+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の31件の記事

2006.10.31

ヒヤヒヤした

 今日は月末~。
 でもなかなか伝票を出してくれない人がいて、月末の締めの処理が進められずにヒヤヒヤした。ほんと、そういうのやめて欲しいよ。本人に悪気が無いのが逆に始末におえない…。
 最終的には何とかだしてもらったので、時間内に締めの書類を出すことができたけど、余計な気苦労をしてしまって参った参った。

2006.10.30

ドラマの良いところが出たかな

 予告によるとどうやら次は原作Lesson9のエピソードが中心になるみたいだなぁ。
 ということで今晩のフジテレビ『のだめカンタービレ』は、原作マンガではLessonn9よりずっと先のLesson12から16の途中あたりまでだった。ただしLesson13は完全にカット(次回に取り込まれるかな?)。

 その中でも、コントラバスのちっちゃな女の子(佐久桜)のビンボー・エピソードがメインでした。内容・セリフとも殆ど原作マンガ通りだったけど、マンガで桜ちゃんの家に訪ねるのはのだめと千秋だけ。ドラマでは峰と真澄ちゃんが加わり4人で押し掛けたけど、このアレンジは原作以上に効果的だと思った。
 マンガで千秋が父親に言うセリフを峰や真澄ちゃんにうまく振り分けて、ドラマらしく分かり易く消化できていた。

 逆に、冒頭でSオケを指揮する千秋にシュトレーゼマンがダメ出しして振り直すところは、セリフが説明的でくどい気がした。ほぼ原作マンガ通りだったんだけど、マンガではもっとサラッと描写して、それでいて千秋とシュトレーゼマンの力量の差がくっきり浮かび上がる様子が伝わってきた。
 でもマンガは音が出ないので漠然としてたけど、今日のドラマでSオケがどれほどひどいかよ~く分かって良かった(笑)。

 やっぱりドラマはドラマ。原作はどんなにコメディがドタバタであろうとも無理矢理くくれば少女マンガだと思うし、その少女マンガらしい繊細な描写が大きな魅力だと思っている。でもドラマの方はそれよりは万人に受け入れられる分かり易さが優先されている感じを受ける。それはつくり手の目的の違いであり、優劣とは別なのだ。

 ところで、のだめの千秋に対するラブラブ・アプローチ(と言うか、原作ではもうこの頃は一緒にいて当然?)が物足りないと思うのは僕だけ?

2006.10.29

なんだか嬉しいね~

 今日のNHK『巧妙が辻』で家康が関が原に臨む直前に開かれた小山評定という会議。この舞台になった小山市とこの時に山内一豊が宿泊したと言われる古河市は、僕の故郷のすぐ近く!
 今は都内に住んでるから、よく身近な場所がテレビで取り上げられるけど、実家の辺りは大して特徴もない田舎だからテレビに出ることなんかない。それがこういう形で出てくると、ちょっとくすぐったいね。

2006.10.28

地味な一日

 僕はとっても面倒くさがりなんだけど、今日はなぜか休みなのに気持ちがしゃっきりして、DIGAの中身を整理してDVD-RAMに移したり、溜まりに溜まった家計簿をつけたりして過ごした。天気がもっとよければ、洗濯物も完全に乾いただろうけど、今は微妙に生乾きで部屋の中にあります(苦笑)。
 お陰ですごく気分がいい。でも客観的に見るととても地味な一日。

2006.10.27

1チップMSXがグレード・アップ

 復活して注文受け付けが始まっている1チップMSXの仕様が変わった。
 価格据置でメモリーが256KBから1MBになった。パッと見ると値段を変えずに容量が4倍になってすごいように見えるけど、単位がとても小さいです。ざっと言って今時のパソコンの1/1,024程度しかありません(笑)。
 それだけ昔のパソコンは小容量で動いていたということですね。そんな今から見れば微々たる量のメモリーですから、たとえ4倍になってもコストに殆ど差がないのでしょう。
 ともあれ、仕様が向上するのはうれしいこと。これからもこういう変更が予定されているようだから楽しみです。

