+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の46件の記事

2005.05.31

今日の落書き

d050531
(Shade7.5)

 何とか締め切りに間に合わせた。これまでの成果だ。
 ということは一応完成になるわけだけど、本当は別の構図を考えているし、もっと周辺の作り込みやレンダリング設定を煮詰めたかったので、まだしばらく継続だな。

 これはGIなしのレイトレーシング。面光源一つを主光源にして、影を落とさない無限遠光源を環境光代わりに二つ配置。パストレーシングと違ってくっきりした仕上がりになるから、いわゆるフォト・リアルさはないけど、これはこれで表現としては好き。

05/05/31の記録

毎月のこと
 月末処理を乗り切ると気分がいいね!
 実際、数字が合わないとか伝票が揃わないとかがあると大変だもの。

2005.05.30

05/05/30の記録

不思議だったこと
 今朝、というか昨晩なかなか寝付けなくて、寝るのを諦めて4時ごろ布団から出て少しネットを見たりここを更新して過ごした。更新するとあっさり眠りついて、普段の時間に起きた。1時間ちょっとの睡眠だった。
 何かのはずみで思考が活性化すると寝られなくなるみたいなんだけど、すごい眠たがりの僕に最近こういう現象が増えているみたいで不思議だ。年のせいか? あ、昼寝しすぎたからかな。(笑)

今日の落書き

(眠れないのでメモ書き)

 考えてみたら締め切り(らしきもの)はこっちの方が早いので、アヒルさんはお休み。前回の続きで、やっと穴周辺の処理を一応解決させた(図A)。

図A
図A
(Shade7.5 以下同じ)

続きを読む "今日の落書き" »

2005.05.29

05/05/29の記録

堪能したこと
 今日の午後は、TSUTAYAで借りたアイアン・ジャイアントSF Short Filmsを観た。どちらも良かったけど、特にSFは晴れた休日の午後に部屋で観るのにぴったりの内容だった。

頭痛がすること
 最近、パソコン画面より遠いものを長時間見ていると頭が痛くなってくる。今日みたいに長い時間テレビを観たり、スタジアムでサッカー観戦したり。多分パソコン画面の距離(50~60cm?)に目の筋肉が慣れてしまって、それ以外の距離のものに焦点を合わせると余計な疲労が溜まるんだと思う。
 だから最近は逆に、遠くのものをよく見て、目をよく休ませるようにしている。

2005.05.28

05/05/28の記録

焦ったこと
 夕方、ウオーキングしていたらお腹が痛くなってきた。いつもは3周するんだけど、2周歩いたところで切り上げてトイレに駆け込んだ。
 昼間半袋ほど食べたハバネロが効いたんだろうか…。

2005.05.27

05/05/27の記録

挽回したこと
 休みを取って横浜美術館にルーヴル美術館展を観に行った。やっぱりアナログの実物は良い。印刷やデジタル媒体と違い、解像度とか再現性とかにストレスを感じることも無く、とにかく作者の筆遣いを直に感じ取ることができる。鑑賞するために余計な労力が要らなくて、ホントに楽に観られると改めて実感した。
 開館時間にすぐ入れるように普段の出勤と変わらない時間に家を出た甲斐もあり、お客でぎゅうぎゅうということも無くそれなりに余裕を持って鑑賞できたのも気分が良かった。
 これでGWにどこにも行かなかった虚しさを挽回できたよ!(笑)

ちょっと安心したこと
 先週少し紹介した1チップMSXの予約が1000件を突破した。予約開始から一週間でここまで伸びるとは思っていなかった。一区切りに達してひと安心だ。
 でもこの後、2000件に届くかどうかというあたりで大分ペースが落ちてくるんじゃないかな。でまた少し経つと、今度は教材用として団体注文が入ってくると予想しています。

来ました!

