+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「映画・テレビ」の112件の記事

2012.05.14

半井さんの新ブログ

 半井小絵さんがNHKのニュース7を辞めて以降書かれていたブログ別ウィンドウで開く、やはりセントフォース所属になった関係で更新終了になりました。

 でも代わってアメブロにセントフォースの公式ブログ別ウィンドウで開くを始めたので、これからも半井さんの近況に触れられるので良かった。それに今度のブログではコメントも受け付けているので、今までは一方通行だったけどこれからはテレビの感想などを伝えることもできます。
 ※セントフォースでは他のタレントさんのブログでもコメントが付けられるけど、これは管理体制がしっかりしているからできることでしょうね。いわゆる炎上とか荒れることが無いように対応できるからこそです。

 ただ残念なのは、気象に関する記事はセントフォース公式ケータイブログに書くらしいこと。どちらかというと、誰でも見られるアメブロを気象情報中心にして、プライベートのことをケータイブログに書いた方が有料会員が増えると思うんだけど。事務所としては半井さんの場合は普通の記事より気象に関する内容の方がコアなファン向けという位置づけなのかな。

2012.05.07

4月からの半井さん

 元NHKニュース7のお天気キャスター、半井小絵別ウィンドウで開くさんが4月からフジテレビのバラエティ番組「フジテレビに出たい人TV別ウィンドウで開く」にアシスタントとして出てる!NHKより長時間映るし、しかもアップも多くて嬉しい(^^)。

 ここ数回の放送では、やっぱり初回放送が一番印象的だったなぁ。NHKでは見られなかった自然な表情の半井さんに嬉しくなりました。思ったより表情が動くんだなぁ。
 でも口調はいたって丁寧。バラエティらしいくだけた表現はあまりしません。こういう個性に合わせて「秘書」という設定にしたのか、「秘書」だからこういうしゃべり方にしているのかは分からないけど、多分前者かなぁ。バラエティ慣れしていない半井さんに合わせての制作側の配慮なのだと思う。あるいは秘書役がまずあって、そこに半井さんが選ばれたとか。

 残念なのは、この番組出演の告知以来ブログが更新されていないこと。3月から女性キャスターが多く在籍する芸能事務所セントフォースに所属別ウィンドウで開くすることになったようなので、そことの関係上(契約上?)更新できなくなったのかな。それならそれで、事務所公認のブログを新たに初めて欲しいな。
 半井さんはやっぱり気象予報士としての影響力が大きいので、バラエティに出るようになっても、例えば5/6の竜巻被害などをブログ等で扱って欲しい。それが一番半井さんらしいと思います(今後は新しい一面をアピールしていくにしても)。

2011.11.02

11月5日は「津波防災の日」です

 今年から11月5日は「津波防災の日」になりました。このことを広めるためのイベント「みんなで考える津波防災の日別ウィンドウで開く」に出掛けてきた。

津波防災の日[PowerShot A590 IS]

津波防災の日[PowerShot A590 IS]

津波防災の日[PowerShot A590 IS]

 僕はあまり民放の気象情報は見ないので存じ上げない方もいたけど、これらの写真の通り、テレビでおなじみのお天気キャスターの方々が集まり、津波防災について話そうという内容でした。

 津波防災の原則はシンプル。第一部で発表された饒村 曜さん(元気象庁 和歌山地方気象台長)が海岸地域の人は「大きな地震が起きたら、とにかく高いところへ逃げろ」ということを強調していました。そして、大地震・大津波は長い周期で起こるものだから、地域の防災の知恵・知識を、お祭りなどのイベントを通して長く子ども、孫に伝える必要があると仰っていたのが印象に残った。

 僕がこのイベントに参加した理由は、半井小絵さん別ウィンドウで開くに会えるからというミーハーなものでした。そしてその目的は達せられて(笑)、最後には写真も撮らせていただいて(ここには載せないつもり!)握手もできました。

津波防災の日[PowerShot A590 IS]
半井さんやRAG FAIRのおっくん

 同時に、本来の趣旨である津波防災について、技術や制度づくりも大切だけど、防災意識を常に持ち、世代を超えて引き継ぐことの大切さを知ることができました。

 11月5日は「津波防災の日」です!good

2011.06.28

半井小絵さんの新展開

 気象予報士・半井小絵さんのNHKニュース7を卒業して以来初(?)のテレビのお仕事は、民放番組のナレーション別ウィンドウで開くでした。

 半井さんの声を聴けるだけでも嬉しいのだけど、でも“人の原稿”を読むのはあまり向いていないと感じた。おそらく原稿が期待しているニュアンスとは違うんだろうなあというところが何ヶ所かあったし、語りかける雰囲気を特に意識したようだけど、もっと普通に喋った方がトーンにもメリハリがついて良かったんじゃないかなぁ。落ち着いた雰囲気過ぎて、旅の活き活きした感じが薄れてしまったようです。
 僕のように半井さんの声のファンは業界にも多いと思うけど、だからといってナレーションの仕事に繋がるかというと、そこはやっぱりプロの世界、この仕事からは即戦力としては難しいかなとちょっぴり思いました。

 お天気キャスターの半井さんは、気象予報士として自分で原稿を書いて、進行を考えて自分の言葉で喋っていました。その仕事ぶりは、たとえ小さなミスはあったとしてもプロとして文句のないものでした。天気に関する講演会も、僕は聴いたことはないけど自分の原稿で構成するものなので半井さんの良さが発揮されると思います。でもナレーションのように人の原稿を読むのはまた別の世界。心地よい声という資質はあっても、ある種の演技力のようなものがないと務まらないんだと思う。