2006.10.26

あらら~負けちゃった

 隠れ中日ファンとしては、せめて一勝はして名古屋に戻って欲しかったな~。
 でも、日ハムには勢いがあったから、妥当な結果とも言える。二敗、三敗と立て続けに負けて、中日の選手に気負いが生まれていたのかもしれないね。それに対して日ハムの選手は勝つたびに余計な力が抜けて、良い集中力を発揮できたんだと思う。
 ここはひとつ、日ハムの優勝を素直に賞賛して、日ハム製品のセールに期待しよう!(笑)

2006.10.25

音が大きいとよく聴こえる

 先日の真依子さんのライブで、家庭用オーディオ機器で大きな音で音楽を聴くという体験をしたときに、あれ、CDってこうだったかな? と思うところがいくつかあった。
 歌と箏は生演奏だから違いがあっても当然だけど、全体的にリバーブ(残響音)がたっぷりして聴こえたし、今まで気が付かなかった他の楽器のフレーズも聴こえた。
 あと開演前に、備え付けのヘッドフォンでケンウッドのデジタル・プレーヤーの試聴もしたんだけど、この時も普段より大きな音で聴いたので、特にリバーブが多く感じた。

 僕が通勤時にデジタル・プレーヤーで音楽を聴くときは、耳を傷めないように音量を控えめにしてます。部屋でも近所迷惑(特にアパートの隣室)を気にして、スピーカーの音をあまり大きくしませんでした。でも、この体験をして以来、今までより少し大きめにすることにしました。

 すると、それだけで音楽の細部がよりはっきり!
 当たり前のことだけど、音を大きくするとよく聴こえます。演奏のニュアンスや背後に隠れたフレーズもより汲み取ることができます。そのことに改めて気付かされました。

 これからは、耳を傷めないように、難聴にならないように、そして周りに迷惑をかけない程度に大きな音で音楽を楽しもうと思う。

2006.10.24

ビジネス誌だけどやっぱりアスキーだった

 8月号で休刊した月刊アスキーが、リボーンして帰ってきた。

 コンピューター総合誌だった月刊アスキーは、休刊前は広告ページもどんどん減り、しかも製品情報などは月刊誌ゆえネットに大きく遅れをとり、目先のハードスペックやトレンドだけにとらわれない読み応えのある記事に魅力を感じつつも、かなり苦しい状況なのが痛いほど伝わってきた。だから休刊というのも仕方ないと思った。
 僕にとっては、学生の頃からコンピューター全般の情報が得られる正統的な雑誌として親しんでいたので、残念だったけど。

 その月刊アスキーがパソコン雑誌を卒業して、果たしてどんな感じになったのか、実際に買ってみた。ら、確かにビジネス雑誌になってた。
 でもいわゆる「できる男は~」的なものでなく、ブログ感度ランキングや番号ポータビリティをじっくり掘り下げた記事(ソフトバンクの突然の料金プラン発表にはさすがに対応してないけど)、IT関連の主要人物インタビューやIT教育(アラン・ケイが日本の子どもたちに特別授業!)、デジタル・ツールを使った仕事術など、アスキーらしい切り口で、読んでいてパソコン誌に触れているときと同じ知的興奮が得られて、安心した。

 僕はいわゆるビジネスとは縁遠くのん気に過ごしてるけど、このビジネス誌・月刊アスキーなら楽しめそうだな。

2006.10.23

あぶないあぶない

 危うく今晩ものだめの一気読みをするところだった。原作マンガの3巻まで読んだところで我に返った…。

 原作と比べると大分ストーリーのシャッフルが進んできたけど、今晩のドラマ『のだめカンタービレ』は大体マンガのLesson4~6(第1巻の後半)辺りが中心だった。特に峰のヴァイオリン試験のエピソードは、出てくるギャグも含めてほぼ原作通りだったなぁ。慣れてきたせいか、前回よりは違和感は感じなくなってきた。
 ただ、真澄ちゃんが千秋にいいところを見せようとしてオケから退場させられてしまうのは、マンガでは峰の試験の後。しかもこのエピソードには、海外に行けなくて落ち込んでいる千秋が立ち直るちょっと素敵な続きがあるんだけど、それはドラマには無かった。ばっさりカットなんだろうか。

