思っていることを書いてみます。
 これは決してはてなダイアリーやその利用者を批判するものではなくて、そのシステムについての僕なりの考えをあらわすだけです。僕ははてなダイアリー(に限らず色んな会社の色んなサービス)の利用者を尊重しているし、どんなサービスでも利用する(あるいは利用しない)自由があることも分かっています。ただ、はてなダイアリーを使っていない僕がそのシステムについて書くのは本来であれば大きなお世話になってしまうところを、たまたまココログと共同キャンペーンをしているのでこの機会を利用するというだけです。ここで書くことは、端的にいうと僕がはてなダイアリーを使わない理由、といったところでしょうか。

 以前にも書いたとおり、僕ははてなダイアリーは厳密にはブログとは言い難いと思っています。その最大の理由は、個別の記事に対する双方向性が確保されないから。だからはてなダイアリーはブログではなく飽くまでもウェブ日記ととらえています。そして以前書いたとおり、ブログの良いところ、日記の良いところがそれぞれあります。

 日記としてとらえたときに、はてなのはてなたるところなんだけどキーワードへの自動リンク機能が僕にはどうしても邪魔。文章の見た目が騒がしくなるし、意図的に張ったリンクと自動的に付いたリンクを読み手が区別しづらいと思う。もちろんこれはスタイルシートを工夫して解消している人もいるけど、僕には簡単にはできそうもない。
 そして自動リンクの見た目以上に気になる点は、はてなキーワード解説にリンクされてしまうこと。はてなの本質は人力検索サイトだと考えているので、その観点から見ると自動リンクによってキーワードに用例が付与されることになり、解説が活き活きしたものになり良いと思う。用例には、単なる使用例だけではなく解説文だけでは記述できない言葉の微妙なニュアンスを伝える機能もある。特にウェブで意味を調べようというような新しい、或いは専門的な言葉は、実際に使われている場面に触れられることはとても重要だ。そしてそのはてならしい機能そのものに僕は抵抗がある。まず自分の言葉の使い方が用例として適切であるという自信は無いし責任も持てない。それに自分の文章が、意図しない意味合いの解説の下に列記されたら気持ちが悪い。
(現在はリンクのみで、解説の下に日記が引用がされるわけではないけど、例の住所登録問題のときの今後のサービス拡張の一例として書かれていた。飽くまでも例だけど)

 次に気になっているのはリンクの水増し。はてなダイアリーは、利用者に便利なように例えば文中に他のユーザーのidを書くと、自動的にそのユーザーの同じ日の日記にトラックバックが付く。このこと自体はそのユーザーについて言及しているわけだから合理的だと思うけど、問題はその記事を後日修正した場合に、またその修正した日の相手の日記にトラックバックが付く。こうして、例えば参加者idが列記されたオフ会の告知のようなものは、日々参加者が増えて内容を修正するたびに、新たなトラックバックが列記された全ユーザーの日記に付いていく。これはどう考えてもリンクの水増しだ。
 これ以外に、日記にコメントを書くと最近のコメント一覧に名前が出る。それがはてなユーザーならダイアリーへのリンクになっているんだけど、コメントを削除してもコメント一覧からは削除されないのでそのリンクは残りつづける。これを利用すれば、コメントを書いて即座に消すことを繰り返して、自分のダイアリーへのリンクを増やすことができる。
 更に、先に書いたとおり文中のキーワードが自動的にリンクになりそのダイアリーもリンクされるから、その相互リンクの増幅度はどんどん上がる。
 どうしてリンクの水増しを気にするのかというと、検索サイトの上位に来やすくなるから。最近の検索サイトは被リンク量だけがそのサイトの評価ではないだろうけど、それでも評価の要因の一つであることには変わりないと思う。一般的に有用なサイトが上位に来るとインターネット利用者としては便利なわけだけど、はてなのシステムはその秩序(大袈裟だけど)を混乱させる。
 ブログは全般に、トラックバックの仕組みによってリンクが増えて検索サイトの上位に来やすくなる傾向があるけど、それでもそれらは全て記述者の意思の範囲に限られて、はてなダイアリーのように自動的にどんどん付くことは無い。