横浜。d050527a.jpg

今日の落書き

 前回から二ヶ月くらい経ってしまった。ポリゴン編集ソフトをMetasequoiaからMarbleCLAYに乗り換えて作業再開。
 本当は最終回までに仕上げたかったんだけど、GWにまったく手を付けられなかったのでまだ完成しそうにない。でも、早速木曜日に再放送してるから良しとしよう(笑)。

 前回から頭部の大きさのバランスを変えて、頭の毛と尾の体との繋がりのところを細かくモデリングした。あとは足の付け根。全身の微調整もしている。

d050526a
(MarbleCLAY)
 今回から製作過程はフラット・シェーディングを載せることにした。その方が変遷が分かり易い。本当は作業画面をキャプチャーするときに座標軸なんかは消したいんだけど、MarbleCLAYには今のところそういう表示オプションは無いみたいだ。

d050526b
 胴体から足の付け根にかけてどう面を取ればいいか、画面をいくら眺めていても思い付かなかったので練り消しで実体化。実際にある工業製品なんかは実物を測ったりできるけど、こういうアニメキャラは2Dマジックもあってなかなか把握できない。そんなときによくこうして練り消しで実際の形を作って考えます。Shadeでモデリングしているときは、どんな風に線を通したらいいか爪楊枝で書き込んだりもします。

2005.05.26

05/05/26の記録

買い物したこと
 ジーンズを買った。ユニクロで買い物をするのは多分これが初めてだ。普段着として穿くズボンは大抵無印良品で買うんだけど、ユニクロって裾上げがすぐできるんだね。無印だと4~5日かかるから拍子抜けしちゃった。
 あと、3年ぶりくらいに靴も買った。普段履くロー・カットのハイキングシューズが、もう踵や親指の付け根辺りの模様が無くなるくらい磨り減って、踵の外側あたりは靴底と靴本体の中間にあるクッションにまで磨耗が達していたのだ。雨の日のマンホールやきれいな石畳の歩道ではツルツル滑って何度も転びそうになっていた。それに靴底がここまで減るとクッション性も当然落ちて、少し歩くとすぐ足がだるくなってくる。ちょっと思い出のある靴だから捨てるのは忍びないけど、これも時の流れと割り切ろう。

2005.05.25

05/05/25の記録

ニコニコ
 今日は25日。ニコニコしましょう! 毎月25日はニコニコの日。
 多くの会社で25日周辺が給料日だからね。

2005.05.24

05/05/24の記録

まあまあなこと
 仕事の方はそこそこ順調な今日この頃。
 しかし職場での出来事は極力書かないようにしているから、ここで取り上げるネタにならないのが悩み。

複雑な気持ち

 プロフィールのページで紹介しているRedqueenがついに商用化された。でも複数年とか独占というあたりに色んな関係性が想像されて、複雑な気持ちになった。

 みんなが幸せになれるような商売であれば良いんだけど。

2005.05.23

05/05/23の記録

楽しく前向きに
 うまくいかなかった作業の最終手順の代わりの方法を思いついたので早速実験。なぜだか想定よりずっと時間はかかるけど、一応期待した通りの結果は得られた。
 うーん、とりあえずこの方法でいくしかないわけだけど、1倍速のライティングということはDVD1枚あたり1時間程度ということだよな。なのに容量の半分程度の書き込みに何時間も掛かってしまうのはどういうことだ。ドライブとディスクの相性だろうか。テスト用として-RWメディアを使っているからかな。最終的に本番用の-Rメディアでもっと安定して書き込めればまあいいんだけど。
 ともかく、自分を追い詰めすぎないように頑張っていきましょう!

2005.05.22

05/05/22の記録

やり直したこと
 うまくいかなかったパソコン作業をやり直し。やっていたことはDVテープ10本以上もあるビデオ編集。最終的に数枚のDVDに収めようとしていたんだけど、作業中の容量圧迫を避けるためにまずMPEG2にしてから編集していたので、最終出力で画質劣化が発生してしまっていた。
 なので、できるだけ画質劣化を避けるために、最終出力の直前までDV-AVI形式のまま作業することにした。そこでまずHackのMatrix RAIDを切りなおしてRAID0領域を増やし、そこにDVカメラからIEEE1394でキャプチャー。60分あたり13GBくらい。とりあえず300分弱、60GB程度になった。
 繋ぎ作業自体は一度やっているので、カットを選ぶのは難しくない。これから、こころの余裕を持って頑張ろう。

