+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の3件の記事

2011.11.29

ゆで卵おばさん

 夕方の電車、向かいの席のおばさんがゆで卵を食べていた。gawk

 旅行で駅弁を食べるのなら分かるけど、この電車、普通の通勤電車だよ。なぜ敢えてゆで卵…。

2011.11.22

1チップMSXに対応した開発ツール最終版

 久しぶりに1chipMSX別ウィンドウで開くに関すること。
 1chipMSX別ウィンドウで開くに採用されているFPGAはALTERA別ウィンドウで開く社のCyclon別ウィンドウで開く(EP1C12Q240C8)です。1chipMSXに付属のALTERA社の無償開発ツールはQuartus II(クオータス・ツー) Web Edition別ウィンドウで開く バージョン6.0で、当然このFPGAにも対応しています。
 しかし、現在ALTERA社からダウンロードできる最新のバージョン11.1では、Cycloneへの対応は有償版のみになってしまいました。無償のWeb EditionはCyclone II以降の新しいデバイスに対応します。
 1chipMSXのCycloneに対応している無償版の最終バージョンは11.0 SP1で、これは今のところhttps://www.altera.com/download/archives/arc-index.jsp別ウィンドウで開くからダウンロードできます。恐らくここは最新版のひとつ前のバージョンが置かれる場所なので、今のうちにここから11.0 SP1をダウンロードしないと、いずれCycloneに対応しない11.1に置き換えられてしまう可能性が大きいでしょう。
 Quartus II無償版は、6.0の頃はALTERA社の使用ライセンスを半年毎に発行してもらう必要があったけど、いつの頃からかこのライセンス手続きなしに使えるようになりました。1chipMSXの開発に限るのであれば、最終版として11.0 SP1を導入するのが良いと思います。

※ Quartus II 11.0 SP1がCycloneに対応しているのは間違いありませんが、1chipMSXのFPGA開発(例えば付属CDのソースのコンパイル)に使えるかどうかは未確認です。すみませんが実践される方は自己責任でお願いします。

2011.11.02

11月5日は「津波防災の日」です

 今年から11月5日は「津波防災の日」になりました。このことを広めるためのイベント「みんなで考える津波防災の日別ウィンドウで開く」に出掛けてきた。

津波防災の日[PowerShot A590 IS]

津波防災の日[PowerShot A590 IS]

津波防災の日[PowerShot A590 IS]

 僕はあまり民放の気象情報は見ないので存じ上げない方もいたけど、これらの写真の通り、テレビでおなじみのお天気キャスターの方々が集まり、津波防災について話そうという内容でした。

 津波防災の原則はシンプル。第一部で発表された饒村 曜さん(元気象庁 和歌山地方気象台長)が海岸地域の人は「大きな地震が起きたら、とにかく高いところへ逃げろ」ということを強調していました。そして、大地震・大津波は長い周期で起こるものだから、地域の防災の知恵・知識を、お祭りなどのイベントを通して長く子ども、孫に伝える必要があると仰っていたのが印象に残った。

 僕がこのイベントに参加した理由は、半井小絵さん別ウィンドウで開くに会えるからというミーハーなものでした。そしてその目的は達せられて(笑)、最後には写真も撮らせていただいて(ここには載せないつもり!)握手もできました。

津波防災の日[PowerShot A590 IS]
半井さんやRAG FAIRのおっくん

 同時に、本来の趣旨である津波防災について、技術や制度づくりも大切だけど、防災意識を常に持ち、世代を超えて引き継ぐことの大切さを知ることができました。

 11月5日は「津波防災の日」です!good

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

最近の写真