+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の32件の記事

2006.08.31

ナカナカムツカシイ

 いつでも大らかで優しくありたいと思うけど、辛いことや切ないことがあるとどうしても気持ちに余裕がなくなってしまう。じっと押し黙っているのが精一杯。
 いつもニコニコしていられたらいいのにな。

僕を傷つけたことば

 付き合っていた人に「私は誰のものでもない」って言われたときに、僕はすごく傷ついた。
 「私はあなたのもの」って言われたかったわけではないけど、少なくとも他の人よりは強い結びつきだと思っていたから、全然差がないなんて。それで付き合っていることになるの? って悲しくなった。僕は特別じゃないの? って悲しくなった。

 僕が傷ついたのは、これ一つではなかった。あの頃ぐっと堪えていたから、できた傷の二割くらいしか言わなかった。好きだったから。

 別に謝って欲しいわけじゃないけど、僕だってたくさん傷ついていたことを知って欲しかった。そして、まだふとしたきっかけで傷跡から血がにじんで痛むことを。

2006.08.30

NATURAのピント合わせ

 NATURA NSを買ってフィルムを4本ほど消費しました。そして現像されたのを見て思ったんだけど、一眼レフやデジカメに慣れていると、NATURAのようなフィルム・コンパクト・カメラのピント合わせって難しい。

 NATURAには遠景モードというのがあるから、風景などはピシッと撮れます。これに関しては、もう完全に信頼しています。
 でも、近いもの(5m以内)を撮った写真を見ると、微妙に撮影意図と異なる所にピントが来ているものが結構ある。下の写真(クリックすると大きく表示します)では、確かすだち(?)か鯛にフォーカス・ロックして撮ったつもりなのに、お皿の奥側の縁あたりにピントが合ってます。これは近接撮影なのでもしかすると撮影限界なのかもしれないけど、人物を撮ったものでも、こんな感じに思ったところと違う場所にピントが来てるものがありました。
お刺身[NATURA NS, NATURA1600]

 NATURA NSは暗い場所では絞りがF2.8まで開くので、撮影対象が近いとその前後はかなりボケます。それは立体感のある写真になるので表現としては良いんだけど、それだけピント合わせがシビアになるのです。このコツを掴むには沢山撮るしかないんだろうなぁ。
 開発中のクラッセIIならマニュアル・フォーカスができるはずだから、対象までの距離が分かっているときにはNATURAより失敗が減るはず。早く出て欲しいな。

 ちなみにNATURA BLOGのこの記事の後半、内田さんという人がNATURAのピント合わせの仕組みを解説しています。
NATURAは暗いところでも撮れるという性格上、赤外線で距離を測定する方法を採用している訳だけど、対象が斜めを向いていたりするとちゃんと赤外線が返って来ないんじゃないかと素人考えでは心配になります。そのあたりはどうなんだろう。
 あと、ファインダーのAFフレームを被写体が満たせばピントは合うと説明書に書いてあるけど、AFフレームギリギリの大きさのものだとダメなんだろうか。遠目の人物写真なんかで、顔がAFフレームと同じくらいのものが結構あったんだけど、それらはピントに関してはあまり良い結果は得られなかった。難しいねぇ。

2006.08.29

NATURA NSで撮ったよ

 NATURA NSにNATURA1600フィルムを入れて撮りました。クリックすると大きく表示します。
夕方の駅ビル[NATURA NS,NATURA1600]
 夕方の空の色と壁の明かりの対比がきれい。

ネオン[NATURA NS,NATURA1600]
 怪しげなネオン・サイン。

2006.08.28

なかなか大変だ~

 金曜から京都に行っていたのはある勉強会があったからで、観光できたのは金曜日の午後だけだった。土曜、日曜は会合の参加者兼スタッフだったので、動き回っていました。
 でもそれは僕が好きでやっていることなので、体力的にはきつかったけどすごく充実した時間を過ごせた。体力に関しては、金曜、土曜ともホテルの部屋に戻ってから仲間と日付が変わる時間までバーでお酒を飲んだりしなければ、もっと余裕があったと思うけど(笑)。