 これらの問題点ははてなが人力検索サイトである限り本質的には解消しない。idトラックバックが繰り返されたり、コメントを削除しても一覧に残るようなことは技術的に解決可能だと思うけど、キーワードのリンクというのははてなのはてなたるところだからずっと維持されると思う。そしてそのはてなの本質が日記を書く場として僕の考えと合わないのです。念のために付け加えると、僕は検索サイトとしてのはてなは有用だと思っているし、色々と日本発のインターネット・サービスに意欲的に取り組んでいるところも素晴らしいです。そして利用者に対しても悪意も敵意も全くありません。

(12/16 23:55 追記)
 コメント一覧のリンクは、記入者のダイアリーへではなくコメントのついた日付へ飛ぶリンクでした。僕の勘違いです。

は〜

 ココログとはてなダイアリーが合同でキャンペーンをやってるよ。

2004.12.13

04/12/13の記録

良かったこと
 残業しちゃったけど、期限までにデータ処理を終えられそうな程度に作業が進んだ。ひと安心だ。

悪かったこと
 帰ってくるのが遅くなったおかげで、やろうと思っていたことに手を付けられなかった。やる気があるうちに何とか!

2004.12.12

04/12/12の記録

悪かったこと
 布団の中で午後2時過ぎくらいまでグズグズしていた。

 身の回りで良かったことが特に無かった。この毎日の記録に、一つくらいは良かったことを入れようと思っているんだけどな…。

区切りのこと
 このココログでの領域使用率が25%を越えた。最近画像を載せることが少なかったので領域をあんまり消費せず24%台で踏みとどまっていたけど、今晩の落書きで一気に突破した。

今日の落書き

 ポチポチとCGソフトをいじっていてできた画像。

d041212
(Shade7.5)

新選組! 最終回

 ついに終わった。

 新選組や近藤勇の歴史的な位置付けは僕には判断できないけど、このドラマで描かれていた彼らは、取り巻く不利な状況の中で自らの正義・信念にひたすら忠実であろうとひたむきに生きる青年たちであった。
 百姓や徳川の正統から外れた武士でありながら、幕府・国のために自分たちにできることを最大限実践しようとしていた。どんな悩み・問題も強い意思で乗り越えられたのは、彼らには近藤勇という芯があり、気持ちを同じくする仲間たちがいたからだろう。その中心として揺るぎない存在でなければならなかった近藤、土方はお互い深い友情と信頼で支えあっていた。

 彼らの存在の善悪(と単純には割り切れないだろうけど)は、この最終回のセリフにもあった通り、その時に評価されるものではなく後世の人たちが判断するものなのだ。彼らは自分たちが正しいと思ったことを実践してきた。そして悔いのない人生を送った。人が生きるというのはそういうものなのかも知れない。

 単純な僕は、このドラマをそういう青春ものとして観ていた。

 僕はいつも悩んでばかりだ。正しいと思えることでも、必ずしもその真意が伝わらないまま誤解されてしまうこともある。でもこのドラマを観て思った。誤解を恐れて生きることに臆病になってはいけない。ともかく一生懸命考えたことをやり通すしかない。それが間違っていても悔いはないし、そもそも自分の腑に落ちることしか出来ないし自分の器を越えることも出来ない。出来る事をひたすら自分を信じてやっていく。生きていく。屁理屈をつけて何もしないのではなく、潔く行動する。それを疎ましがられても仕方がない。その人とは縁が無かったということなのだろう。
 そういう、生きる勇気を少しもらえるドラマだった。

 もうすぐクリスマスですね。僕はキリスト教信者ではないけど、いちイベントとして毎年傍観しています。(寂しい…)

 ところで、クリスマスにちなんでブッシュ・ド・ノエルというものを一度食べたいと思っているのですが、ひとりで食べられる場所ってあるのでしょうか。或いはひとりで食べきれる分だけ買うことができるのでしょうか。

