+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の3件の記事

2012.07.30

オリンピック-結果が出ない柔道

 ここまで柔道は女子、男子とも2階級が終わって、女子はメダル無し、男子は銀・銅という結果。

 選手たちは一生懸命考えて試合をしてると思うけど、どうも思考が先行してしまっていきいきと身体を使えてない気がする。今までのオリンピックは日本選手の試合くらいしか観てなかったけど今回、他の試合も観察してみて、特に日本選手にそういう感じを受けた。

 スポーツっていかに本能的に上手に身体を使うかっていうことだと僕はとらえてます。単なる反射神経以上の、練習で身に付けた、相手との関係性の中での身体の使い方。
 日本の選手の練習量が他の国と比べて劣っているという事はないはずだし、試合に向けた体調管理や対戦相手の研究もトップクラスだと思う。そうして準備してきたものを試合で出すには、思考を働かせつつも「感じて」試合が出来る、スムーズなメンタル・コントロールが必要なんじゃないかな。

 これは点数競技の体操にも当てはまりそう。金メダルが当然と思われている内村選手の予選の演技が冴えなかったのも、目の前の今している演技、ではないことが意識に大きく居座っていたように見える。

 柔道も体操も、真剣な試合だから厳しいシチュエーションではあるけど、そこで楽しく体を動かせるように、競技に向かう意識を変える必要があると思います。

 あと、全然関係無いけど、改めて各国選手の様子を見ていて、ちゃんと礼に始まり礼に終わる日本の柔道の礼儀がそれなりに浸透している様子にちょっと感動してしまいました。試合の時だけでなく、会場の畳に上がるとき、降りるときに礼をする選手もいましたね。
 そんな中でも、勝っても負けても日本選手の礼がもっとも心がこもっていて素敵でした。

オリンピック女子サッカー日本対スウェーデン

 これからしばらくはオリンピックの試合をテレビ観戦した感想を書こう。wink

 女子サッカーの予選リーグ第2戦、日本対スウェーデンは0-0で引き分け! 意外にボールをゴール前に放り込むような単調な攻めが多くて、細かいパスワークから相手を崩してシュートという形が少なかった。

 でも多分これは意識的にそうしている気がする。大会直前の練習試合でもそういう攻撃パターンが多く見られた。その真意は…、多分本来のサッカーを余り見せたくないからじゃないかな。スウェーデンは決勝トーナメントでも当たる可能性があるから、得意のパスで崩すやり方は控えたんだろう。勿論、放り込みサッカーで大儀見選手辺りが保持してゴール、という形が作れたら儲け物という意識もあったと思うけど。

 試合後の佐々木監督のインタビューが全然悲観していない感じだったので、余計にそう感じました。

2012.07.02

新PC購入

 Windows2000マシンのWow別ウィンドウで開くを使い続けるのがなかなか厳しい状況になってきた。IEは7以降をインストール出来ないので6までしか使えないし、ウィルスバスターも2008以降は使えない(ここだけの話、ウィルスパターンファイルはアップデートできる)。
 実際、IE6の動作を保証しないウェブサイトが多くなってきたので、Wowの主な使用目的であるウェブ閲覧に支障をきたしてます。それに一番の問題は、@niftyのウェブメールが3/27で完全に新バージョンに移行してしまうこと。この日までは新旧両方が使えたので、旧バージョンをWowでアクセスしていたけど、新バージョンをWowで見ようとするととても負荷が掛かるのです。
 まあ、CPUが500Mhz(ギガじゃないよ)のセレロンでメモリー搭載量も192MBしかない10年以上も前のパソコンでよくここまでがんばってきたと、マシンも自分も誉めるしかありません。

 でもさすがに、今後もずっとこのままというわけにもいかないので、@niftyのウェブメールが新しくなるのを機会にWowに代わるウェブ用パソコンを買うことにしました。と言うと突然思い立ったみたいだけどそうではなく、ウェブメール旧バージョン終了の告知が出て以来の数ヶ月間を掛けて入念に計画を立てたのです。そうでないと予算も確保できないし、新しいアプリケーションの設定やデータの移行作業もスムーズに行かないから。

 そうして3月半ば、ついに購入したのがWowと同じくパナソニックのLet's noteシリーズの最新機種「CF-SX1別ウィンドウで開く」! 早速名前をMeeCaと付けました。

 もうCPUのクロック数だけでも(クロック数で比較する考え方も古いけど)5倍以上、2コア+ハイパースレッディングで実質20倍くらいは処理能力が上がってます。メモリーも取り敢えず4GBにしたのでこれまた20倍以上!
 OSも当然Windows7だしIEも9になりました。僕の住環境はADSLの条件が良くなくてそんなに速い方ではないから、ネット閲覧が重く感じるのはそのせいもあると思っていたけど、MeeCaだと全然ストレスがありません。遅いパソコンが原因だったんだ~って変に感心してしまいました(苦笑)。

MeeCaとWow

 これがMeeCaの美しい天板。ガンダムSEED DESTINY別ウィンドウで開くでT.M.Revolutionの西川貴教さんが声優をつとめたハイネ・ヴェステンフルスの乗機グフイグナイテッドみたい。

MeeCaの天板「ライトニングオレンジ」

 使ってみた感想は大きく2点
1.16:9の画面は横に広い!
2.キーボード、円形ホイールパッドのボタンが静か…。

 1.画面については、12.1インチで1600×900という解像度にもびっくりだけど(でもiPad2のRetinaディスプレーには負けるか…)、それ以上に使用感として横に広いのが新鮮です。ビジネス用途としては4:3比率の方が好まれるらしいけど、MeeCaの画面は専用ツール「画面分割ユーティリティ」のおかげで4:3比率+αとしてとても使い易い。
 僕は右に4:3でブラウザーやメインのアプリケーションを開いておいて、左側の領域で電卓などちょっとした作業をすることが多いです。
 ただ、色合いは特に優れている訳ではないようです。まあ標準的な液晶の色かな? 表面が艶消しなので、ツヤツヤ液晶のような鮮やかな発色はそもそも期待できません。

2.キーボード、ボタンが静かというのは外出先での使用に配慮した設計なのでしょう。あまりクリックした手応えがなくクタクタした感じのボタンに最初は違和感があったけど、カチカチ音がしないというのは確かに価値がある気がします。キーボードもカチャカチャしないので、撫でるようにタイプする僕の好みに合ってます(バチバチ打つのは好きじゃないのです)。

 あとは、何しろ処理が速くて快適。先日発表された夏モデルSX2別ウィンドウで開くは新しいCPU系列Ivy Bridgeになって、更に省エネかつ性能がアップしたけど、このSX1でも十分高性能。ただ、マイレッツ倶楽部直販のみのオプションに指紋認証機能が加わったのが面白そうだな。

 今のところ気になっているのは、LANケーブルを繋いだまま休止状態から復帰すると、偶に付属のネットワーク切り替えソフト「ネットセレクター3」のCPU使用率がすごく上昇することがあることかな。
 デスクトップにCPUメーターを出しているんだけど、通常は復帰後の使用率は10%にも満たないくらいです。でも時々30%以上にも上昇することがあって、そうすると冷却ファンの回転数も上がるから結構うるさくなる。復帰直後で特にアプリケーションは動かしてないし、タスクマネージャーのプロセスを見てもネットセレクター3だけがCPUを使っていることが分かります。
 LANケーブルを一旦外すとすぐ利用率が下がるし、その後ケーブルを挿しても特に上昇することはありません。きっとこのツールの不具合だと思うんだけど改善されるのかな。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

最近の写真