+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「芸能・アイドル」の14件の記事

2012.10.25

逆走アイドル発売イベント

 先日、密かに応援しているアイドル(?)グループ恵比寿マスカッツ別ウィンドウで開くの新曲発売記念イベントに出掛けた。

 新曲のタイトルは『逆走heartアイドル』。発売日は10月31日なのでまだ現物は手にしてないけど、予約することでミニライブの観覧と出演メンバーとの集合写真を撮ることができました。

逆走アイドル発売イベント[PowerShot A590 IS]クリックすると大きく表示します
真ん中に私(タイトルで隠してますが 笑)が座り、その周りを参加メンバーが取り囲む貴重な写真を自分のカメラで撮ってもらいました!

 この日のメンバーは3代目リーダーの希志あいのさん、この曲でのメインボーカル吉沢明歩さん、その他、安藤あいかさん、小倉遙さん、結夜さん、佐山愛さん、春菜はなさんの計7人でした。

 この曲は、小さい頃にアイドルになるのが夢だったけど歌が苦手でその夢を諦めていた吉沢さんのために創られたもの。密かにボーカルレッスンを受けるなど、陰で努力していた吉沢さんの気持ちが綴られた歌詞と、アイドルらしい柔らかい雰囲気の曲調がとても合った楽曲です。

 吉沢さんの夢と今の思いがモチーフだけど、歌詞に描かれている心情は、正統派アイドルから外れたcoldsweats01グループ・恵比寿マスカッツのメンバーの誰もが共感を持てるものだそうで、とても仲間愛に溢れてます。

 アイドル時代の森高千里さんの影響を取り入れたというダンスも可愛らしくて、ユーモアがありながらも優しい気持ちになれる曲だと思いました。


2012.05.14

半井さんの新ブログ

 半井小絵さんがNHKのニュース7を辞めて以降書かれていたブログ別ウィンドウで開く、やはりセントフォース所属になった関係で更新終了になりました。

 でも代わってアメブロにセントフォースの公式ブログ別ウィンドウで開くを始めたので、これからも半井さんの近況に触れられるので良かった。それに今度のブログではコメントも受け付けているので、今までは一方通行だったけどこれからはテレビの感想などを伝えることもできます。
 ※セントフォースでは他のタレントさんのブログでもコメントが付けられるけど、これは管理体制がしっかりしているからできることでしょうね。いわゆる炎上とか荒れることが無いように対応できるからこそです。

 ただ残念なのは、気象に関する記事はセントフォース公式ケータイブログに書くらしいこと。どちらかというと、誰でも見られるアメブロを気象情報中心にして、プライベートのことをケータイブログに書いた方が有料会員が増えると思うんだけど。事務所としては半井さんの場合は普通の記事より気象に関する内容の方がコアなファン向けという位置づけなのかな。

2012.05.10

布袋寅泰さんがイギリスに移住

 僕の大好きなロックギタリスト・布袋寅泰さんが、6月のコンサートを終えたらイギリスに移住する別ウィンドウで開くそう。

 突然のニュースにびっくりだけど、今は音楽はどこでも創れるしどこで創られた音楽でも手に入れることができるから、布袋さん自身が日本を離れても、僕の布袋さんが創る音楽との関わり方は何ら変わらない。
 唯一の影響は東京(周辺)でのコンサートが減ることくらい。でもそれだって、2010年くらい以降にすごくライブ活動が増える以前は年1回の全国ツアーとファンクラブ限定ライブ程度だったと思う。
 それを考えると、この2年くらいのコンサート頻度が特別だったわけで、年に1回くらいになるのならそれはそれで適正頻度に戻ったと言えないこともない。bleah

 今はブログもツイッターもされているから特に情報・動向が途絶えるわけでもないし、日々の思いや振る舞いにも触れることができる(ご本人が自主的に記す範囲で)。
 なので、最初この報告をブログで読んだ時にはさみしい気持ちもわいてきたけど、布袋さん本人の音楽活動のためだから応援する!good

 さらにすごいなと思ったのは、奥様の今井美樹さんと小学生の御嬢さんも一緒についてくということ。こっちの方がびっくりの度合いは大きかったです…。

2012.05.07

4月からの半井さん

 元NHKニュース7のお天気キャスター、半井小絵別ウィンドウで開くさんが4月からフジテレビのバラエティ番組「フジテレビに出たい人TV別ウィンドウで開く」にアシスタントとして出てる!NHKより長時間映るし、しかもアップも多くて嬉しい(^^)。

 ここ数回の放送では、やっぱり初回放送が一番印象的だったなぁ。NHKでは見られなかった自然な表情の半井さんに嬉しくなりました。思ったより表情が動くんだなぁ。
 でも口調はいたって丁寧。バラエティらしいくだけた表現はあまりしません。こういう個性に合わせて「秘書」という設定にしたのか、「秘書」だからこういうしゃべり方にしているのかは分からないけど、多分前者かなぁ。バラエティ慣れしていない半井さんに合わせての制作側の配慮なのだと思う。あるいは秘書役がまずあって、そこに半井さんが選ばれたとか。