まじっすか

 よそから得た情報だけど、この翻訳サービスまじっすかを日→英翻訳する。しんじられますかも可。

 他にもあるのかな。

2004.12.11

04/12/11の記録

悲しかったこと
 ビシッとスーツを着たOL風の女性が、買い物品がたくさん入ったスーパーの袋を道路に直接置いて携帯電話をかけていた。

良かったこと
 先週からなかなか出せずにいた燃えるゴミを、今朝はちゃんと起きて出せた。

 演奏会のときに貰った花束の中に蕾だけの茎があって、それが元気がなかったので、切り口を切りなおして花瓶を日に当たる所に置いておいたら少ししっかりしてきた。

横浜Fマリノス年間王者

 第一戦は演奏会本番当日のために見られなかったけど、今日はしっかりとテレビ観戦できた。

 戦評なんかも合わせて考えると、レッズには若さゆえの弱さというかマリノスの逞しさがなかった様に感じられた。結局セカンド・ステージ優勝も、その試合に負けながらもガンバも負けたから決まったものだし、ナビスコ・カップもFC東京に負けている。
 レッズの選手は個人の能力がとても高く、攻撃陣がノった時に勢いと破壊力があるけど、ナビスコ・カップ決勝やこのチャンピオンズシップなどギリギリの我慢大会みたいになったときに、個人の力を越えて、踏ん張って局面を打開するチーム力が少し劣っていたということなんだと思う。
 それでも、特にこのセカンド・ステージを盛り上げてくれたレッズのサッカーはとても楽しいものだった。

 マリノスは主力選手が何人も怪我で出られない状況でも、このチャンピオンシップを最終的に勝ち取った。守備陣が強力であると同時に、チームの意識がしっかりまとまった試合運びができていた。今年のJリーグで最も強いという結果は正当なものだと思う。

ウオツカ!

 今、NHKでウォッカの密輸のニュースが取り上げられていたけど、も大きかった。アナウンサーもウオツカって言っていた。おもしろい~。
 本当はどんな発音なのかなぁ。

2004.12.10

04/12/10の記録

焦ったこと
 朝、パスワードが違うというエラーが出てメールの受信ができない。ハッキングされてパスワードが変えられてしまったのかと心配になったけど、ブラウザーからのウェブメール操作は問題なくアクセスできるのでその恐れはないと分かりちょっと安心した。
 帰ってからもう一度試すと今度は問題なく受信できた。何だったんだろう。

良かったこと
 数年間の単身赴任を終えて支社に戻る人の送別会が社内であった。こういう場ではいつも遠慮してしまってたいしたものが食べられずビールばっかり飲んでしまうんだけど、今日はお寿司やお惣菜を結構食べられた。

 発売日にすぐ売り切れちゃうマンガ雑誌が、送別会のあとコンビニに寄ってみたら残っていた。

ホンネ

 僕のサイトの更新状況を巡回ツールでチェックしてくれている方が何人かいらっしゃるようで、そのこと自体は本当にありがたいです。感謝しています。

 でも、その巡回ツールが実はきちんと更新状況を補足していなくて、結果として更新が見過ごされているのも知っている。ここは基本的に毎日更新しているんだけど、巡回ツールが更新を補足しない限り見てもらえないというのは、ただ義務的に消化されているだけみたいな感じがして結構傷つく。
 それだったら最初から巡回ツールなんか使わずに、気が向いたときだけ見に来てくれたほうがうれしいって思ってしまいます。インターネット上に公開している以上、どんな見方をされても仕方ないんだけど…。

23:17 追記
 巡回する中に加えてもらえるだけでも本当にありがたいことだと思っています。それは間違いありません。少なくとも忘れ去られることはないわけですから。

