+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「パソコン・インターネット」の175件の記事

2018.06.13

サッカーワールドカップ2018エクセル勝敗表

 毎回恒例のワールドカップ勝敗表を作りました。soccer

 ただし、これはWindows CEというハンドヘルドPC(いわゆるモバイルPC)用のPocket Excelという形式です。普通のExcelでは正しく動作しません。と言うかファイルを開けないと思います。もう20年も前のOSと専用オフィス・アプリケーション用のファイルであることをご了解下さい。

 僕は未だにWindows CE機を使っているので(普通のWindowsパソコンももちろん使ってます)、2002年の日韓大会の時に作ったこの勝敗表を大会毎にアップデートして公開しています。以前に普通のExcel用に変換した時は、何だか上手く動作しなくて、その時は原因を深く追求する気にならず、結局それ以来通常のExcel版は公開しないことにしたのでした。

 今回の大会に向けた更新で、グループ・リーグの順位決定の判定を変えています。これまではグループ内で勝ち点、得失点、総得点が同じ場合は直接対決の勝敗を加味していましたが、今回この直接対決の判定を外しました。その後に続くくじ引き結果の反映はそのままです。これは、これまでのファイルでは直接対決の判定は2チームのみという想定だったからですが、実際には3チームということも有り得、その場合に直接対決の結果を正しく反映しようとすると式が複雑になりすぎる懸念があったからです(検証はしてません。可能なのかも知れません)。

 また、レギュレーションでは同順位チーム間の勝ち点、得失点、総得点も同じ場合はイエロー、レッドカードによるマイナス点という判断も加わり(以前は無かった気がする)、これを入力する欄を新設するのはさすがに面倒なので、同順位内での判別は一切せず、代わりにくじ引き欄で代用するという意図です。

ファイルをダウンロード(ファイルはLzh形式で圧縮しています)

 大会直前の監督交代など、今までにも増して結果を不安視されている日本代表ですが、僕は2勝1敗か1勝2分くらいでグループ・ステージを突破するような気がします。がんばれ日本代表!happy01

※ このファイルはもともと僕個人の関心から作成したもので、正確性は一切保証できません。このファイルを使用した事により被った不利益などには、やんは一切の責任を負いません。利用者自身の責任で利用して下さい。

2017.08.24

ウェブサイトについて

 このブログを開始する前からニフティに設置していた僕のウェブサイト(ホームページ)ですが、ニフティが2016年11月10日にサービス終了、別のサービスへ移行したことに伴い、古いURLへのアクセスが出来なくなりました。ちなみに本当は、このブログはウェブサイトの中のコンテンツの一つという位置づけです(sign03)。

 ウェブサイトのデータはサービス終了時に新サービスのサーバーに移行してあるのだけど、僕のサイトのトップ・ページは独自のCGI(プログラム)を使って来訪データを集計していたので、単純にファイルを移行しただけでは表示できません。トップ以外もページ内のリンク設定にかなり修正が必要で、独自に設置していた掲示板もまだCGIを動かせないので使えません。

 追々修正、復旧させたいとは思っていますが、そもそもコンテンツが古くて需要も低そうなので自分の中での優先順位も低めです。完全復旧は無期限延期かも知れませんが、グズグズな状態のトップ・ページはこのリンク別ウィンドウで開くから見られます。

2016.09.26

「@homepage」サービス終了日の変更について、について

リンク: 「@homepage」サービス終了日の変更について |ニュースリリース|ニフティ株式会社:ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can..

 ニフティの古いホームページサービスが終了して、必要なら現行のサービスに移行してくださいという告知。その古い方のサービス終了日を少し延期することになったようです。

 どうもこの周知が行き渡っているのかどうか、現行サービスへの移行が進んでいるかどうかもう少し長く見極めたいようなのだけど、

○ホームページを継続利用されない場合  特に作業いただくことはございません。

継続利用しない意思表明もないと判断できない気がします。

 継続利用しないから放置(期限が過ぎたら自動的に削除される)という判断をしているユーザーもできるだけ把握した方が、判断材料になっていいのではないかなぁ。どれだけの返答が期待できるのか分からないけど…。

2012.11.20

Kindleが来た?

 じゃーん!

Kindleレザーカバー・ハニー[PowerShot A590 IS]

 保護フィルムも!

Kindle液晶保護フィルム[PowerShot A590 IS]

 カバーを持つとこんな感じ。

Kindleレザーカバー・ハニー[PowerShot A590 IS]

 カバーを開くと中には!