 そして今日からまたいつも通り。京都でいい時間を過ごせた分だけ、いきなり灰色の世界に引き戻された感じがして、いきいきした気分になれない。精神面を元に戻すのが大変そうだな…。

2006.08.27

帰ってきました

 結局余裕が無くて、更新できませんでした。あとで、撮ってきた写真などを少し載せようと思います。
 もう、今晩はばたんきゅーです。

 それにしても噂どおり夏の京都は暑かった。しかも夕立もすごかった…。

2006.08.24

お知らせ

 25日から27日にかけて用事で関西地方に出掛けます。
 その間、ここは携帯電話で更新するつもりですが、多分コメントは書けないと思います。

たまたま見かけ[nudio]

2006.08.23

ちょっぴり自信

 ホントにこのところ自分に自信が持てない日々が続いていた。
 でもうめみさんが何度も励ましてくれたので、落ち込んでも挫けずにいられた。

 そんな気分でいたところ昨日、NYSさんがホントに久しぶりにここにコメントを残してくれた。NYSさんとはずっと以前にネットで仲良くなり、掲示板やチャットなどで随分お喋りをしました。でもご自身の事情で数年前にネット活動を休止されていました。それが僕がココログを始めるよりずっと前のはなし。
 あの頃の僕は今より前向きに、誰とも仲良くできていました。NYSさんが再び僕たちの前に現れてコメントを残してくれたのは、その頃の僕(たち)の振る舞い方が間違ってなかったんだなって、ちょっぴり自信が持てた。

2006.08.22

うまい具合に解決

 先週、2件ほど通信販売を利用した。その配達が今日あたりになっていたんだけど、用事ができて少し遅く帰ったら1件の不在連絡票が残っていた。明日以降も用事があって帰りが遅くなりそうだし今度の週末は遠出する事になっているので、できれば今日のうちに受け取っておきたいと思い、不在連絡表の分については宅配の人には遅くまで仕事させてしまって申し訳ないけど今晩の8時以降の再配達をお願いした。
 不在票の無かったもう1件はどうしようかなぁと悩みながら待っていると、9時過ぎに宅配がやってきた。玄関口でおじさんが「3個口になります」って言うので、頭の中で「え?」と思いながら荷物を受け取ると、うまい具合にもう1件も同じ宅配便を利用していて、それもまとめて届けてくれたのだった。しかも、郵便で届くと思っていた別件の書類も一緒で、それで3個口になったのでした。
 今日受け取れなかったらどうしようかなぁって悩んでたのが、一気に解決できてよかった。

2006.08.21

失われていなかった

 先日実家へ帰る時、久しぶりに電車の中で本を読もうと思い、本屋に立ち寄って目にとまった文芸ものの文庫本を買った。

 久しぶりというのは、僕の通勤が時間が長くない割りに乗り換えが多いので、本を読むにはあまり向いてなくて、いつの間にか通勤時間に読書をしなくなったからです。しかも最近は文芸ものは全く読んでなくて、解説書の類しか目にしていませんでした。
 それで、果たして今の自分に文芸を味わう能力が残っているだろうかとちょっと不安になっていたので、せっかくの長い時間電車に乗る機会に(と言っても1時間くらいだけど)、じっくり読書しようと思ったわけです。

 結果(という言い方も変だけど)としては、ちゃんと読めた。描かれている情景や登場人物の心境を想像することができたし、買ったのは短編集だったけど、その一編毎にそれなりの読後感を味わうことができた。テレビでも映画でもネットでもない掌の中の活字の世界に浸れて、ちょっぴり幸せになった気がした。