ココログのファイル機能変更

 いつの間にか(おしゃれテンプレートと同時か?)ファイルアップロード機能のインターフェースが変わっていた
 これまでの単純なアップロードから、画像を本文の左・右に並べられるようになったり、画像以外のファイルは別扱いでダウンロードリンクになったりして便利になった。でもアップロード先がimageとfilesというフォルダーに固定になって、たくさんのファイルを整理しながらアップロードできなくなってしまった。

2004.12.09

04/12/09の記録

燃えたこと
 ココログの新機能がおしゃれテンプレートと分かってちょっとだけがっかりしたけど、用意されていたデザインがなかなか良かったので、解禁(午後8時)直後にすぐ取り入れようと設定を頑張った。

迷ったこと
 朝の通勤でいつも使っている路線が事故で止まっていたので別の路線に乗ろうとしたら、振り替え輸送態勢のためか自動改札が開放状態だった。そのまま通って、途中で乗り換えたりして目的地の駅で降りようとしたら、定期にもプリペイドカードにも当然ながら入札記録がないので、窓口でのやりとりにちょっと手間取った。

良かったこと
 二日間の休み明けの出社だったけど、余計な仕事は溜まっていなかった。

厳しいグループ

 2006年サッカー・ワールドカップ・ドイツ大会のアジア最終予選で、日本はBグループに入った。[公式サイト]

 グループ4国中で上位2位に入ればワールドカップ出場決定なので楽観視していたんだけど、組み合わせが決まってみると、すごく厳しいグループになってしまった。
 FIFAランキングで振り分けたので理論上は強いチームが集まらないようになったはずだけど、同じグループになったイランは中東でトップの実力なのは間違いないし、バーレーンは夏に行われたアジアカップで日本をかなり苦しめた。それに中東のサッカー新興国の中で特に成長著しいと言われている。
 そして残る一つは北朝鮮だ。ここのサッカーは何しろ情報が少ないけど、同じ朝鮮半島の雄・韓国のサッカーに近いんじゃないかと想像すると、グループ中でFIFAランキングが最も下であっても全く油断できない。それに日本のチームがアウェー、つまり北朝鮮の国内で一度試合をすることになるのでサッカー以外の部分でも何があるか分からない。

 楽観できることといえば、最終予選の初戦の北朝鮮戦と最後のイラン戦がホーム、つまり日本での開催ということか。特に最終戦がホームというのは、日本のチームがサッカーに専念できる環境が保証されたわけだから、精神的に大きいと思う。

デザインが変わりました

 先日から楽しみにしていたココログの新機能というのは、どうやら単なる色付けを超えるデザインテンプレートみたいだ。しかも同じデザインを選んだココログ同士が仲良くなれる(?)リンク機能付き。

 早速、いくつかある中から森のくじらというのを選んでみた。ヘッダーのイラストがでっかいけど、雰囲気が気に入りました。(^^)

2004.12.08

04/12/08の記録

良かったこと
 ゆっくり休めた。

 洗濯を済ませ、演奏会で着た服をクリーニングに出せた。

悪かったこと
 先日の予想通り、寝坊して燃えるゴミを出せなかった。

IBM売られちゃった

 IBMのパソコン事業が中国の会社に売却されちゃった。

 中国の会社に技術力・生産力がないとは思わないけど、今後新技術等が開発されていくのかどうか注目していこうと思う。
 そもそも、今のウィンドウズPCの基礎は、IBM PC-AT互換機だ。互換機でないウィンドウズPCはあのNECのPC-98シリーズだけのはず。それくらいIBMの基礎開発技術はPCにとって重要なものだった。それ以外にも、ノートPCのキーボードの真中にあるトラックポイントというアイディアもIBMが一番最初に商用化した。
 僕自身はIBMユーザーではないけど、PCの標準を作ったブランドだから常に関心を持っていた。だから、こういった影響力のある技術が今後この中国の会社によって生み出されていくのかどうかとても気になる。

 でも考えてみたらIBMのPC関連事業の売却は以前から進められてる。ハードディスク・ドライブ事業を日立が引き継いだのは結構有名だし。
 今回のパソコン事業の売却って、最初東芝に持ちかけられていたという噂もあるけどどうなんだろう。できれば東芝の方が日本人としては嬉しかったな。