 残念なのは、この番組出演の告知以来ブログが更新されていないこと。3月から女性キャスターが多く在籍する芸能事務所セントフォースに所属別ウィンドウで開くすることになったようなので、そことの関係上(契約上?)更新できなくなったのかな。それならそれで、事務所公認のブログを新たに初めて欲しいな。
 半井さんはやっぱり気象予報士としての影響力が大きいので、バラエティに出るようになっても、例えば5/6の竜巻被害などをブログ等で扱って欲しい。それが一番半井さんらしいと思います(今後は新しい一面をアピールしていくにしても)。

2012.03.17

なんだか嬉しい

ツイートがお気に入りに登録されたクリックすると大きく表示します

2011.05.14

落語鑑賞

 ニフティの落語配信サービスが催している落語会に行ってきた。

 二ツ目の落語家さんたちの落語は、名人芸とまでは言えないのかも知れないけどとても面白かった。あんな風にテンポ良く楽しくお喋りできるようになりたいなぁ。

2011.05.13

Music Lovers観覧

 先日、日本テレビの音楽番組『Music Lovers』の収録観覧に行ってきました。tv

 出演アーティストは布袋寅泰さん。ゲストがモデルの冨永愛さんでした。全部で4曲演奏して、その後でトークという収録の順番だった。

 テレビ番組の収録は初めてだったけど、意外にセキュリティが厳重で待ち時間も長くてくたびれた。それでもライブはちゃんとしていたし(1曲は当て振り-録音にあわせて演奏するフリ、歌で言うところの口パク-だったけど)トークも面白かった。
 放送では編集されて一部しか使われないと思うので、スタジオで全てを観覧できたのは貴重な体験だったな。

 ライブ中の客席のどこかに僕がいるはずだけど、映ってるかなぁ。分かるかなぁ。放送日は5/15です。happy01scissors

2009.11.18

半井さんがやってきた

 大好きなNHKお天気キャスター、半井小絵さんがうちに来ましたsign03

 と言ってもカレンダーのこと。bleah

 注文していた『2010年NHK気象予報士カレンダー』が届いたのです。
(リンク先は将来繋がらなくなる可能性があります)

 A2サイズくらいのカレンダーにバーンと半井さんや他の気象予報士さんが載っていて、見ているだけで癒されます~。catface

 撮影に使ったレンズが普段のテレビカメラとは焦点距離が異なるようで、見慣れたテレビとは顔の印象が少し違う感じだけど、それでもきれいな印刷でいい気分。でもカレンダー部に書き込みの余白が無いので、部屋に掛けて使うかどうかは微妙。

 これに数年前まで出ていた荒嶋恵里子さんも加わっていたらなぁ…。

2008.07.16

芸能人御用達?

 画像をアップするのすごく久しぶりな気がする。

花:魔裟斗、矢沢心、鈴木亜美[PowerShot A70]

花:MEGUMI[PowerShot A70]

 今日見かけたお花。でもこれが何のお店なのかは分からなかった…。

2008.05.26

美人薄命

 フリーアナウンサーの川田亜子さんが亡くなった。自ら命を絶ったよう。ネットなどで数日前から自身のブログや仕事の様子が心配されていた矢先のことです。

 僕が川田さんのことを知ったのは、確か数年前の『チューボーですよ』をたまたま観たとき。すごく綺麗な人が控えめだけどポイントを押さえたお喋りで、主役の堺正章さんやゲストを盛り立てながら番組を支えているなぁと思いました。
 残念ながら僕はそんなにテレビを見ないので、川田さんが他にどんな番組を担当していたのか分からないけど、たまに見掛けるといつも品の良い笑顔とお喋りに引き込まれていました。

 そんな、僕から見れば美人でスタイルも良くて頭も良くて完璧な川田さんの様子が、なぜ最近ネットで心配されているような事態になっていたのか、身近な人たちは何もできなかったのかと残念でなりません。
 残されたブログを拝見し、その他の情報なども踏まえて僕なりに考えてみると、TBSを辞めて以降仕事がうまくいっていなかったというのが大きな原因のように思います。恐らくTBSを辞めたのは所属事務所からの引き抜きだったのでしょう。その時には将来は川田さんの望むような仕事(報道関係と言われています)を約束しておきながら、現実にはその通りにはならなかったという挫折感、裏切られ感があったんじゃないだろうか。
 一般的に仕事でそのような壁に当たってしまったときに、家族や恋人などの近い人たちがそれを支えることで持ち堪える、乗り越えることが出来るんだけど、ブログを読んでいるとどうも良い恋人に恵まれなかったような感じです。美人で有名人ですから言い寄ってくる人はたくさん居ただろうけど、信頼出来そうな人とは巡り会えなかったのかも知れません。

 報道関係の仕事を望んでいたことや、テレビでの振る舞いなどから察するに、川田さんはとても真面目な人だったのだと思います。そんな川田さんにとって芸能界の人間関係、TBSを辞めた後の仕事、週刊誌などでの中傷は少しずつこころに傷を負わせていたのでしょう。その結末がこんなことになって本当に残念です。
 恐らく川田さんが亡くなったことについて、その原因になったと自覚している人たちが何人か居る筈。その人たちは今回の出来事を一生忘れずにいて欲しいです。

 川田亜子さんのご冥福をお祈りすると共に、残されたご家族、ご友人の方々の心中をお察し申し上げます。

補足(2008/5/27)
 間違えました。『チューボー~』に出ていたのはタイプの良く似た別のアナウンサーの方でした。でも他の番組で見た川田さんへの印象に変わりはありません。

より以前の記事一覧

最近の写真