2006.08.20

NATURA用ストラップが届いた

 先日買ったNATURA NSにはもちろんストラップが付属しているんだけど、もうちょっと味のあるものの方がこのカメラには合ってる気がします。そこで、よく読んでいる写真専門誌カメラ日和オリジナル・ストラップを買いました。

 どんなものであれ、ストラップが無いままだと実際に使っていてとても不安になるので、やっとこれで安心して持ち歩けます。

NATURA NSに付けたカメラ日和オリジナル・ストラップ[PowerShot A70]
 NATURAに取り付けた様子。色はチャコール(こげ茶)を選びました。

 NATURAはとても軽いカメラなので、はっきり言って肩当ては要らないんだけど、でもそれも含めてデザインされていると思うし、傷つけずに外したりまた付けたりするのが大変そうなのでこのままにしておきます。長さ調節が可能で最長100cmとのことだけど、僕は2番目に短い状態にしました。余った部分がだいぶ長いので、しばらく使ってこの長さでいいと思ったら余分は切るつもりです。

カメラ日和オリジナル・ストラップの肩当[PowerShot A70]
 肩当てにはこんな風にcamera biyoriと型押しされています。

2006.08.19

小学校に行ってきた

 ホンの半日ほど実家に帰った(笑)。
 いつもは夜帰って適当に一、二泊してお昼頃にアパートに戻るんだけど、今日は日中に帰ったので、20年以上ぶりに卒業した小学校まで散歩してみた。
 散歩といってもあの頃の小学生の足で片道40分以上掛かったし、今日もあちこちデジカメで撮りながら歩いたのでやっぱり片道50分くらい掛かった。ちなみに現在は実家の近くに新しい小学校ができているので、今通うとしたらその新しい方になります。

 で、その風景を数枚ほど。どれもクリックすると大きく表示します。

鉄塔のある典型的風景[PowerShot A70]
 僕のいなかは「鉄塔の町」としてテレビでちょっぴり紹介されたくらい、たくさんの鉄塔が建っています。

たんぼ[PowerShot A70]
 見渡す限りのたんぼ。小学生の頃は毎日こんなところを延々歩いていたのです。

小学校[PowerShot A70]
 ここが卒業した小学校。僕が4年生の頃に木造からこの鉄筋校舎に建て変わりました。
 カメラの左手後方に遊具のある空間があり、さらに背後にまた野球場が取れるほどの敷地があります(当時はそちらで運動会をしていた)。校庭がとても広いのです。ただし当時とは敷地内の様子はすっかり変わり、小奇麗に整備されてました。

2006.08.18

未公開写真などなど

 今日は突然新しい仕事を振られて、すごく集中力を使った。結構頑張った。

 そのせいという訳でもないけど、ここに書くことが思い浮かばないので、以前撮った写真を載せます。記事のタイトルを『未公開写真』にしてるけど、今までに公開してるのはホンの一部なのでどれを出しても大抵は未公開です(笑)。
 こういうときのタイトルとして何か気が利いた言葉を考えておこう…。

(すべてクリックすると少し大きく表示します)
街角[EOS7, EF50mmF1.8II, Av, F2.8, 1/45s, -1/2, TREBI 100C]

カフェの前を歩く人[EOS7, EF50mmF1.8II, Av, F2.0, 1/20s, -1/2, TREBI 100C]

オレンジ色[EOS7, EF50mmF1.8II, Av, F2.0, 1/180s, TREBI 100C]

後悔

 そもそも大して良い事の無かった僕の人生だけど、それでもやっぱり4年位前が一番のピークだった気がする。後はもう、野垂れ死にに向かって緩やかに朽ちていくだけ。
 あの頃に、しがみついてでも幸せ的なものを掴み取っておけばよかった。そうすればこうして毎晩絶望的な気持ちにならずに済んでいるような気がする。