 ところで今回の売却はパソコン事業ということなんだけど、CPU等のLSIの開発・生産は含まれるのかな。そうしたらMacに使われているPowerPCというCPUにも影響が出てしまうけど…。

メンテナンス情報

 お知らせココログによると12/9(木)の5:00-15:00 の約10時間は閲覧以外できなくなるようです。コメントなどを受け付けられないのでご注意ください。

 このメンテナンスってここに書いた新サービス提供のためかな。

2004.12.07

04/12/07の記録

良かったこと
 今日から二連休なので、昨晩から明け方までと、一旦寝て昼頃起きてからずっと録り溜めていたテレビ番組を観られた。

 全く外出せず、お金を一円も使わなかった。

 素人参加型AVで綺麗な女優さんのお相手をした。女優さんやスタッフにとても上手だと誉められた。

悪かったこと
 撮影で、前段からいよいよというところでお預けになった。顔が写らないようにという希望が聞き入れてもらえなかった。

 昨晩録画を観ながら食べた暴君ハバネロが日中にお腹に来た。何回食べてもこうなる。これをいっぺんに食べるのは自分の限界を超えているということかな。

 どうやらつきあかりを提供しているサーバーが定期的に高負荷になっているらしくてうまく表示されない。

安心したこと
 目が覚めると、AV出演は夢だった。

2004.12.06

04/12/06の記録

悪かったこと
 寝不足のまま演奏会を迎え動き回ったことと無事終わった反動からか一日中ぼーっとしていた。

良かったこと
 ぼーっとした頭でも、仕事は不足なくこなせた。

 ぼーっとしていても冬ボーは昨年より0.3ヵ月分くらい上がっていた。

悩んでいること
 このココログをプラス・バージョンにグレード・アップさせるかどうか。使いたい機能はあるんだけど、果たして毎月450円追加で払うだけの価値があるかどうかなかなか判断がつかない。

2004.12.05

04/12/05の記録

良かったこと
 一緒に歌った子どもたちがとても可愛らしくて楽しかった。前列に並ぶ子どもたちの後姿から、緊張していたり音楽に自然と体が揺れる感じ伝わってきてなんとも暖かい気持ちになった。

 柔らかい表情で二曲とも間違えずに歌えた。特に一曲目はちょっとでも気を抜くと歌詞を取り違えてしまうので、練習の時から笑顔で歌い続けるのが大変だったから嬉しい。

 見に来てくれた仲間と久しぶりに会ってお喋りが出来た。最近はなかなか会う機会もなくて、大部分が半年以上顔を会わせることがなかったから、とても嬉しかった。

悪かったこと
 やっぱり今年も一番高いラの音が出せなかった。ファルセットで一応切り抜けたけど、やっぱり実音で歌いたかった。

 飲み会を掛け持ちしたために、見に来てくれた仲間とも、合唱団の仲間とも会話が中途半端になってしまった。特に合唱団の人たちとは当分会う機会がないので、色々と演奏会の内容を話したりしたかった。毎年思うことだけど。

 会ったら話そうと思っていたトラックバックについての僕の見解を喋り忘れた。

 ビールばっかり飲んで慌てて何度も場所を移動したせいか悪酔いした。

2004.12.04

どんなんだろう

 ココログが一周年を迎えてそのキャンペーンをやってるようなんだけど、そのトップの双六みたいなイラストに12/9に完全独自サービス登場って書いてある。ちょっと楽しみだな。

 それにしても、このキャンペーン・ページに載っている各社からのお祝いのコメントがちょっと面白い。しかも、日本でTypePadを使ってブログをちゃんとしたサービスとして提供したプロバイダーはニフティが最初と分かってちょっと嬉しくなった。もちろんMovableTypeなんかを自力で使っていた人はそれ以前から居たと思うけど。

