+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

« やっと3割に到達 | トップページ | 逆走アイドル発売イベント »

2012.09.05

ヤングなでしこ残念だったな

 正直、ドイツとは身体差がありすぎた。ドイツはヤングなでしこを、子ども相手みたいな感じでプレーしているように見えた。

 ヤングなでしこの選手たちは、ドイツの選手との身体差やスピードの差を感じた1失点目、遅くとも2失点目以降は自分たちのペースがつかめるまでは(後半はそんな感じだった)、一人前線に残して全員守備、みたいな意識に切り替えるべきだったと思う(日本がペースをつかんだように見えた後半、ドイツは少し手を抜いたみたいだけど。多分もし失点したら追加得点できる余裕と手応えがあったと思う)。
 本来の技術を生かしたパスワーク・サッカーができないと思ったら、必死に守ってカウンター・サッカーに切り替えるくらいの応用力が無いと、今回のドイツのように力量が上で相手への研究も十分なチームに対抗することはできないんじゃないかな。
 ロンドンオリンピックのなでしこジャパンは、実際決勝トーナメントをそうやって何とか勝って決勝まで進んだわけだし。

 確かに女子サッカーの選手の技術はとても高いと思うけど、テレビで見ている限りでは速くてきついプレッシャーを受けた状態で感覚的に正確にボールを扱える余裕はまだ身に付いていない感じだった。逆に技術があると過信してボールを持ちすぎて、二人に囲まれて奪われるシーンが多かったように思う。
 ちなみにヤングなでしこの守備は三人で囲むスタイルだけど、ドイツはほとんど二人だけで囲んでいた。それだけ技術に自信があるのだろう。囲んで奪えなかったときの数的不利を軽減する意味もあると思うけど。

 とにかく、自分たちの技術を生かすには相手に詰められる前にボールを動かせる判断の速さ(判断というか直感)と、周りの受け手の動きの質を上げるしかない。未来永劫体格で劣る日本のサッカー(男子も女子も)が世界の国々と対等に戦うには、個人の動きと判断の速さに磨きをかけるしかないのだから。

« やっと3割に到達 | トップページ | 逆走アイドル発売イベント »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7672/55583900

この記事へのトラックバック一覧です: ヤングなでしこ残念だったな:

« やっと3割に到達 | トップページ | 逆走アイドル発売イベント »

最近の写真