 絶望って、望みが絶えるって書くんだね。昔の人はこんな言葉を作り出せてすごいな。

 望みが絶えたまま生き続けなきゃいけないなんて、神様は僕をどこまでいじめれば気が済むんだろう。僕は何か悪いことをしたんだろうか。

2006.08.17

献血して焦ったこと

 11ヶ月ぶりに献血してきた。それ自体はもう慣れたものだからどうという事は無いんだけど、終了後1時間ほど貼っておくように言われた献血した方の腕のテープが献血ルームを出る時にはがれかけて焦った。
 帰りにスーパーで買い物をしている時にはもう、取れかけてはつけるのを繰り返していた。結局家に帰り着いたら取っちゃったんだけど、まだ献血が終って30分くらいしか経っていなかった。でももう針跡は塞がっていたから結果としては問題なかった。
血の跡がついた綿とテープの写真
 今まで半袖の季節の献血は避けていたから分からなかったけど、このテープは汗に弱いみたいだね。初めて知った。

2006.08.16

バタン

キュー

 テレビでサッカーの試合を観て、そのまま気を失ったように寝てしまった…。

2006.08.15

仕事を抱え込みすぎたら

 僕の仕事は、あちこちの部署の事務処理をパソコンを使って合理化するシステム作り(の真似事)なんだけど、常にいくつかの作業を抱えた状態になってる。
 そうすると、どこから手をつけたらいいか分からなくなったり、作業漏れが起こるんじゃないかと心配になったりする。ストレスの原因だ。
 今日ネットを散策していたら、そういう状況に向いてる仕事術(?)を解説したページを見つけた。簡単にまとめると、ToDoリストを上手に分類し、なおかつ柔軟に処理することで、仕事を抱えたモヤモヤ感を解消しようというものらしい。
 しばらくこの方法でやることを整理していこうと思う。うまく使えそうだったら、また詳しく書くことにします。

東京の大停電

 きっと都民の大多数の人が書いてるだろうから僕は書かないつもりだったけど、やっぱり触れておきます(笑)。
 僕の住んでいるところはうまい具合に停電の範囲から外れたようで、朝の支度をしている最中にラジオのニュースでこのことを知りました(つまり停電しなかった)。ラジオから流れる交通情報でもどうやら通勤に使っている路線は動いているようだったので普通に家を出ました。実際、一度も足止めされずに全部の路線に乗り継げました(最後の路線は、たまたま僕が乗る時間に動き出したみたいだったけど)。
 つまり僕自身に限って言えば、23区内に住み23区内に勤めているけど、停電の影響を全然受けませんでした。

2006.08.14

憂うつには結婚が効果的

リンク: @nifty:NEWS@nifty:憂うつには結婚が効果的=米研究(ロイター)
 こんなニュース・トピックが目にとまった。

 結婚が精神衛生を促進させ、特に憂うつな気持ちの人には結婚がより効果的であることが、米国の研究で明らかになった。
(中略)
ウィリアムズ助教授は「憂うつな人は、特に、結婚によってもたらされる親密な関係や社会的支援への必要性が強いのかもしれない」と分析している。

 う~ん、僕自身もし結婚できたら人生が何倍も楽しくなるだろうなぁって思う(笑)。

 あの人はもう結婚したかな…。

2006.08.13

攻殻機動隊S.A.C.meets NISSAN

 銀座の日産ギャラリーで『攻殻機動隊S.A.C.meets NISSAN』という企画展示をしているので観てきました。
 新作のSFアニメ『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society』に日産のコンセプト・カー(自動車ショーなどに参考出展している、販売されていないいわゆる未来カー)が登場します。そこで日産ギャラリーで、劇中にコンセプト・カーが使われる様子とその実物を展示しているというわけです。
(全ての画像はクリックすると少し大きく表示します)

 劇中ではスポーツ・タイプと高級車(?)の二種のコンセプト・カーが使われています。ギャラリーではそのうちのスポーツ・タイプが展示されていました。はっきり言って僕は車のことはよく分からないけど、3ドア車なので一見コンパクト・カーっぽいけど、近づいてみると大振りで力強い感じを受けました。