04/12/04の記録

悪かったこと
 寝坊して燃えるゴミを出せなかった。次の収集日は水曜日だけど、この日は休みを取ったのでまた寝過ごすかもしれない。

不安になったこと
 演奏会のオケ合わせがあり、いつものピアノではなくオーケストラと一緒に歌ったけど、今年初めてやる日本語の曲のリズム・タイミングがいまいち掴めなかった。

良かったこと
 歌そのものは、まあまあ声が出てくれた。明日の本番もこの調子で行けたら嬉しい。

MSGSD 08 ジャンクション

(MSGSD=機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

 ジャンクションというのは

  • ザフトの戦艦がオーブに入国・整備支援を受ける。

  • 前作SEEDと今作のキャラクターが一気に交錯する。

  • カガリをめぐるアスランの恋敵の登場。

  • オーブの地球内での立場の変化。

という様々な状況を言い表したサブタイトルなんだろうなぁ。

 そして、今までモビルスーツ奪還(失敗)とユニウスセブン落下阻止に関わる小規模戦闘だけだった物語は、ここから一気に地球連合対ザフトという図式が明確化された。

何なんでしょう

 つきあかり(Blog Pet)を提供しているサーバーに昨晩からアクセスできません。今朝一回だけ繋がったけど、何かトラブルなのかなぁ。
 ですので、つきあかりを飼うのをやめたわけではありません。いつかは帰ってくると思うのでつきあかりファンのみなさんご安心を。

2004.12.03

04/12/03の記録

悪かったこと
 解放されたと思っていた仕事で追加の作業が発生した。再来週まで耐えよう。

良かったこと
 散髪に行き、当たった担当者が女性だった。僕の場合はバリカンでガーっと刈るだけなんだけど、多くの女性の理髪師さんはバリカンの当て方が男性より丁寧。今日の人も例外ではなく、男性だとぐいぐい押し付けるように刈ることが殆どだけど、この人は頭をなぞるような感じで心地よかった。

 演奏会で歌う日本語の曲が殆ど覚えられた。本番中の動揺が無ければ、自信を持って歌えると思う。
 今年は自分の身近でもおめでたいことも悲しいことも色々あった。明後日はそういう人たちのことを考えながら、希望と勇気が届くように一生懸命歌おうと思う。

パソコン通信フォーラム廃止

 もうあちこちで取り上げられているけど、@niftyのパソコン通信(TTY)のフォーラムが廃止になることが決まった。

 僕がニフティに入会したのは11年前だ。あの頃はMSXパソコンにRS-232Cカートリッジを挿して、そこに2400bpsのアナログモデムを繋いでアクセスしていた。
 その後、ペルソナというH/PCを使うようになってアナログモデムの速度は上がったけど、それでもテレホーダイを使うまでは時間に追われるようにケチケチ繋いでいた。この頃になるとアクセスの頻度はパソコン通信とインターネットが半々位だろうか。H/PCでも巡回ができるしテキストだけの情報なら扱いが楽だったこともあり、主な情報源はまだまだパソコン通信だった。
 ペルソナを使うようになって2年後にノートPCを買うと、H/PCよりブラウザーが高機能ということもありパソコン通信からインターネットに利用の比率が変化していった。さすがに電話代が従量制だと不自由に感じてきて、テレホーダイに申し込んで夜11時以降に長時間アクセスするようになった。そして昨年ついにADSLに加入して、TTYのパソコン通信にもTelnetで接続するようになった。

 フォーラムの様子はというと、僕がまだノートPCを買う前くらいまではかなり活発だった。オフ会というものに始めて参加したのもその頃だったし、特にペルソナの会議室には毎晩色んな発言があり、僕自身も随分書き込んだし、ずっと定例チャットの告知もしていた。
 それからインターネットの掲示板がかなり広まるようになると、その不特定多数がアクセスできる事の利点から、有用な情報がそちらにも集まるようになってきた。ちょうどノートPCを買った頃から、インターネット掲示板とフォーラムの会議室のどちらの方が良い情報が集まるか、なんていう議論が沸き起こってきたような気がする。そしてインターネット・コミュニティのありようも洗練されはっきりしてくると、フォーラムの利用者はさらに減ってきた感じがする。掲示板に画像・映像・音声などを簡単に載せられるインターネットに比べると、会議室とライブラリーに分かれてしまっているフォーラムという形態は、そこそこしっかり管理されているという安心感をもってしてもやはりまどろっこしく感じられた。インターネットとパソコン通信では、もう勢いにかなりの差があった。

