+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「スポーツ」の149件の記事

2012.09.05

ヤングなでしこ残念だったな

 正直、ドイツとは身体差がありすぎた。ドイツはヤングなでしこを、子ども相手みたいな感じでプレーしているように見えた。

 ヤングなでしこの選手たちは、ドイツの選手との身体差やスピードの差を感じた1失点目、遅くとも2失点目以降は自分たちのペースがつかめるまでは(後半はそんな感じだった)、一人前線に残して全員守備、みたいな意識に切り替えるべきだったと思う(日本がペースをつかんだように見えた後半、ドイツは少し手を抜いたみたいだけど。多分もし失点したら追加得点できる余裕と手応えがあったと思う)。
 本来の技術を生かしたパスワーク・サッカーができないと思ったら、必死に守ってカウンター・サッカーに切り替えるくらいの応用力が無いと、今回のドイツのように力量が上で相手への研究も十分なチームに対抗することはできないんじゃないかな。
 ロンドンオリンピックのなでしこジャパンは、実際決勝トーナメントをそうやって何とか勝って決勝まで進んだわけだし。

 確かに女子サッカーの選手の技術はとても高いと思うけど、テレビで見ている限りでは速くてきついプレッシャーを受けた状態で感覚的に正確にボールを扱える余裕はまだ身に付いていない感じだった。逆に技術があると過信してボールを持ちすぎて、二人に囲まれて奪われるシーンが多かったように思う。
 ちなみにヤングなでしこの守備は三人で囲むスタイルだけど、ドイツはほとんど二人だけで囲んでいた。それだけ技術に自信があるのだろう。囲んで奪えなかったときの数的不利を軽減する意味もあると思うけど。

 とにかく、自分たちの技術を生かすには相手に詰められる前にボールを動かせる判断の速さ(判断というか直感)と、周りの受け手の動きの質を上げるしかない。未来永劫体格で劣る日本のサッカー(男子も女子も)が世界の国々と対等に戦うには、個人の動きと判断の速さに磨きをかけるしかないのだから。

2012.07.30

オリンピック-結果が出ない柔道

 ここまで柔道は女子、男子とも2階級が終わって、女子はメダル無し、男子は銀・銅という結果。

 選手たちは一生懸命考えて試合をしてると思うけど、どうも思考が先行してしまっていきいきと身体を使えてない気がする。今までのオリンピックは日本選手の試合くらいしか観てなかったけど今回、他の試合も観察してみて、特に日本選手にそういう感じを受けた。

 スポーツっていかに本能的に上手に身体を使うかっていうことだと僕はとらえてます。単なる反射神経以上の、練習で身に付けた、相手との関係性の中での身体の使い方。
 日本の選手の練習量が他の国と比べて劣っているという事はないはずだし、試合に向けた体調管理や対戦相手の研究もトップクラスだと思う。そうして準備してきたものを試合で出すには、思考を働かせつつも「感じて」試合が出来る、スムーズなメンタル・コントロールが必要なんじゃないかな。

 これは点数競技の体操にも当てはまりそう。金メダルが当然と思われている内村選手の予選の演技が冴えなかったのも、目の前の今している演技、ではないことが意識に大きく居座っていたように見える。

 柔道も体操も、真剣な試合だから厳しいシチュエーションではあるけど、そこで楽しく体を動かせるように、競技に向かう意識を変える必要があると思います。

 あと、全然関係無いけど、改めて各国選手の様子を見ていて、ちゃんと礼に始まり礼に終わる日本の柔道の礼儀がそれなりに浸透している様子にちょっと感動してしまいました。試合の時だけでなく、会場の畳に上がるとき、降りるときに礼をする選手もいましたね。
 そんな中でも、勝っても負けても日本選手の礼がもっとも心がこもっていて素敵でした。

オリンピック女子サッカー日本対スウェーデン

 これからしばらくはオリンピックの試合をテレビ観戦した感想を書こう。wink

 女子サッカーの予選リーグ第2戦、日本対スウェーデンは0-0で引き分け! 意外にボールをゴール前に放り込むような単調な攻めが多くて、細かいパスワークから相手を崩してシュートという形が少なかった。

 でも多分これは意識的にそうしている気がする。大会直前の練習試合でもそういう攻撃パターンが多く見られた。その真意は…、多分本来のサッカーを余り見せたくないからじゃないかな。スウェーデンは決勝トーナメントでも当たる可能性があるから、得意のパスで崩すやり方は控えたんだろう。勿論、放り込みサッカーで大儀見選手辺りが保持してゴール、という形が作れたら儲け物という意識もあったと思うけど。

 試合後の佐々木監督のインタビューが全然悲観していない感じだったので、余計にそう感じました。

2011.08.04

松田選手

 元サッカー日本代表、元横浜Fマリノス、現在、JFL松本山雅所属の松田直樹選手が亡くなった。

 松田選手の印象は、何と言っても2002年の日韓ワールドカップでの活躍。力強い守備で日本のデフェンスラインを支えていました。トレードマーク(?)のヘアバンドで髪をまとめた精悍な風貌はとても頼もしく、テレビ観戦していても心強く感じられて応援にも力が入りました。