 これからどの程度仕事の幅を広げようと考えているのか分からないけど、あまり欲張らずに気象予報士の領分を基に自分らしくがんばって欲しいな。

2011.05.13

Music Lovers観覧

 先日、日本テレビの音楽番組『Music Lovers』の収録観覧に行ってきました。tv

 出演アーティストは布袋寅泰さん。ゲストがモデルの冨永愛さんでした。全部で4曲演奏して、その後でトークという収録の順番だった。

 テレビ番組の収録は初めてだったけど、意外にセキュリティが厳重で待ち時間も長くてくたびれた。それでもライブはちゃんとしていたし(1曲は当て振り-録音にあわせて演奏するフリ、歌で言うところの口パク-だったけど)トークも面白かった。
 放送では編集されて一部しか使われないと思うので、スタジオで全てを観覧できたのは貴重な体験だったな。

 ライブ中の客席のどこかに僕がいるはずだけど、映ってるかなぁ。分かるかなぁ。放送日は5/15です。happy01scissors

2011.05.08

攻殻機動隊 S.A.C. S.S.S 3D

 アニメ映画『攻殻機動隊 S.A.C. S.S.S 3D』を観て来ました。アバター以降の3D映画は初めて。
 何年も前に特別な映画館だけで対応していた3D映画は観たことがあったけど、アバターから3Dがホントに一般的になったね。映像も予想以上に鮮明で、3Dメガネも普通のメガネの上からでも問題なく掛けられた。

 作品そのものは以前にDVDアニメとして発表されたものを今回3D化して上映しているので、DVDを持っている僕にとっては物語は分かっていました。その分映像を楽しむほうに専念できて良かった。このシリーズは話の展開が早い上にややこしいので、初めてだと内容について行くだけでやっとだったかも。

 そして何より3D化の効果だけど、そもそも既存アニメを3D化できるところが不思議。既にそういう技術は結構進んでいるらしく、監督の意図で今回は控えめな3D表現にしたそうです。観ていてもこのくらいが違和感なく楽しめました。立体表現の完璧な3DCGと違って、手描きアニメであんまりしっかり3Dされても、飛び出す絵本のようになってしまい、シリアス感が薄れるのかもしれません。
 一方、オープニングは3D用に完全な新作だったけど、これは3DCGの迫力と精密さが生かされた見応えのあるものでした。

 心配していた頭痛なども起こらず、映像エンターテイメントをしっかり堪能できた2時間弱だった。

 でも3D映画のハシゴはさすがに疲れるかも。bleah

真っ黒い表紙のプログラムとメモ用紙[PowerShot A590 IS]

2011.04.20

半井小絵さん退社?

 元ニュース7の気象キャスター、半井小絵さんのプロフィールが所属会社のウイングのサイトから消えてた…。

 所属会社も辞めたとなると、別の事務所に移籍したのでなければ、もう人前に出ることはないのかな。週刊誌に記事が書かれた直後にはウイングのサイトに記事の内容を否定するメッセージが出ていたんだけど、これもしばらくして無くなったから、この時にはもう退社することが決まっていたのかもしれない。残念だな。despair

2011.04.06

去る人

 NHKのニュース7平日のお天気キャスター、半井小絵さんは3/25が最後の放送だったみたい。

 震災による特別編成で、天気情報コーナーで半井さんが映るのは被災地の天気解説のときのロングショットのみで、全国・週間の天気は声だけになってしまった。そしてこの最後の日、最後の挨拶などもなく、スパッと終わってしまった。責任感の強い半井さんはきっと、自分のことより、この大変なときだからこそ天気を伝えることだけにこだわったのだと思う。
 同じく4/3が最後だった週末担当の山本志織さんは、挨拶の言葉こそ無かったものの最後にアップでお辞儀をすることができた。いつもより丁寧で長めのお辞儀でした。
 半井さんにはこういう機会もなかったのです。この終わり方はあんまりです…。長い間、親しまれて、番組に穴を空けることなく勤め上げたのに、視聴者に何の気持ちも伝えられないままテレビから姿を消してしまいました。

 そして今週からは寺川奈津美さんが新しい気象キャスター。この時の武田アナウンサーの「今週から気象情報の担当は寺川奈津美さんです。」という言い方がとっても悲しかった。半井さんが担当を終わることには全く触れなかったのに…。
 武田アナも寺川さんもこのこと自体は別に悪くないんだけど、対比して半井さんのへ扱いがあまりに寂しく感じました。

 一番悪いのは週刊文春。この雑誌の記事さえなければ、半井さんは20:45の首都圏ニュースで気象担当になるはずだったのに。こういう無責任な記事を載せる雑誌は潰れて欲しい。
 プライベートは多少派手だったのかも知れないけど、でも興味本位の記事で半井さんの仕事を奪うなんてジャーナリストの資格はまったく無いです。

 半井さん、今は長いお休みを貰ったと考えて、またいつかテレビに戻ってきてください。

2011.02.09

そんな必要ないじゃん

 半井小絵さんはとても人気があるんだから、わざわざ不倫なんかしなくても素敵な男性とめぐり合うはずです!

2010.09.27

劇場版ガンダムOO

 劇場版ガンダムOO(ダブルオー)を観てきた。詳しい感想は明日にでも書こうと思うけど、いやぁ思い切った物語で面白かった。正統派ガンダムの流れから見ると、ダブルオー(TV含む)は確かに異端ではあろうけど、面白さという点ではシリーズでもトップクラスだと思うヨ!wink

より以前の記事一覧

最近の写真