2005.05.21

05/05/21の記録

刺激になったこと
 気をとり直して、年に数回ある某研究会に出席。落ち込んでいたのでいい気分転換になったし、自分の能力に肯定的になれることもいくつかあってちょっとした自信になった。
 いつまでも落ち込んでいてもしょうがないので、ぐいっと顔を上げて新たな方法で頑張ろう。

2005.05.20

05/05/20の記録

がっくりきたこと
 睡眠時間も削って頑張ってきたパソコン作業の最終工程がどうしてもうまくいかない。
 本当なら今日から予約受付を開始した1チップMSXや、今日発表されたShade8についてのワクワクするようなことを書きたかったのにな…。

 ちょっとだけ書くと、僕がパソコンというもののハードやソフトに全く抵抗無く触れられるのは、高校生の頃にMSXでコンピューターの仕組みを学んだことが大きい。そのMSXが復活し、しかもFPGAというデバイスによって、自分で回路まで作り変えられるようになったのはとても嬉しく興味深い。
 プログラムを書くだけでなく、一般人でも回路まで(その気になればCPUも)作れる時代になっていたとは! MSXのファンに限らず、シンプルなパソコンをいじり倒してハードウエアまで理解してみたいという人は、この1チップMSXをぜひ注文しましょう(笑)。

2005.05.19

05/05/19の記録

気になってること
 睡眠不足だと太りやすいという噂。確かに同じような食事量でも、夜中まで何かやっているような日はあまり体重が減らない気がする。この何日間かかなり夜更かししているから心配だ…。

2005.05.18

05/05/18の記録

テンパってきたこと
 いよいよ余裕がなくなってきたよ! がんばれがんばれ、じぶん。

クローン・ペット

 アメリカでクローン技術でペットを再生させるビジネスが始まっているとニュースで報じていた。取り上げられていた会社ではこれまでに2件の依頼に応えているそう。

 その人にとって特別なペットを失ってできたこころの傷を、クローン技術で再生した新しいペットによって軽減する、ということらしい。
 でもたとえ生物学的に同一でも、育てられ方が違えば性格も異なってくるから同じペットが戻ってきたことにはならない。だから怪我をしたペットが退院して帰ってきたというのとは訳が違う。

 ペットを失うというのは確かに特別なことだから、愛着があるほど飼い主がその喪失感から立ち直るのは大変なこと。しかしだからといってそれを癒すために生物学的に同じペットを復活させるというのはこころの問題の解決法としては不健全だ。
 本当ならその喪失感に応じた期間だけ精神的に喪に服す過程を経て徐々に乗り越えるもの。それを安易に同じペットをもう一度手に入れることで解決しようとすると、飼い主はペットを飼い、失うことの意味を最後まで経験することができないままだ。いつまでもその壁を乗り越えられないまま、クローンのペットが死んだらまた同じクローンを手に入れる。ペットは何度も命を失うのに、飼い主がそれに見合った経験をできないまま、同じことを延々繰り返すことになってしまう。

 それは結局、お金を出せば何度でも手に入るものとしてペットの命をモノ化してしまうことになるし、その延長として、生命が人間のものも含めて軽視されていくことにも繋がってしまう。

2005.05.17

05/05/17の記録

ちょっと心配になってきたこと
 なんだか急に鼻水が止まらなくなってきた。また風邪ひいちゃったのかな…。
 でも頑張って今週乗り切らねば!

2005.05.16

05/05/16の記録

酔っぱらったよ~
 突発的に飲み会があったよぅ。うぃ~。
 なので、おやすみなさい…。
(しかし、そのお陰でやりたかったことが一日先延ばしになったことは忘れてはいけない)

あれれ!