 ドラマののだめのしゃべり方、ちょっと舌足らずが強調されていて気になってきた。僕のイメージだと、普段ののだめはあそこまでくにゃくにゃしてなくて、もっと普通なんだけどなー。少女マンガの繊細さが、ドラマではメリハリくっきりの演出になってる感じ。
 逆に、そのメリハリ効果かギャグ自体は面白くなってる。特に殴られてピョーンと飛ばされる所なんかは吹き出しちゃった。くどい演出じゃない、一瞬のギャグは良い出来!

2006.10.22

真依子さんのライブ!

 10月20日は真依子さんのミニ・ライブを聴いてきた。

 場所はケンウッドスクエア丸の内という、その名の通り音響メーカーケンウッドのショールームです。今回のライブはいつもと趣向が違い、ケンウッドのポータブル・オーディオ機器(真依子さんの『ぽろぽろほたる』が入った状態で売られている)のPRや、エニーミュージックという音楽配信サービスのデモもありました。さらには、MP3などの圧縮形式とは異なる、原音以上という高音質音楽配信のデモもあり、司会の人が、一般向けでは初めてのお披露目だからぜひ自慢してくださいって言ってた(笑)。
 
 そんなわけで、一般の音響機器を使ったライブと違いスピーカーなどがすべてケンウッド製でまとめられたイベントでした。確かに大音量を必要とされる音響機器よりも繊細かつしっかりした音質で、迫力よりは心地よさに優れていたと感じました。真依子さんの音楽のような、アコースティックな雰囲気には合ってましたね。

 終演後は例によってサインをもらい、その時に二言三言言葉を交わして、いい気分で帰ってきたのでした。

真依子さんのサイン[PowerShot A70]

2006.10.21

またまたまた!

またまたまた!

 レッズ対フロンターレです!

2006.10.20

眠いでござる

 バタンキュー。

2006.10.19

マングースもやって来た

 黒木くんに続いて、マングースもやって来た。
 ygrさん情報で、コミック最新の16巻には限定でマングースシャープペン付きがあることが分かりました。それを知って急いで未入手分を買い込んだら黒木くんがやってきたわけです。しかし残念ながらマングース付きは売り切れてました。それで最新刊のみ買わずにおき、昨日別の本屋さんでやっと手に入れました。
 最近まで知らなかったんだけど、池袋って女性ヲタクと言われる方々の聖地だったんですね。コミック専門店が結構あって、この限定版も専門店の一軒目で見つけることができました。

マングースシャープペンの収まりどころ[PowerShot A70]
 マングースシャープペンはこんな感じのダンボールに保護されて、コミック本体と一緒にパッキングされてます。

マングースシャープペン正面[PowerShot A70]
 顔の正面デス☆
 このポーズはなんなんでしょうね。

マングースシャープペンのハブ[PowerShot A70]
 ハブもいます
 芯の操作は、このハブを上下にスライドさせます。ペン先が収納された状態だとちょっと固い。

マングースシャープペンの軸[PowerShot A70]
 軸にもイラスト入りです。軸が黒色なのはクラシックらしさの表現なのかな? あ、黒王子か?(笑)

 原作マンガの物語をご存知ない方には、マングース(人気者)がどういう意味なのか見当もつかないでしょう。ドラマのエンディングに早速出てきてるけど、話の中でどう登場するのかお楽しみに。マンガと違ってたら、それはそれで面白いかな。