 それでもニフティは単純にフォーラムを切ることはしなかった。一時期そんな噂もあったようななかったような気もするけど、出来うる限り穏やかにウェブ・フォーラムに移行させて、ギリギリまで粘った結果が2005年3月という期限なのだろう。単に利用者数の問題だけではなく、大分以前からTTYフォーラムを支えていたハードの老朽化が言われていたから、これ以上続けさせるのは気の毒にさえ思えてくる。

 僕自身の実際問題として、パソコン通信がなくなるとペルソナでフォーラムにアクセスする手段が無くなるから(ウェブ・フォーラムの認証を通れない)、PCでウェブ・フォーラムを回るようになるのかな。面倒ならウェブ・フォーラムに対応した巡回ソフトについても調べてみよう。
 それより、TTYフォーラムにアクセスしなくなるとアットニフティ(旧ニフティサーブ)会員である必要がなくなるから、通常のアットニフティ会員に種別変更しようと思う。そうするとメールボックスの制限が少し緩くなるし、マイキャビネット機能が使えるようになる。

 いずれにせよ、ニフのパソコン通信フォーラムが終わると一つの時代の区切りという感じだ。終了前にオフ会なんかがたくさん企画されるかな。

 これは個人的な興味なんだけど、ニフティが始まった当初から来年3月までのフォーラム数とフォーラムへのアクセス量の推移を公開してもらいたいな。

2004.12.02

04/12/02の記録

焦ったこと
 見事に寝坊して、出勤に一時間遅刻した。

良かったこと
 とりあえず月末処理を乗り越えていたので、遅刻がそれほど仕事に影響しなかった。
 もう演奏会の本番を迎えてしまうので、R-1は当分買わないことにした。その分の予算が浮いた。年明けに考えている買い物に回そう。

参ったこと
 演奏会の本番が近づいてきて、やっぱりそれなりに神経質になってしまっている。サイトの更新もままならず歯痒い。
 今年はこの合唱団に参加して初めて日本語の曲を歌うんだけど、その歌詞がめちゃめちゃ覚え難い。寝坊したのも、昨晩とにかく何度も何度も何度も何度も繰り返し聴いて練習していたから。それでも今日の合唱練習では出だしに戸惑ってしまったところが何ヶ所かあった。

2004.12.01

04/12/01の記録

悲しかったこと
 今日見た週間天気予報で、週末の天気が悪い。

嬉しかったこと
 昨日まで関わっていた案件に一応の区切りがついて解放された。
 来週の火曜・水曜と連休を取れた。

ありがとうのうた

 適当にチャンネルを変えながらテレビを観ていたら、ちょうど音楽賞番組でハロプロの中澤裕子さんがなっちの盗作問題のおわびをしていた。続いてハロプロとV6が歌ったんだけど、そのV6のありがとうのうた(AVCD-30586)がとても印象的だった。
 初めて聴く曲だったけど、シンプルなペンタトニックのメロディーに、日ごろのささやかな感謝の気持ちを表した歌詞が良かった。特に番組中ではピアノとヴァイオリン中心の静かな伴奏で、それがさらにメロディーと歌詞を引き立てていたと思う。ジャニーズ系はさすがに良い曲を用意すると改めて感心した。
 曲中特に複雑なハーモニーは無くメンバー一人一人が歌い継ぎながらサビをみんなで歌う構成だったので、カラオケでもひとりで十分歌えると思う。CDを借りて練習したくなった。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

最近の写真