 2日の松本山雅での練習中に突然倒れた松田選手。報道を振り返ると、病院に搬送されたときにはもう本当に絶望的な状態で、集中治療室での生命維持は関係者がお別れを言う時間稼ぎに過ぎなかったのかも知れない。家族や関係者にとってもとてもつらい時間だったと思う。

 横浜Fマリノスから松本山雅に移ってからはテレビで見る機会も無くなってしまったけど、松田選手が倒れた、亡くなったというニュースには正直、動揺しています。信じたくない気持ちです。

2010.09.26

久しぶりのサッカー観戦

 昨日、おそらく今シーズン初めてのサッカー生観戦してきました。台風が過ぎてとってもいい天気でした。

久しぶりのサッカー観戦[PowerShot A590 IS]

2010.06.16

パソコン版エクセル用2010ワールドカップ勝敗表

 先日公開したポケット・エクセル用のワールドカップ勝敗表にたくさんアクセスしてもらったので、これはパソコン用も公開したほうがいいだろうと思い立ち、急遽作成しました。

 ポケット・エクセル用ファイルを変換、確認しただけなので、何か不具合があるかもしれませんが、興味があれば使ってください。happy01

 ZIP形式で圧縮してあります。詳しい解説は一緒に入っているテキストを読んでください。一応エクセル2003で確認しました。もしかするとそれ以前のバージョンだと動かないかも。その場合はここにコメントを残して頂ければ、対処するかもしれません。

「w2010pc.zip」をダウンロード

【2010.6.18 追記】

 ワークシートの式に一部間違いがありました。訂正しましたので、6/18 23:58以前にこのページにアクセスした方は、あらためてダウンロードしてください。

2010.06.14

サッカーW杯・対カメルーン戦先発希望選手

 いよいよ今晩の日本代表対カメルーン代表戦の先発希望選手です。予想ではなく飽くまでも希望(笑)。

(攻撃方向↑、敬称略)


     岡崎

大久保 遠藤 本田 長谷部

     阿部

長友 闘莉王 中澤 内田

     川島


 本田選手のワン・トップ起用が話題になっているけど、やっぱり僕としては本田選手はFWの後ろ居た方が本来の持ち味が出ると思う。この考え方を元に右サイドバックに攻撃的な内田選手を置くのが、守備が崩壊していると言われるカメルーン戦では有効じゃないだろうか。

 早めの時間に2点以上取るなど、試合の展開によっては守備の強い今野選手が有効な場面もあると思うけど、まず得点するまでは攻撃的な布陣で頑張って欲しいです。

 松井選手や、色々言われてるけど中村俊輔選手も魅力的なのでうまくフィットする使い所が見つかるといいなぁ。本田選手と中村俊輔選手が両立して、なおかつ長友選手、内田選手の両サイドバックとFW陣が活き活きできるようなチームが理想です!

 ともあれ、今日の試合は3-1で日本が勝つでしょう。失点もあるだろうけど、それ以上に得点できる気がします。

2010.06.04

2010FIFAワールドカップ勝敗表

【2010.6.20 追記】
[この記事はモバイル機用エクセルについて記述しています。パソコン用エクセルのファイルはこちらに載せています。]

 2006年に続き、今回のワールドカップ用Excel勝敗表を作成した!

 と言っても前回同様、僕がずっと使っているWindowsCE2.0機PERSONAのPocket Excel用です。
 Lha形式で圧縮しているのでダウンロード後に解凍して下さい。勝敗表の詳しい使い方は、一緒に圧縮してあるテキストファイルで説明しています。

 ちなみに、2006年版には実は細かいミスがありました。前回大会期間中に何度か修正してるけど、大会の最終結果を入れている範囲では表に現れない間違いが未だ残っています。
 今回、全面的に見直しそういうミスを修正し、表示を軽くする事を期待して一部セル内の式の立て方も変えました(効果の程は不明…)。

 今日は大会前最後の日本代表の試合。大会でいい結果を期待できるような内容であって欲しいな。

「WC2010.lzh」をダウンロード

※ このファイルはもともと僕個人の関心から作成したもので、正確性は一切保証できません。このファイルを使用した事により被った不利益などには、やんは一切の責任を負いません。利用者自身の責任で利用して下さい。

【2010.6.16 追記】

 ワークシートの式に一部間違いがありました。訂正しましたので、6/16 20:50以前にこのページにアクセスした方は、あらためてダウンロードしてください。

【2010.6.18 追記2】

 ワークシートの式に一部間違いがありました。訂正しましたので、6/18 23:58以前にこのページにアクセスした方は、あらためてダウンロードしてください。

2010.01.04

新春女子プロレス

新春リボン 新木場1st RING[PowerShot A590 IS]

 年の初め、女子プロレス『アイスリボン』を観てきた!

 団体のベルトが懸かった決勝戦で優勝候補筆頭のさくら選手があっというまにやられてしまった! 藤本選手の作戦勝ちでしょうか。run

2009.10.10

嬉しそうな笑顔

 今日のサッカー日本代表対スコットランド代表で、最後に得点を決めた本田選手、素直に嬉しそうに笑っていた!happy01

 チーム内の協調性とか中心選手との軋轢とかそういうことが色々言われているようだけど、やっぱりサッカー選手、ゴールは嬉しいんだね!soccer

より以前の記事一覧

最近の写真