ギャラリーの窓に施されたディスプレー[PowerShot A70]
 通りに面した窓がこんな風に装飾されていました。

スポーツコンセプト正面[PowerShot A70]
 FF車なのでボンネットに力強さを秘めた感じがします。バンパー下部の造形が市販車にない雰囲気ですね。

スポーツコンセプト後面[PowerShot A70]
 後部ライトの造形に刺激されて、劇中でも凝った演出がされるようです。バンパー下部の処理が前面と関連づけられていますね。

スポーツコンセプト側面[PowerShot A70]
 フロント・フェンダーとドアの境界やドア・ミラーの支柱などに、アクセントとして銀色が使われています。ドアノブの造形が面白い。極端な扁平タイヤがスポーツ・カーであることを物語っています。

解説展示1[PowerShot A70]
 ギャラリー内にはこのようにケースに入れられた資料展示もありました。ケースのデザインもアニメの世界観に沿ったものです。

解説展示2 スポーツコンセプト[PowerShot A70]
 写り込みが強くて見辛いけど、スポーツコンセプトが劇中で使われているカットの資料です。

解説展示3 クラーザ[PowerShot A70]
 もう一つのコンセプト・カー「クラーザ」のカット資料。

解説展示4 カーデザイン資料[PowerShot A70]
 これはアニメ資料ではなく、スポーツコンセプトのデザイン資料。

参考ウェブ・ページ
日産ギャラリーの企画解説
この展示の紹介記事

2006.08.12

ひさびさの埼玉スタジアム

ひさびさの埼玉スタジアム

今日も来ましたよ〜!

23:00追記
 なんと三都主選手の2得点などで、浦和が4-0で勝ちました。FC東京は退場者が出てからは浦和の攻撃に堪えきれなくなったようです。

2006.08.11

人選びについての素朴な疑問

 今ニュースになっている女性監禁事件や、彼女や奥さんに暴力を振るったり、家庭を顧みずに家族に辛い思いをさせて自分だけ好きに振る舞っている男性が話題になる度に思うことがあります。
 結果的に被害に遭う弱い立場の人は可哀想だし、そんな目に遭わせる人を許せない気持ちになります。だけど同時に、どうしてそういうひどい人と一緒になろうとする人がいるのか不思議に思うのです。
 少し付き合えば、そういう暴力的かどうかとか自分勝手そうかとか分かりそうなものだけど。それでもお金持ちだったり格好良ければいいという判断なんだろうか。
 多少の問題点は誰にだってあるわけだから、少しくらいのことは気にしないとか、それを補って余りある魅力があるとかいうことなら理解できる。でも事件になったり話題になるケースは、そんなレベルじゃないひどい人でしょう?

 周りをよく見れば、地味でも真面目で優しい人はたくさんいるのに。

2006.08.10

NATURA NSやっと買いました

 ジャーン!
NATURA NS買いました[PowerShot A70]

 前々から欲しいと書いてきたコンパクト・フィルム・カメラのNATURA NSをやっと買いました。

 一眼レフカメラでじっくり撮影するのもとても面白いんだけど、暗がりに強いこのコンパクト・カメラで色んな場所や物を気軽に撮っていけたらいいな。

2006.08.09

失敗エッグ

 お弁当用として毎朝ゆで卵を作るんだけど、たまーにゆでてる時に割れてしまいます。今朝は特に派手でした(笑)。
 でもはみ出した部分を取って、キッチンペーパーで包んで持参して、お昼にちゃんと食べました。

割れたゆで卵[PowerShot A70]

2006.08.08

相当酔ってたな

 みなさん、残暑お見舞い申し上げます。

 ところで昨日のブログ、こんなこと書いてたなんて覚えてない(笑)。

2006.08.07

頭がボー

 飲みすぎました。眠すぎです。

2006.08.06

入力期間

 先日の人前での演奏は僕にとってはなかなかの出力(アウトプット)だった。譜面通りにギターを弾いて少し歌うだけだったけど、そのために要した集中力は結構なものだったみたい。
 なので、当面はその反対に入力期間(インプット)にしようと思う。本や映画や音楽に触れて、空っぽになった内面を何かで満たさないと、次の出力ができないから。