2006.10.18

初めてのパック

 無印良品ってハーブ・ティーは扱ってたかなぁとウェブ・サイトを覗いたら、男性用スキンケア商品が登場していた。
 僕はすごい脂性で、もちろん毎朝晩の洗顔や適宜の脂ふき取りはしてるんだけど、もうちょっと何かないかなぁっていつも思ってます。なのでこのページを見つけたら夢中で読んでしまいました。
 中でも「毛穴クリアパック」というのに興味を持ちました。スキンケアで一番大事なのは洗顔だろうけど、これは前からとても気に入っている石鹸を使っているので、その次の段階のアイテムが気になったわけ。

 早速帰りに無印に寄って買ってきました。洗顔後に使うものらしいので、入浴・洗顔をしていよいよ挑戦。
 パックの色が中間的なグレーなので、顔にタミヤ・パテ(プラモデルに使うパテ)を塗っているみたいです(笑)。でも柑橘系の香りがしてちょっとリラックス効果もありそう。
 塗り終わって説明書きの通り10分ほど乾かすと、顔の表面がすごく突っ張る感じ。そして洗い流すと(ピリピリ剥がすタイプではない)、ホントに毛穴の汚れが落ちたようなすっきりした気になります。
 そしてこれまた説明書きにある通りローション(DHCのを持ってた)で肌を整えておしまい。普段の風呂上りより20分くらい余分に手間が掛かるけど、週に1~2回のことだし、これで肌が綺麗になるなら十分ガマンできます。
 果たしてどんな効果が現れるんでしょうね。

 それにしても、女性はこういうことをずっと続けてるんですね。大変だな~。

2006.10.17

黒木くんがやって来た!

 みなさん、こんばんは。すっかりのだめにはまってるやんです。
 今日も未入手のコミックを買ってきたわけですが、思いがけずその中の一冊に、樹脂製のしおりが入ってました。こんなものがあるとは知らなかった。しかもよりによって、描かれてるのは一番の地味キャラ黒木くん。コレクション5って書いてあるから、他のキャラもあるんだろうなぁ。
 でも、黒木くんは国内編だけじゃなく巴里編でも登場する、なかなか趣のあるやつなんです。だから、確かにのだめや清良だったら単純に嬉しいけど、ちゃらんぽらんな僕には真面目な黒木くんが合ってるかもしれません。

のだめしおり-黒木くん[PowerShot A70]
 ちなみに、どうやらドラマ版には黒木くんは登場しないようです…。

2006.10.16

うおーいつの間に!

 フジテレビで始まったドラマ『のだめカンタービレ』の感想を書こうと、原作マンガをチェックするつもりで読み始めたら、いつの間にか8巻まで読んでこんな時間になってしまった!
 もう日付が変わっちゃう…。

 ドラマは、セリフや情景が原作マンガと全く一緒でも、ノリが微妙に違ってたりして観ていて違和感あるけど、どうなんだろうね。多少設定も違うようだし、少し見守りモードかな。

 あ、一つ気になったことがある。今日のドラマで谷岡先生がのだめのことを「練習嫌い」って言ったけど、原作ではそんな言い方はしてない。のだめを練習嫌いってレッテル付けないところが原作の良さだと思うので、これは残念だったな。
 あと、千秋がのだめの部屋を掃除して生まれたピアノ・ソナタ〈清掃〉がドラマでは出てこなかったなー。

2006.10.15

ばたんきゅーサンデー

 木、金、土と三日連続でイベント・フル(夜まで予定が入っている状態)な日を過ごしたせいか、今日はお昼近くまで目が覚めなかった。朝の時間帯に移動したワンピースも見られなかった。
 起きてからもちょっとした雑事をするだけで、創造的なことは何一つできなかった。
 でも休養日と考えれば、ゆっくり休むことも有意義なわけだから、こういう日があってもいいか。

2006.10.14

勉強会

 今日は数ヶ月に一度の勉強会。ちなみに8月の京都に出かけたのもこの会の一種です。
 職場では周囲との距離感に悩んでるけど、この会はそれよりずっと居心地がいい。それは単にぬるま湯的というのではなく、やっぱりここで扱っていることが自分に合ってるからなのだと思う。実際、この勉強会のほかの参加者との立場的の差は職場のそれと比べると遥かに大きい。にも関わらずこっちの方が良いと感じるのだから。

