+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の5件の記事

2011.05.21

布袋寅泰30周年記念ライブ第二弾

 ロック・ギタリスト布袋寅泰さんの30周年記念ライブ第二弾“威風堂々”TONIGHT I'M YOURS!に出掛けてきた。note

布袋寅泰ライブ会場+メモリアルチケット[SoftBank 823T]
会場の代々木第一体育館に掲げてあった看板。今回は携帯電話にダウンロードする電子チケットでの入場なので、手元に紙のチケットが残りません。そこでネット会員限定で、メモリアルチケットをプリントアウトするサービスがありました。

布袋寅泰ライブのQRコード式電子チケット[PowerShot A590 IS]
こっちが本当の電子チケット。このQRコードに座席番号などの情報が入っているようです。

 ちなみに電子チケットにはこの他におさいふケータイ方式もありました。僕の携帯はおさいふケータイに対応してないのでQR方式です。

布袋寅泰ライブ会場[SoftBank 823T]クリックすると大きく表示します
会場の代々木第一体育館。初めて来ました。

布袋寅泰ライブグッズ売り場[SoftBank 823T]クリックすると大きく表示します
グッズ売り場。今回もまた大変な行列ができていました。

 グッズの中には東日本大震災のチャリティとして企画されたものもありました。ちなみにグッズの目玉、コンサート・パンフレットとセットになっているオリジナルDVD(布袋さんがギターを紹介している)が撮影されたスタジオは有楽町線・江戸川橋駅にあります。タレント撮影会で行ったことがある…coldsweats01

 以下、多少コンサートの内容に触れてみます。ネタバレ注意。secret

続きを読む "布袋寅泰30周年記念ライブ第二弾" »

2011.05.20

久しぶりの真依子さんのライブ

 京都を中心に活動している、箏弾き語りのシンガーソングライター真依子さんが久しぶりに東京でライブをしてくれました。notes

 一昨年の長野県・白馬でのホテル音楽会(翌日には一緒にスケッチ会に参加した)や、伊参スタジオ映画祭でお会いしてるけど、首都圏でのライブは多分この2007年11月が最後じゃないかな。

 今回は代官山の和風ライブハウス晴れたら空に豆まいてでの演奏。最近はこんな落ち着いたライブハウスもあるんだねぇ。料理の種類が少なかったのが残念だけど、ゆったりと音楽を堪能できる雰囲気でした。

代官山・晴れたら空に豆まいて[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します
地下のお店へ向かう階段。看板の文字が小さいので大き目の画像です。

当日の出演者[PowerShot A590 IS]
節電(?)で入り口が暗かったので、思いっきり手ブレしてしまった。

 真依子さんは朝、京都を出てバンドメンバーと車で来たそうです。箏を運ぶ必要があるから移動はどうしても車になってしまうんだろうね。そして日帰りとんぼ返りでこの日のうちに京都に戻るって聞いてびっくりしました。大変…。

演奏前のステージ[PowerShot A590 IS]
演奏前のステージ。というか舞台っていう感じ?

 演奏の方はピアノ、ギターとの3人構成。途中1曲だけゲストに尺八の長須与佳さんが加わりました。全部で5曲。そのうち初めて聴く曲が3曲もあってとても新鮮でした。音響調整の点では肝心の箏の音が硬い感じもしたけど、客席が静かなので細かいところまで良く聴こえてよかった。明日聴きに行く布袋寅泰さんのライブだと、客席が大騒ぎなので音響もそれに負けない大音量になってしまい、デリケートなところまではなかなか伝わってこないから…。

 あっという間の30分、終演後に真依子さんは長須さんと一緒にCDにサインをしたりしていたけど、残念ながら僕はちょっとだけ挨拶してすぐお店を出てしまった。他の出演者の演奏を聴きながら長居していればもっとお喋りできただろうか。

 でも今後はもっと頻繁に東京でのライブをしてくれるそうだから、それを楽しみに待つことにします。sandclockwink

キャンドル[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

2011.05.14

落語鑑賞

 ニフティの落語配信サービスが催している落語会に行ってきた。

 二ツ目の落語家さんたちの落語は、名人芸とまでは言えないのかも知れないけどとても面白かった。あんな風にテンポ良く楽しくお喋りできるようになりたいなぁ。

2011.05.13

Music Lovers観覧

 先日、日本テレビの音楽番組『Music Lovers』の収録観覧に行ってきました。tv

 出演アーティストは布袋寅泰さん。ゲストがモデルの冨永愛さんでした。全部で4曲演奏して、その後でトークという収録の順番だった。

 テレビ番組の収録は初めてだったけど、意外にセキュリティが厳重で待ち時間も長くてくたびれた。それでもライブはちゃんとしていたし(1曲は当て振り-録音にあわせて演奏するフリ、歌で言うところの口パク-だったけど)トークも面白かった。
 放送では編集されて一部しか使われないと思うので、スタジオで全てを観覧できたのは貴重な体験だったな。

 ライブ中の客席のどこかに僕がいるはずだけど、映ってるかなぁ。分かるかなぁ。放送日は5/15です。happy01scissors

2011.05.08

攻殻機動隊 S.A.C. S.S.S 3D

 アニメ映画『攻殻機動隊 S.A.C. S.S.S 3D』を観て来ました。アバター以降の3D映画は初めて。
 何年も前に特別な映画館だけで対応していた3D映画は観たことがあったけど、アバターから3Dがホントに一般的になったね。映像も予想以上に鮮明で、3Dメガネも普通のメガネの上からでも問題なく掛けられた。

 作品そのものは以前にDVDアニメとして発表されたものを今回3D化して上映しているので、DVDを持っている僕にとっては物語は分かっていました。その分映像を楽しむほうに専念できて良かった。このシリーズは話の展開が早い上にややこしいので、初めてだと内容について行くだけでやっとだったかも。

 そして何より3D化の効果だけど、そもそも既存アニメを3D化できるところが不思議。既にそういう技術は結構進んでいるらしく、監督の意図で今回は控えめな3D表現にしたそうです。観ていてもこのくらいが違和感なく楽しめました。立体表現の完璧な3DCGと違って、手描きアニメであんまりしっかり3Dされても、飛び出す絵本のようになってしまい、シリアス感が薄れるのかもしれません。
 一方、オープニングは3D用に完全な新作だったけど、これは3DCGの迫力と精密さが生かされた見応えのあるものでした。

 心配していた頭痛なども起こらず、映像エンターテイメントをしっかり堪能できた2時間弱だった。

 でも3D映画のハシゴはさすがに疲れるかも。bleah

真っ黒い表紙のプログラムとメモ用紙[PowerShot A590 IS]

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近の写真