続きを読む "Kindleが来た?" »

2012.10.25

ブログに掲載する画像の大きさ

 ひとつ前の記事別ウィンドウで開くから、このブログに掲載する画像の大きさを変えました。

 アクセス・ログに記録されている閲覧者の表示環境を調べると、2003年のこのブログの開設当初より、今はずっと大きな画面で観ていただいていることが分かりました。こういう環境だと拡大表示(記事中の画像をクリックすると大きく表示すること)しても画面に対して画像が小さく、物足りなく感じるでしょう。

 一方でスマートフォンやタブレットなどのモバイル環境も増えていて必ずしも大きな画面ばかりとも言えないので、記事の中の表示は今まで通りとして、拡大表示した時の画像を大きくすることにしました。

 適切な画像表示は永遠の課題ではあるけど、ひとまずこれで、今までより少しでも楽しんで貰えたら嬉しいです。
(更新が少ないのも課題だけど…)

2012.08.23

やっと3割に到達

 MeeCaを購入して初めて、Windowsに付属のゲーム「ハーツ」をプレイするようになりました。

 最初はわけも分からず負け続けたけど(笑)、繰り返すうちにある程度勝ち方も分かってきた。自分に対してコンピューター側のプレイヤーが3名。このプレイヤーの強さが3段階あって、このうち一番弱いタイプよりは僕の方が強くなりました。
 このゲームの性質として、トランプの配り具合による運不運は必ずあるので、同じ強さのプレイヤー同士のゲームなら最終的に勝つか負けるかも運に左右されると考えられます。つまり勝率は1/4、25%。
 でも一番弱いコンピュータープレイヤーには負けることはないと仮定すると、実質的には1/3の確率で勝てるはず。

 そう考えてゲームし続けた結果がこれ! 一日に2~3回くらいプレイしてここまで来ました(笑)。

ハーツの勝率が33%になった

 さぁ、これからはどのくらいの勝率を目指そうかなぁ。bleah

 ちなみにコンピューターの一番弱いプレイヤー、余計なカードを捨ててこっちの作戦を邪魔をしてくるので甘く見てはいけません…。

2012.07.02

新PC購入

 Windows2000マシンのWow別ウィンドウで開くを使い続けるのがなかなか厳しい状況になってきた。IEは7以降をインストール出来ないので6までしか使えないし、ウィルスバスターも2008以降は使えない(ここだけの話、ウィルスパターンファイルはアップデートできる)。
 実際、IE6の動作を保証しないウェブサイトが多くなってきたので、Wowの主な使用目的であるウェブ閲覧に支障をきたしてます。それに一番の問題は、@niftyのウェブメールが3/27で完全に新バージョンに移行してしまうこと。この日までは新旧両方が使えたので、旧バージョンをWowでアクセスしていたけど、新バージョンをWowで見ようとするととても負荷が掛かるのです。
 まあ、CPUが500Mhz(ギガじゃないよ)のセレロンでメモリー搭載量も192MBしかない10年以上も前のパソコンでよくここまでがんばってきたと、マシンも自分も誉めるしかありません。

 でもさすがに、今後もずっとこのままというわけにもいかないので、@niftyのウェブメールが新しくなるのを機会にWowに代わるウェブ用パソコンを買うことにしました。と言うと突然思い立ったみたいだけどそうではなく、ウェブメール旧バージョン終了の告知が出て以来の数ヶ月間を掛けて入念に計画を立てたのです。そうでないと予算も確保できないし、新しいアプリケーションの設定やデータの移行作業もスムーズに行かないから。

 そうして3月半ば、ついに購入したのがWowと同じくパナソニックのLet's noteシリーズの最新機種「CF-SX1別ウィンドウで開く」! 早速名前をMeeCaと付けました。

 もうCPUのクロック数だけでも(クロック数で比較する考え方も古いけど)5倍以上、2コア+ハイパースレッディングで実質20倍くらいは処理能力が上がってます。メモリーも取り敢えず4GBにしたのでこれまた20倍以上!
 OSも当然Windows7だしIEも9になりました。僕の住環境はADSLの条件が良くなくてそんなに速い方ではないから、ネット閲覧が重く感じるのはそのせいもあると思っていたけど、MeeCaだと全然ストレスがありません。遅いパソコンが原因だったんだ~って変に感心してしまいました(苦笑)。

MeeCaとWow

 これがMeeCaの美しい天板。ガンダムSEED DESTINY別ウィンドウで開くでT.M.Revolutionの西川貴教さんが声優をつとめたハイネ・ヴェステンフルスの乗機グフイグナイテッドみたい。

MeeCaの天板「ライトニングオレンジ」

 使ってみた感想は大きく2点
1.16:9の画面は横に広い!
2.キーボード、円形ホイールパッドのボタンが静か…。

 1.画面については、12.1インチで1600×900という解像度にもびっくりだけど(でもiPad2のRetinaディスプレーには負けるか…)、それ以上に使用感として横に広いのが新鮮です。ビジネス用途としては4:3比率の方が好まれるらしいけど、MeeCaの画面は専用ツール「画面分割ユーティリティ」のおかげで4:3比率+αとしてとても使い易い。
 僕は右に4:3でブラウザーやメインのアプリケーションを開いておいて、左側の領域で電卓などちょっとした作業をすることが多いです。
 ただ、色合いは特に優れている訳ではないようです。まあ標準的な液晶の色かな? 表面が艶消しなので、ツヤツヤ液晶のような鮮やかな発色はそもそも期待できません。