2006.10.13

もんじゃ焼きだよ

 会社の飲み会で月島のもんじゃ屋さんに行った。
 でもなぜか10人弱の同席者の中で、もんじゃ焼き経験者があまりいなくて、そこそこできる僕が3回も作ることになった。まあまあうまくできて喜んでもらえたからよかった。
 でも、お好み焼きは以前に作ってもらったときのように膨らまなかった。残念ながらもう教えてもらう機会もないだろうな。

2006.10.12

少しは自信を持っていいのかな

 最近ちょっとずつ、自分の恋愛のことというか、いい人いないかなぁって周りの人に相談するようになってきた。そうすると、みんな(同年代とか、年配の人とか)どうして僕に彼女がいないのか不思議だって言ってくれる。いろいろ誉めてくれる。
 僕自身は、どうしてもあの人を傷つけてしまった事を悔いてしまって自分を肯定的に見られない。とてもこの先だれかを幸せにできると思えない。でも、お世辞でも周りの人から良く言ってもらえると、少しだけ気持ちが軽くなって、前向きな気持ちになれる。
 ネット上でも暖かい言葉を掛けてもらって、それももちろん嬉しいしありがたい。でも現実に僕に触れている人から言われると、より実感が湧くみたい。

2006.10.11

また電気が消えた~

 今、インドで行われてるサッカー日本代表対インド代表をテレビ観戦してるんだけど、会場の一部の電気が消えたよ…。以前にもワールドカップ予選だっけ、この時には会場全体が停電になった。
 インドってそんなにインフラが不安定なのかなぁ。それとも日本が有利に試合を進めてるから、嫌がらせだろうか? う~ん、中○や北△鮮ならありうるだろうけど、インドはそんなことしないよね。

 それにしても日本は、ゴール前の播戸選手のがんばりで2得点してるけど、プレーの精度がいまいちじゃない?
 ピッチ状態がよくなくて、しかも格下相手とは言え、プレーは雑じゃいけないよねぇ。格上らしい、余裕で相手を翻弄する大人のボール回しを見てみたいな。

2006.10.10

キモチワルイ

 昨日のガンプラの記事に、某紳士服専門店関連のトラックバックが付いた。いくら記事の中にモビルスーツって言葉があるからって、それだけでトラックバックするなんて変だよねぇ。
 でも、相手のブログがその専門店と直接関わってるのかというとそれも怪しそうな雰囲気だったので、名前もURLも挙げずにおきます。

 それにしてもおかしな人がいるもんだね。気持ち悪い。

2006.10.09

なぜだかガンプラ

 唐突に、中学・高校のころに夢中になったガンプラ熱が再燃してます。この1週間くらいで4つも買ってしまった…。
 でもあの頃のように無闇に全部揃えようと思ってるわけではありません。昨年から3部作で「新訳」された機動戦士Zガンダムを観て、モビルスーツって格好良いなと改めて感じて、特に印象に残った機種を買おうという気になったのです。それに引きずられて、最近テレビ放送されていた新しいガンダム(ガンダムSEED、SEED Destiny)も欲しいな~なんて思ってるけど。
 でも果たして完成させられるのかな(苦笑)。

2006.10.08

のだめカンタービレ読み始めました

 何かと話題の、音大を舞台にした青春(?)コミックを読み始めました。
 僕は音大に通っていた訳ではないけど、参加してる区民合唱団の本番前のオケ合わせで何度か施設を使わせてもらったことがあります。それで、練習室や楽器を抱えた学生さんが行き交う構内の雰囲気など、うんうんそうそうって感じで楽しんでます。
 これから少しずつ、細かい感想など書いていきたいです。

2006.10.07

代表対決

代表対決

 またまた埼玉スタジアムにやって来ました。
 オシム監督になってからのサッカー日本代表に多くの選手を送り込んでいる浦和と千葉の対決です!