 価格.comが大変なことになってる…。

2005.05.15

05/05/15の記録

勿体無かったこと
 サッカー観戦でスタジアムのある駅につくとパラパラと小雨が降っていたので、試合中に雨をしのげるように510円出してレインコートを買った。でも傘をさしてスタジアムに歩き着いてみるともうやんでいた。試合の後半に急に結構な雨が降ってきたけど、二階席に座っていたので屋根のおかげで濡れることは無かった。試合が終わって駅に向かう頃にはまたやんでいた。
 レインコート要らなかったな。

やってまいりました!

d050515.jpg
 日産スタジアムにて、これからマリノス対レッズです。

2005.05.14

05/05/14の記録

がんばったこと
 洗濯を二回もして、床屋にも行ったよ。今週は結構疲れたけど、それに流されて生活が乱れないようにしないといけないからね。

考え直したこと
 ちょうどNHK教育でロシアのアニメーション作家ノルシュテインさんが特集されていた。外套という作品をもう24年間もつくり続けて、物語の半分くらいまで進んだという。その出来たシーンを観ていて、デリケートな人物描写に圧倒された。予算と時間の限られたテレビアニメでは到底描けない細やかさに、作品づくりへの姿勢についてとても考えさせられた。ノルシュテインさんも経費には苦労してるのだろうけど。
 残念なのは、この番組に気付いたときにはすでに20分くらい経過してしまっていたこと。観始めたところからはDIGAに録画したけど、再放送があれば今度は見逃さないようにしなければ!

2005.05.13

05/05/13の記録

低下していること
 このところ3月並みの気温で、暖房をつけない部屋は寒々してるよ。活動も低下してるよ。
 あ、でも発熱の大きなHackにとっては低温はありがたいね。CPU発熱は室温に上積みするし、高熱になるほど冷却ファンうるさくなるから、寒い方が静かなのだ。

2005.05.12

05/05/12の記録

すっきりしたこと
 唐突に台所を掃除した。大抵は気が付いたときに中のところ(水のあたるへこんだ部分)だけ簡単に掃除するだけなんだけど、今日はステンレスの部分全体を拭き掃除。蛇口も綺麗にした。
 特にきっかけは無かったんだけどね。新品のようにとはいかないけど、それなりにピカピカになって良い気分です。

2005.05.11

05/05/11の記録

先が見えてきたこと
 ずっと続けているパソコン作業にやっと目処がついてきた。終るのはまだ少し先だけど、何とか来週くらいにはこの作業から開放されそうだ。もうひと頑張りだー!
 今月末くらいからはやりたいことにもっと力も入れられるはず。ほったらかしのアレやコレも進むはずっ!

2005.05.10

05/05/10の記録

反動が残ってること
 一時期気持ちが停滞していたけど色々やりたいことがはっきりしてきて、気持ちも盛り上がっている。でも連休中に終えられなかったパソコン作業のためにとにかく時間が無い。参った。
 やる気が萎えないうちに何とか時間を作りたいよぅ。

2005.05.09

05/05/09の記録

うまくいったこと
 連休明けで時間通りに起きられるかどうか心配だったけど、何故だか夜中に目が覚めてしまい、そのまま寝付けなかった。お陰で十分時間に余裕を持って出勤できましたよっ!(泣)

2005.05.08

05/05/08の記録

見つめなおしたこと
 出羽の郷さんというお相撲さんが入門から20年で関取になったという話をテレビで観て、やりたいことに中途半端に向き合っている自分でも、諦めずに、そしてもっと真剣に継続していけば何とかなるかなって勇気付けられた。
 今のぬるま湯的な生活をいつまでも続けられるわけでもないって分かっていても、やりたいことから少しずつ遠ざかっているようで、どんどん熱意が薄れていた。将来への不安をごまかし、そんな風に自分に嘘をついていた自分に気付かされた。

予想できた人はいないと思うこと
 先日予想したJリーグ10000ゴールは、何とこれがJリーグ初ゴールのガンバ大阪・前田雅文選手でした。誰も予想できなかったと思うなぁ。こんな結果になるなんて面白いね。

今日の落書き

 先日の続きで、穴の縁を丸めた。結局ラインフィットを駆使した線形状で縁の形状を作りブーリアンレンダリング。
d050508
(Shade7.5)
 この画像は形状確認用なので、前回と異なりすぐレンダリングが終わるスキャンライン。の割には被写界深度加工してるけど(笑)。
 特に表面材質に環境マッピングは設定していないのに背景が反射に反映されていてちょっとびっくり。前からそうだったっけ?

