+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「携帯・デジカメ」の78件の記事

2015.04.05

ココログ復帰のようなそうでないような

 なんと前の投稿から2年以上も間が空いてしまった。別に携帯電話が壊れてネットができなくなったという訳ではなかったんだけど、その後リアルの暮らしが充実しすぎて(?)ブログの投稿がすっかりおろそかになってしまいました。despair

 その間にどんなことがあったかは気が向いたらおいおい書いてくとして、取り敢えず新しいデジカメを買ったのでその写真を載せることにします。camera

近所の公園の桜[EOS M3, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM(55mm), Av, F5.6, 1/320, +1 1/3, ISO 100, PS:風景]クリックすると大きく表示します

 ちょっとプラス補正しすぎた気がします。

ミニチュア風[EOS M3, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM(28mm), Av, F11, 1/100, ISO 100, PS:風景]クリックすると大きく表示します

 これは歩道橋から普通に撮影した写真に、後からカメラ内の編集機能でミニチュア風フィルター効果を加えました。パソコンでもできることだけど、専用機能だけあって操作が簡単。

千鳥ヶ淵の桜[EOS M3, EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM(39mm), Av, F5.0, 1/25, ISO 3200, PS:風景]クリックすると大きく表示します

 ニュースで千鳥ヶ淵の桜が採り上げられていたので、思い立って仕事の帰りに寄って撮ってきました。この写真を撮った位置はとても人が多くて、最前列に出るまでが大変だった…。でもマナーの悪い人はあまりいなくて、みなさん長時間占拠することもなく、自分が撮り終るとすぐ別の場所に移動されてました。

 そうそう、新しいカメラというのはキヤノンのEOS M3別ウィンドウで開くです。未だにフィルム一眼レフカメラを使っている僕としては、デジタル一眼レフは買おうとまでは思っていないのだけど、かといってコンパクト・デジカメだと暗い場所での画質につらいものがあり、小型でありながらデジタル一眼レフ並みの画質であるミラーレス型は欲しかったのでした。

 久しぶりの投稿、書き込み機能などを思い出すのが大変でした…。wobbly

2013.01.29

古すぎて修理できない?

 Softbankのサイトで調べたら、もう僕の携帯は古すぎて修理受付を終了してた。しかも2011年に!

 腹をくくって何とか自分で分解を試みたけど、もう一歩のところで特殊な形のネジに行く手を阻まれた! くそうangry

 明日東急ハンズにでも行って、その形のドライバーが売ってなければ、諦めて機種変更しよう…。スマホにしちゃうか?

まいった。携帯電話壊れた

 受話口から音が出ない。

 ハンズフリーだと大丈夫なので通話機能の問題ではなく、受話口の配線の問題だと思う。だいぶ前の機種だけど修理可能かな…。sad

2012.12.03

瞬間の顔 Vol.5

 写真家・山岸伸別ウィンドウで開く先生の写真展『瞬間の顔 Vol.5』を観た。

 山岸先生と言えば女性のグラビア写真が一番知られているけど、こういった人物写真(このシリーズでは男性ばかり)もなかなかの存在感のある写真を撮られます。

 場所柄(オリンパスギャラリー東京)、オリンパスのデジカメで撮った作品ばかりだったけど、この大きさ(半切くらい?)でも細部まで先鋭に描写できていてとても見応えがあった。被写体によってトンネル効果っぽい四隅が暗くなった作品もあったけど、これらはカメラ内蔵のフィルター機能で撮影時に掛け撮りしているとのこと。パソコン上で後加工するのではなく、撮るときにイメージを決めてフィルターを掛けて撮ってしまうというあたり、機能と効果を理解したプロだなと感心してしまった。
 今はパソコンでの加工が何でも出来るので、やろうと思えばいくらでも手を加えられる反面、曖昧なイメージのままシャッターを切りパソコン上で際限なくいじり回すことにもなりがち。それで収拾付かなくなったり、写真なんだかパソコンアートなんだか分からないような中途半端な作品になるより、“写真作品”として仕上げる割り切りがあった方が明瞭な作品になるのでこういう方向性は私の好み。もちろんパソコンアートという作品づくりもいいと思うけど、それは写真とは別の意識のもとで製作されるべきもの。パソコン加工技術の浸透によって、“写真とは”という内省が写真家各自に問われる時代とも言えます。
 ちなみに山岸先生も、パソコン加工は一切やらないという訳ではなく、被写体のシワを軽減したりするそうです。あと恐らく明るさや色調の微調整もしてるでしょう。でも基本的にはそういった“調整”の範囲内のことしかされないようです。先生も過去には写真を素材としたパソコンアートと言えるような作品も発表していますが、この『瞬間の顔』がそういう方向性でないことははっきりしています。オーソドックスな“記念写真”にとても近い感じ。

 山岸先生と言えば、慢性骨髄性白血病を患っていることが知られていますが、こういった写真展で見せるお姿も作品もとてもエネルギッシュ。これからもどんどん写真を撮って欲しいです。

2012.08.21

夏から秋に移る空

夏から秋に移る空[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

2011.12.23

クリスマスな写真

クリスマスな写真[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

 今を逃すとアップできないから。coldsweats01

2011.07.26

なんかカッコイイ

なんかカッコイイ[PowerShot A590 IS]

工事中の駅のホームに描かれたマーク。

2011.02.19

夜の湯島天神

湯島天神[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

湯島天神[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

湯島天神[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

 湯島天神に行ってみました。まだ梅は二、三分咲きくらいかな。6時過ぎくらいだったけど、参拝客は少しいましたよ。

2010.08.07

演奏を待つ

演奏を待つ[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

 演奏が始まる前のこの様子、あまりに「絵」になっていたので撮らずにいられませんでした。もちろん演奏本番中の録音・録画・写真撮影は禁止です。
 コントラバスの後ろでハープがキラキラしているのもとても綺麗。shinecatface

2010.05.06

やわらかあざやか

やわらかあざやか[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します

 昨日の散歩中に撮りました。こんな風に見下ろせるところに実がなるなんて知らなかった…。
 特にデジカメの設定などは工夫しなかったけど、うす曇りだったのでいい感じに柔らかく写った。wink

より以前の記事一覧

最近の写真