2.キーボード、ボタンが静かというのは外出先での使用に配慮した設計なのでしょう。あまりクリックした手応えがなくクタクタした感じのボタンに最初は違和感があったけど、カチカチ音がしないというのは確かに価値がある気がします。キーボードもカチャカチャしないので、撫でるようにタイプする僕の好みに合ってます(バチバチ打つのは好きじゃないのです)。

 あとは、何しろ処理が速くて快適。先日発表された夏モデルSX2別ウィンドウで開くは新しいCPU系列Ivy Bridgeになって、更に省エネかつ性能がアップしたけど、このSX1でも十分高性能。ただ、マイレッツ倶楽部直販のみのオプションに指紋認証機能が加わったのが面白そうだな。

 今のところ気になっているのは、LANケーブルを繋いだまま休止状態から復帰すると、偶に付属のネットワーク切り替えソフト「ネットセレクター3」のCPU使用率がすごく上昇することがあることかな。
 デスクトップにCPUメーターを出しているんだけど、通常は復帰後の使用率は10%にも満たないくらいです。でも時々30%以上にも上昇することがあって、そうすると冷却ファンの回転数も上がるから結構うるさくなる。復帰直後で特にアプリケーションは動かしてないし、タスクマネージャーのプロセスを見てもネットセレクター3だけがCPUを使っていることが分かります。
 LANケーブルを一旦外すとすぐ利用率が下がるし、その後ケーブルを挿しても特に上昇することはありません。きっとこのツールの不具合だと思うんだけど改善されるのかな。

2012.02.11

ガーン!ついにPERSONAの本家ウェブサイトが無くなった?

 ついさっき、PERSONAについての記事をアップして、ついでに日立のホームページを見に行ったら、PERSONAのページが無くなっていた。サイト内検索でも、製品発売時のニュースリリースしか出てこない。

 確かお正月明けくらいまでは見られたと思うんだけど、さすがに製造終了から10年以上経って補修部品保存期限も何年も前に終わってるから、これ以上ユーザーサポートする必要なくなったということなのかな。そもそも今でも使い続けている人がどれくらいいるのか…。

 あー、でもショックー!bearing

直ったみたいだけど

 年明け以降、愛用のモバイル機(Corn-日立PERSONA)の調子がとても悪くて、タイピングくらいのちょっとの衝撃でもすぐ電源が切れてしまう状態でした。おかげでメインの役割である文書作成もままならないし、Cornはメール端末でもあるので最低限のメールの遣り取りだけリセットを繰り返しながらも何とかこなしてました。
 このブログもちょっと長めの記事はCornで書いているので、新年の挨拶以降全然更新できなかった…。まあ、じっくり書く時間もなかったけど。

 でも今週くらいからすぐ電源が切れる現象が無くなり、以前のような扱いをしても大丈夫になってきた。特に何かが変わったとも思えないけど、ボディ内の何かの不良状態が復旧したのかな。

 Corn(の最初の機種-今使っているのはその最終仕様機)は1998年に発売されて以来ずっと使っているので、今となっては性能的にはとても見劣りします。スマートフォンの数分の一でしょう。
 でも僕にとっては、いわゆるタスクリストの管理やスケジュール、テキスト入力、メール端末として本当になくてはならないものになってるんだなぁと、この間の不良状態を体験して、改めて実感しました。もう13年半も使ってるのか!

2011.11.22

1チップMSXに対応した開発ツール最終版

 久しぶりに1chipMSX別ウィンドウで開くに関すること。
 1chipMSX別ウィンドウで開くに採用されているFPGAはALTERA別ウィンドウで開く社のCyclon別ウィンドウで開く(EP1C12Q240C8)です。1chipMSXに付属のALTERA社の無償開発ツールはQuartus II(クオータス・ツー) Web Edition別ウィンドウで開く バージョン6.0で、当然このFPGAにも対応しています。
 しかし、現在ALTERA社からダウンロードできる最新のバージョン11.1では、Cycloneへの対応は有償版のみになってしまいました。無償のWeb EditionはCyclone II以降の新しいデバイスに対応します。
 1chipMSXのCycloneに対応している無償版の最終バージョンは11.0 SP1で、これは今のところhttps://www.altera.com/download/archives/arc-index.jsp別ウィンドウで開くからダウンロードできます。恐らくここは最新版のひとつ前のバージョンが置かれる場所なので、今のうちにここから11.0 SP1をダウンロードしないと、いずれCycloneに対応しない11.1に置き換えられてしまう可能性が大きいでしょう。
 Quartus II無償版は、6.0の頃はALTERA社の使用ライセンスを半年毎に発行してもらう必要があったけど、いつの頃からかこのライセンス手続きなしに使えるようになりました。1chipMSXの開発に限るのであれば、最終版として11.0 SP1を導入するのが良いと思います。

※ Quartus II 11.0 SP1がCycloneに対応しているのは間違いありませんが、1chipMSXのFPGA開発(例えば付属CDのソースのコンパイル)に使えるかどうかは未確認です。すみませんが実践される方は自己責任でお願いします。

より以前の記事一覧

最近の写真