 ポリゴンメッシュにしたいんだけど、本体も穴も3次曲面でなおかつ分割数が異なるから、どう繋いだら良いのかまだ結論が出ていない。こちらにヒントになりそうな考察があるんだけど、ここで最終的に採ったライノセラスでの方法は、obj形式での出力時に連結部分の分割がどんどん細かくなっているみたいで、Shadeで同じようにやるには細かい擬似ポリゴンメッシュから接合部以外(穴の掛からない縦断面)を間引く方が良いのかななんて空想中。いずれにせよ手作業での修正は必要になるけど。

 ところで確かBASIC版だとZ値抽出が出来ないと思うんだけど、擬似的に実現出来る方法を偶然見つけた。まずは結果。これはポットをブーリアンモデリングしたものをレンダリング。ちゃんとZ値画像っぽくなってる。
d050508a

 こちらは本来のZ値抽出機能で得た画像。こうして比べると、背景部分の扱いが異なるし、色の濃さも若干違う。でも擬似方式もZ値抽出の使えないグレードの人にはまあまあ有効じゃないかな。
d050508b

 やり方は、以下の設定でワイヤーフレームレンダリングするだけ。線と陰線消去の塗りつぶしの色を同じにしてデプスキューを有効にするわけです。この例ではアンチエリアシングをオンにしているけど、ぼかし加工なんかで形状の縁を綺麗に後加工するためにはアンチエリアシングはオフのほうが良いのかな。
d050508z

2005.05.07

05/05/07の記録

悲しくなってきたこと
 結局今日もパソコン作業でつぶれた。段々とソフトの扱いにも慣れてきて効率は上がってきたけど、でも絶対的な処理量が多すぎる…。
 しかもこんなときに限って他にやりたいことがどんどこ浮かんできて集中力が散漫になりがち。たぶん作業に集中していると頭が活性化されて、他のことも色々思い付いちゃうんだろうけど。

2005.05.06

05/05/06の記録

呆気にとられたこと
 僕を訴えた人が突然引っ越したらしい。
 何か別のトラブルがあってもうここには住めないと考えたみたいだ。そのトラブルというのも本人の思い込みみたいで、難しい性格の人だったんだなぁと改めて思った。

 急なことで拍子抜けしちゃったけど、ともあれ、これで変な言い掛かりをつけてくる人が居なくなってホッとしたというのが正直な気持ち。

今日の落書き

 なんだか現実逃避気味に突然創り始めた。しなきゃいけないことの合間に気分転換に進めていきます。
 他にも未完成の作品があるんだけど、一応、色々考えながらやってます…。
d050506
(Shade7.5)
 横の穴はまだブーリアンレンダリングで開けただけ。これからポリゴンメッシュに変換して縁を丸めます。

2005.05.05

05/05/05の記録

歩かなかったこと
 三日間連続でウォーキングするつもりだったけど昨日の夜中に太ももが熱っぽくなって結構辛かったので、今日は大事をとった。それにしても情けないよなぁ。体力落ちまくりだ。

進まなかったこと
 パソコン作業も三日目。予定より大分遅れていて、元々連休中盤はこの作業に掛かりっきりになる覚悟だったけど、週末まで全て吹っ飛びそう…。こんな良い天気の三日間を部屋に閉じこもってがんばったというのに、なんかすごく悲しい。

食べなかったこと
 スーパーで柏餅の特売があったのに結局買わなかった…。

2005.05.04

ちょっとだけ

 遺族・被害者の横のつながりの会を作ろうとJR西日本に被害者の名簿を開示してくれるよう頼んだ人がいるそうだ。それに対してJR西日本はプライバシー保護を理由に拒否したとの事。
 これを報じたニュース番組が、JR西日本がいかにも冷たい対応をしているかのように論っているけど、この点に関してはJR西日本は間違ってない。マスコミの表面的な悪者叩きはホントに気分悪い。
 遺族の感情もJR西日本の責任も、注意深く見極めて公平に報じて欲しい。

05/05/04の記録

疲れたこと
 今日もまたパソコン作業。そして夕方からウォーキング。結構疲れたな。もう寝ます…。
 あ、Jリーグ10000ゴールはお預けになった。今日のJ1全試合のゴール数は、想定外の14点でした。今シーズン最小です。

Jリーグ10000ゴール予想!