2006.10.06

辛かった

 飲み会の二次会で、麹町にあるちょっと有名(?)なインド料理屋さんに入った。僕はインドのカレーのことはさっぱりなので、同行の人に注文を任せたんだけど、出てきたカレーは香辛料の風味豊かで、そして思った以上に辛かった。
 二次会で元々そんなにお腹が空いていたわけではないにしても、大好きなはずのカレーをちょっとしか食べられなくて複雑な気持ち…。

2006.10.05

薄暮の電光飾

薄暮の電光飾[PowerShot A70]クリックすると大きく表示します

2006.10.04

ついに変わっちゃった

 携帯電話の請求書が、ボーダフォンからソフトバンクに変わった。
 ジェイフォンの頃から使っていて、数年前にボーダフォンに変わってしまい、それに慣れてきたなぁと思っていたら今度はソフトバンク。買収されたわけだから社名が変わるのは仕方ないにしても、どうせならブランド名はジェイフォンに、イメージカラーは紺に戻して欲しかったなぁ。
ボーダフォンからソフトバンクへ[PowerShot A70]

2006.10.03

夏を過ぎると太るね

 8月の京都へのお出掛けで着たかった服のために、春から少しずつシェイプアップしてました。早寝を心掛けたし、夏場にうまい具合にたくさん寝汗をかいたこともあり、目的は十分果たせました。
 あれからひと月半、ちょっと気持ちが緩んだら体重もみるみるアップ!(T_T)
 自分としてはそんなに大食いしてないつもりだけど、夏真っ盛りのころに比べると夜更かししてるし、日中に汗をかく機会も随分減ってるから、それによって消化していた分のカロリー(汗をかくにも体力を消費するらしい)と水分が蓄積されてるんだろうか。

 ウォーキングしていた頃(今はしてない…)の経験から言っても、僕の場合は冬場に体重を減らすことはほぼ無理。だからせめて10月いっぱい、できれば11月まではもう一度体重をしっかり管理したいなぁ。そして、12月の合唱本番でズボンのウェストがきつい思いをしなくて済むようにしたい!

2006.10.02

計画変更

 今制作中の作品ではレンダラーにCALLISTO2を使おうと思っていた。そうすると必然的に、奥行きの表現にDepthPlusを使うことになるんだけど、この組み合わせだと手前のテーブルに映り込んだものがボケない。
CALLISTO2 + DepthPlusクリックすると大きく表示します
(Shade8.5, CALLISTO2, DepthPlus)

 仕方がないので、Shade標準のパストレーシングでレンダリングすることにした。計算の遅さは、ShadeGridレンダリングサービスで補うことにしよう。
パストレーシングクリックすると大きく表示します
(Shade8.5, パストレーシング)

2006.10.01

散々な一日、だけど

 しっかり早起きして午前中に洗濯。天気予報では夕方まで雨は降らないだろうということだったので、外に干した。
 なのになのに、いつの間にか音もなく細かい雨が降っていた。気が付いた時には物干し竿からは水が滴り落ち乾きかけた洗濯物の上のほうだけがしっとり濡れてしまった。ショック。
 慌ててて取り込んで、仕方ないから改めてすすぎと脱水して部屋の中に干しました。しかも洗濯バサミまで折れる始末。こんな折れ方する?
折れた洗濯バサミ[PowerShot A70]

 こんな踏んだり蹴ったりの日曜日だったけど、我が家に新しい住民が来た! 以下、本人に自己紹介してもらいましょう。

僕は誰でしょう[PowerShot A70]
「やあ、はじめまして! 僕の名前はピッくんだよ。僕が何者か分かる人いるかな?」
「フェリシモのカタログを見たやんが、僕のことを気に入ったみたいなんだ。それでこの家にやってきたってわけ。」

変身中[PowerShot A70]
「こんな風に、箱を持ち上げてすぐ下ろすとね…」

爪楊枝が出てきます[PowerShot A70]
「ほら、爪楊枝だよ!」
「これから何十年も、やんの為に爪楊枝を取り出すよ。僕は疲れ知らずだからね!イェ~」

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

最近の写真