2006.08.05

結果が出ました

 先日二点ほど投稿した写真は、一つずつ掲載、非掲載という結果になりました。まず掲載された方から。

『見上げれば』
見上げれば[EOS7, EF50mmf1.8II, Av, f5.6, 1/90s, センシアIII]
 渋谷で空を見上げたときに、賑やかな街と対照的な月が目にとまりました。
 投稿したサイトに掲載されると、プロの写真家の先生から簡単なコメントがもらえます。ほんの二言三言だけど、嬉しいものです。ここに転載できないのが残念だけど。

 次は非掲載だった方。

『寒い中でも』
寒い中でも[EOS7, EF50mmf1.8II, Av, f1.8, 1/750s, センシアIII]
 冬場に人気のない神社で、寒い中で小さな芽らしいものが出てきてる様子を撮りました。
 悪くないできだと思うので、非掲載だったのは、投稿したジャンルが適切じゃなかったからかなぁ(笑)。

2006.08.04

暑い…

 リュック型のかばんで通勤してるんだけど、ちょっと歩いただけで背中が汗びっしょりになっちゃう…

2006.08.03

新しい靴はいいね

 もうひと月くらい前から、一日の終わりにはすごく足の裏がだるくなってきていた。経験的に、これは靴底、特に踵のところがたくさん磨り減るとこうなることが分かってた。
 でも色や形が気に入っていたのでなかなか買い換える気にならなかったんだけど、さすがに足が辛くなってきたので、諦めて新しい靴を買っておいた。
 今日これを履いていたんだけど、やっぱり新しい靴は足の疲れが全然違う。これからは出かけるのが少し楽しくなるよ。

2006.08.02

おとこの涙

 亀田興毅選手のボクシングの試合をテレビで観た。僕は、挑発的で大変な自信家ぶりのところばかりが目立つ亀田選手に、人間的にすごく関心があるのです。
 試合は最終ラウンドまで続き、最終的には判定で亀田選手が勝ったんだけど、僕は観ていて正直どちらが勝ちでもおかしくない試合だと思った。序盤と最終盤は相手のランダエタ選手有利、中盤は亀田選手有利と感じた。

 判定で亀田選手の勝利がアナウンスされた瞬間、全く予想しない光景が映し出された。亀田選手が理性の糸が途切れたように泣き出した。それを見て僕は、この選手は本当にギリギリの精神状態で頑張ってきたんだなぁって思った。
 ひと月ほど前に、同じように泣いたのがサッカーの中田英寿選手。中田選手が人前で泣くなんて誰も想像していなかったに違いないけど、ブラジルに負けたときに、中田選手は張り詰めたこころの糸が切れて、やはり泣いたのだった。
 亀田選手は勝ち、中田選手は負けて泣いたけど、限界まで自分を追い詰めてた、その緊張感から開放されたときに、そういう反動が起こるのだと思う。そうすることでこころのバランスが保たれるのだし、それが健全なのだろう。

 僕はこんな風に自分を厳しく追い込んだことがないから、そういう涙を流せる二人が羨ましかった。

2006.08.01

やり遂げた~

 今日は人前でのギター演奏の本番だった。結果としては軽いミスは出てしまったけど、全体的には満足できる内容になった。
 今回は、悔いが残らないようにひたすら練習したからか、達成感と充実感が残った。面倒くさがりな僕は、いつも全力を尽くさずに後悔してばかりだから、短期間とは言えそういう自分の悪いところを改めることができたみたいでとってもうれしい。
 ぐずぐず言ってばかりで何もしないより、とにかく一生懸命頑張る方がこころにいい印象が残って健康的だね!

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近の写真