 今、サッカーJリーグで、Jリーグ発足からの通算で10000ゴール目を決める選手を予想するキャンペーンをやっている。応募締め切りは先月末までだったけど、僕はうっかり応募するのを忘れてしまったので、ここで予想します。

 システムとしてはJ1リーグの試合を対象に、その通算10000ゴール目を誰が決めるのかを予想する簡単なもの。今シーズンの平均ゴール数はここの統計によると26.5点。そして残りゴール数が22なので、恐らく今日行われる今節の試合で決まるでしょう。今日、第10節の試合日程は午後2時からが2試合、3時からが2試合、4時からが4試合、7時からが1試合だから、4時からの4試合の中で決まる可能性が高い。
 4時からの試合は、

  • 大宮 vs 柏 埼玉

  • 千葉 vs 広島 市原

  • F東京 vs 鹿島 味スタ

  • 神戸 vs 浦和 神戸ウイ
となっている。この中で、今日のホーム側で今期に得点が多いのは千葉だから、チーム内で最も得点している巻誠一郎選手が10000ゴールに最も有力と考えられます。
 その他の10000ゴール候補としては、この8チームでの得点ランキングから、大宮のクリスティアン選手、鹿島の小笠原選手、アレックス・ミネイロ選手、千葉の阿部選手も可能性が高そうだね。

 この予想、どうかな?

2005.05.03

05/05/03の記録

発見した面白いこと
 連休中盤に突入したんだけど、昼間ずっと頼まれごとのパソコン作業をしていた。で、夜ウォーキングをしていて、道路の白線の上を歩くのが結構面白いと思った。
 日曜日にサンデースポーツで子どもの体力低下が取り上げられていて、その中で家庭でもできる簡単な運動として適当に伸ばした紐の上を歩くことが紹介されていたのを、歩きながら思い出したのだ。それで、エアロビクスとしてのウォーキング中でも、白線の上を歩けば同じような効果があるんじゃないかと試してみたわけです。
 心拍計を付けてウォーキングしているので、その設定範囲内で歩くためにはそれなりにスピードがないと駄目。そんな条件付でやってみると、難しいというほどではないけど、集中していないとバランスを崩してしまう程度にはやり甲斐があって面白いのです。
 ただ、白線に集中するかわりに普通にウォーキングしているときより周囲への注意力が低下するので、ちょっとでも障害があればすぐにやめないと危険。住宅街を歩いているので車の往来はそんなに多くないけど、それでも全くないわけではないし自転車も走ってる。そういったものが傍を走り抜けているときに白線歩きをしていてバランスを崩してよろけると危ない。白線歩きは飽くまでもおまけなのでこだわり過ぎない様にしないとね。
 で、実際にやってみたら、普段意識しないももの付け根から腰回りにかけての筋肉が使われている感じがする。面白いね。

LIBERTY WINGS/布袋寅泰

 IDENTITYに続く今シーズンのシングル第二弾がLIBERTY WINGS。レコードみたいな紙パッケージ仕様のジャケットは表がデビルマン、裏がキューティーハニーの永井豪さんのイラスト。LIBERTY WINGSとPUSSY CATという曲に合わせた配役だと思う(笑)。

続きを読む "LIBERTY WINGS/布袋寅泰" »

2005.05.02

05/05/02の記録

早起きだったこと
 三連休で睡眠をしっかりとった効果か、とても早く起きた。でも果たして健全といえるかどうかはちょっと疑問だけど(笑)。
 でもそのお陰で、ゆとり持って連休の谷間で空いた通勤電車に乗って出勤できた。朝から時間に余裕があると、何事にも大らかに取り組むことができて良いね。
 ただ、帰ってきてごく軽く夕食を済ませたらすぐ寝入ってしまった。昨日まではこの時間に寝ることは無かったから早起きの影響だろうか。何というか、生活のリズムがちぐはぐのような気がしないでもない…。

