+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の7件の記事

2011.02.21

血中アルコール濃度

 先日飲み会から帰ってきて、すんごく頭が痛くなった。ここ数年味わったことのない苦しみ…shock

 普段お酒の席でとてもトイレが近くなるから、この日はそれを避けるために水分を摂るのを控えていました。その効果かトイレに立つことはなかったけど、結果としてひどい悪酔いしてしまったみたい。強いお酒じゃなく、ほとんどビールしか飲まなかったのに。

 今回のことで分かったけど、僕はお酒に強くはないみたい。今までも特に強いとは思ってなかったけどアルコールにここまで弱いとは。トイレが近い体質がそれをカバーしていたんだ。体内の水分がたくさんあると、分解されて体外に出されたりして血中アルコール濃度が高くなるのをおさえていたんだろうね。多分。

2011.02.20

今日買ったフィルム

 給料日前だけど、カメラ店で見つけたアスティア36枚撮り5本パックを買わずにおれなかった。使用期限は2012/10。これが35mmアスティアの最終品かな。

 ところでアスティア、35mm判が販売終了といってもブローニー判はまだ販売が続くから、もしかすると限定再生産の可能性はあるのかもしれない。少なくとも感光剤の製造は続くわけだからね。

2011.02.19

夜の湯島天神

湯島天神[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

湯島天神[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

湯島天神[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

 湯島天神に行ってみました。まだ梅は二、三分咲きくらいかな。6時過ぎくらいだったけど、参拝客は少しいましたよ。

2011.02.17

フィルムカメラの新機種

 昨日は富士フイルムが写真用フィルムのラインナップを縮小するって書いたけど、逆にフィルムカメラの新機種も発表してくれた。

 これはブローニーフィルムを使う中判カメラで、先に発売しているGF670 Professionalの広角バージョンだ。GF670もこの新しいGF670Wも、気軽に買える値段ではないけど、フィルム写真が好きな人にとっては、中判でありながら大げさにならずに楽しめるカメラだと思う。そして何より、いま新機種(ボディはGF670を活用してるけど)を発売するところに富士フイルムの写真文化への姿勢が現れていると思う。

 デジタルカメラがどんどん向上して35mmフィルムでは画質の優位が保てなくなってきている現状(色調、階調性はともかく、一番目立つ解像力ではさすがに見劣りして見える)、まだまだ優位な中判のカメラに力を入れるという方向性なのでしょう。

 これで高品質レンズのカメラは、ブローニーのGF670/GF670W、35mmがKLASSE S/Wと共に標準、広角のラインナップが出揃ったことになりますね。レンズ交換できない単体カメラでは望遠系は作れないから、これからまた別の新機種が出るとは考えにくい。それともズームレンズを搭載するかな? ともかく今後はこれらのカメラをできるだけ長く販売し続けて欲しいものです。

写真フィルム縮小

 富士フイルムの写真用フィルムのラインナップがまた縮小camera

 今回は前回と違い、販売終了になる銘柄はないけど、個人的にはセンシアIIIの20本パックがなくなるのが厳しい。センシアIIIは他の銘柄と異なり、単品と20本パックの2種類しかないので、今後まとめ買いするにも単品しかない。新たに5本パックを出してくれないかなぁ。
 35mmのアスティアが販売終了することが決まっているので、軟調リバーサルはセンシアIIIの単品のみになってしまう。なんとも寂しい。despair

 今回の縮小で35mmリバーサルの20本パックは全ての銘柄で終了かな。大量消費する利用者が減っているあらわれでしょう。
 それでも消滅するわけではないし、ほそぼそとフィルム写真を残していく方向性に合致したラインナップ(単品もしくは5本パック)になったとも言えます。今後はこの体制ができるだけ長く続くことを願うばかり。

2011.02.14

考え方の変化

 バレンタイン・デーというと、独身男性である僕はどうしても、もらえるかどうかが気になっていたけど(今年は全くでしたgawk)、女性にとっても気になっている男性にちゃんと渡せるかどうか、男性以上に落ち着かない一日なのでしょうね。

 どうして突然こんな風にこの日に対するとらえ方が変わったのか分かりません。自分に関しての諦めから、逆に精神的に余裕が出てきたんだろうか(笑)。

 一人でも多くの人が、ちゃんと気持ちを伝えられたことを願いつつ。

2011.02.09

そんな必要ないじゃん

 半井小絵さんはとても人気があるんだから、わざわざ不倫なんかしなくても素敵な男性とめぐり合うはずです!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近の写真