MSGSD 気になること

(MSGSD=機動戦士ガンダムSEED DESTINY)
 なんか目が冴えてきちゃったので、前から観ていて気になってることをここで訴えます(笑)。

msgsd_pc1
 この場面に2台あるノートPCの奥の方、よく見かける艦長が使っている機種だけど、この透明なディスプレー(恐らく実体の無い空間投影)が実用的とはとても思えないのです。向こう側が透けて、とても見辛いんじゃないかな。
 現代のパソコン画面にも半透明オブジェクト(アイコン、ツールバーや補助的なウィンドウなど)はあるから、その延長でディスプレーそのものが透過しても差し支えないという制作側の判断かもしれないけど、現代のそれは飽くまでも透けて見えることが便利だからであって、何でもかんでも半透明で良い訳じゃない。主要なオブジェクト(ウィンドウ)は不透明にした方が便利なはず。
 だから、もし劇中にこの手のディスプレーを出したいとしても、メインウィンドウはかなり濃く描写した方が良いと思う。こんな風に。
msgsd_pc2

夢を見て、考えたこと

 ピエロたちが、素顔に戻って寛げるところにしよう。
 そしてこころから笑えるところ、泣けるところ、怒れるところ、喜べるところにしよう。

 そしてまた、そのピエロ姿を見せてくれるところにしよう。ピエロの化粧もその人にとって大切な素顔の一部だから。

2005.05.01

05/05/01の記録

テレビ雑感
 昨日まででDIGAの整理が終わったので、録っておきながら見損ねているNHK・義経の15、16話を昼間立て続けに観て、なおかつ夜17話の放送を観た。大河ドラマは前作の新選組!から観るようになったんだけど、歴史ものもなかなか面白いと感じているところ。次作は仲間由紀恵さんが主演だそうだから来年もまた観るようになるかな。
 義経は新選組!より時代が遡り平安から鎌倉に政治が移る頃だ。だから出てくる言葉が古めかしいんだけど、その奥ゆかしさや多様な言い回しがとても美しくて魅力的。今の僕にそういう言い方はもちろんできないけど、もしかするとテレビを観るだけじゃなく、文学に触れることで少しは洗練されてくるかななんて思った。もう長いこと小説なんて読んでないなぁ。

 昼間、義経を観る合間に洗濯物を干したりしてたんだけど、そのためにDIGAを止めているときにテレビで流れていたのが四国の旧・中島町に歌手の坂本冬実さんを呼ぶドキュメンタリー。中島町が町村合併で無くなるので、その前に町民を励ますために、十何年か前にデビューして数年の若手だった坂本さんにイベントで歌ってもらった縁を元に、もう一度来てもらうと言う記録だ。坂本さんにとっても歌う意味を求めて悩んでいた時期で、その自分の歌というものを見つめ直す機会になったというドキュメンタリーを見ていて、その場面場面にこちらも何度も涙が出てきてしまった。
 自分のこころの支えになっている好きな歌を目の前で歌ってもらえる、人の支えになることで自分も支えられる、そんな関係性の前では打算や欲も吹き飛んで、その瞬間は純粋になれるものなんだなぁと感じた。

 ちびまる子ちゃんの二話目の鳩笛の話は、以前にも書いたようなこころに染みてくるものだった。まる子の感受性の強さが最大限発揮されたエピソード。たまにこういう話に当たるから見逃せなくなってるんだよなぁ。

 何気なくチャンネルが合った堂本兄弟はライブ特番で、色んな曲のメドレーをみんなで演奏して歌っていた。その様子がほんとうに楽しそうで、難しいことを考えずに音楽に触れるのも良いなぁなんて思った。というか、難しくてもいいんだけど(笑)、僕自身、昨年の第九演奏会以来全然音楽をやってない。カラオケすら行ってないか。
 先日書いた、アナログの絵とも重なるけど、バーチャルじゃないリアルな創造活動に飢えてるのかな。CG作成がバーチャルかというとその行為はまあ違うけど、でも絵筆を握る感触、楽器を扱う・歌を歌う感触とはやっぱり比べられるものではないかな。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

最近の写真