+×+×+×+

  • Googleで検索します。
  • アルバム
    NATURAる写真
     フジフイルムのコンパクトカメラNATURA NSで撮った写真をまとめてます。
無料ブログはココログ

カテゴリー「創作」の47件の記事

2010.06.16

パソコン版エクセル用2010ワールドカップ勝敗表

 先日公開したポケット・エクセル用のワールドカップ勝敗表にたくさんアクセスしてもらったので、これはパソコン用も公開したほうがいいだろうと思い立ち、急遽作成しました。

 ポケット・エクセル用ファイルを変換、確認しただけなので、何か不具合があるかもしれませんが、興味があれば使ってください。happy01

 ZIP形式で圧縮してあります。詳しい解説は一緒に入っているテキストを読んでください。一応エクセル2003で確認しました。もしかするとそれ以前のバージョンだと動かないかも。その場合はここにコメントを残して頂ければ、対処するかもしれません。

「w2010pc.zip」をダウンロード

【2010.6.18 追記】

 ワークシートの式に一部間違いがありました。訂正しましたので、6/18 23:58以前にこのページにアクセスした方は、あらためてダウンロードしてください。

2010.06.04

2010FIFAワールドカップ勝敗表

【2010.6.20 追記】
[この記事はモバイル機用エクセルについて記述しています。パソコン用エクセルのファイルはこちらに載せています。]

 2006年に続き、今回のワールドカップ用Excel勝敗表を作成した!

 と言っても前回同様、僕がずっと使っているWindowsCE2.0機PERSONAのPocket Excel用です。
 Lha形式で圧縮しているのでダウンロード後に解凍して下さい。勝敗表の詳しい使い方は、一緒に圧縮してあるテキストファイルで説明しています。

 ちなみに、2006年版には実は細かいミスがありました。前回大会期間中に何度か修正してるけど、大会の最終結果を入れている範囲では表に現れない間違いが未だ残っています。
 今回、全面的に見直しそういうミスを修正し、表示を軽くする事を期待して一部セル内の式の立て方も変えました(効果の程は不明…)。

 今日は大会前最後の日本代表の試合。大会でいい結果を期待できるような内容であって欲しいな。

「WC2010.lzh」をダウンロード

※ このファイルはもともと僕個人の関心から作成したもので、正確性は一切保証できません。このファイルを使用した事により被った不利益などには、やんは一切の責任を負いません。利用者自身の責任で利用して下さい。

【2010.6.16 追記】

 ワークシートの式に一部間違いがありました。訂正しましたので、6/16 20:50以前にこのページにアクセスした方は、あらためてダウンロードしてください。

【2010.6.18 追記2】

 ワークシートの式に一部間違いがありました。訂正しましたので、6/18 23:58以前にこのページにアクセスした方は、あらためてダウンロードしてください。

2007.08.13

今日の落書き(展示室 8/13)

今日の落書き[Shade 8.5]
(Shade 8.5/CALLISTO 2)

 すっごく久しぶりにShadeを使った。ショートカットもすっかり忘れていたくらい、ずっと使ってなかった。
 それほど完成させたい欲求が強いわけでもないけど、なんとなく創ってみたいイメージが湧いたので、取り敢えず操作を思い出すくらいのつもりで制作を始めました。ちなみに、真ん中の卵みたいなのは明かりの当たり具合を見るために仮に置いただけです。

2006.10.02

計画変更

 今制作中の作品ではレンダラーにCALLISTO2を使おうと思っていた。そうすると必然的に、奥行きの表現にDepthPlusを使うことになるんだけど、この組み合わせだと手前のテーブルに映り込んだものがボケない。
CALLISTO2 + DepthPlusクリックすると大きく表示します
(Shade8.5, CALLISTO2, DepthPlus)

 仕方がないので、Shade標準のパストレーシングでレンダリングすることにした。計算の遅さは、ShadeGridレンダリングサービスで補うことにしよう。
パストレーシングクリックすると大きく表示します
(Shade8.5, パストレーシング)

2006.09.30

CALLISTO2レンダリングの実験

CALLISTO2レンダリングの実験クリックすると大きく表示します
(Shade8.5,CALLISTO2)

 こんな感じのものを作りたくて、質感表現の実験中。

2006.06.14

『生きる手応え』

人はひとりでは生きていけない

もし地球上にひとりだけなら
誰かと会話することも触れ合うこともできない
人間らしく生きることはできない

地球上にひとりなんていう仮定をしなくても
社会の中にいてもひとりぼっちなら
誰かと会話することも触れ合うこともできない
人間らしく生きることはできない

ひとりでは人間らしく生きられない

2006.02.09

『ふたりのじぶん』

あの人に捨てられて数年。

僕はずっと耐えてきた。あの人の幸せのためには僕は存在してはいけない。あの人は僕を消し去ることで幸せになる。そう思うから、捨てられても耐えられる。
あの人に必要なのは、新たな出会い、新たな生き甲斐、新たな仲間、新たな楽しみ、新たな愛。
あの人にたくさんのそういうことが巡り合うようにいつも願っている。

そういう僕の思いが強くなればなるほど、もう一つの自分が現れてくる。

この苦しみを僕ひとりが背負っているのは全てあの人のせい。自分にはもう未来はないのに、あの人は今頃、新しい人生を存分に楽しんでいる。
あの人は全ての重荷を僕に押しつけて逃げ出した。そして今頃、こんな僕の姿を周りの人に面白おかしくふれ回っているに違いない。
こんな考えが頭に浮かび、僕のこころは凍り付く。

あの人の幸せを願う自分と、恨み続けている自分。
あの人を思うと、いつもこのふたりの自分が現れて、僕のこころを引き裂こうとする。

僕は一生あの人のことを思い続けるだろう。そしていつまでこの苦しみを味わい続ける。
この苦しみが続くくらいなら、目玉をくり抜かれ、舌を引き抜かれ、性器を切り刻まれ、手足を燃やされ、腹に杭を打ち込まれながら金槌で頭を何度も殴られて殺されたほうがまだましだ。
そう願いながら泣き続ける。

あの人の幸せを願いながら泣き続ける。
あの人を恨みながら泣き続ける。

身動きの出来なくなっているどうしようもない自分を自覚する度に泣き続ける。

2006.01.12

『どちらが先』

夜を迎えることに耐えられなくなるのと
新たな生きる支えを見つけるのと

あの人が去って 僕には生きる意味がなくなった
それでもまだ存在しているのは
まだこの世にちょっとだけしがらみが残っているから
でもそれは大したことじゃない

この身をいつ消し去っても全然惜しくない
それどころか 消さずにいることで
夜が来るたびに あの人を失った苦しみが
僕のたましいに噴き襲い来る
だから僕は毎晩 どうやってこの身とたましいを消し去ろうかと考える
この身を このたましいをいつ消し去っても全然惜しくない

僕はあの人とともに生きるつもりだった
いま 僕はひとり取り残され
あの人は新しい人生をいきいきと過ごしているだろう

僕とあの人はともに生きるものだと思っていたから
あの人が 人生から僕が欠けたことになんとも思わなくなっている
そういう情景が頭をよぎると 僕の思考・精神活動は停止して
なみだばかり出てくる

もう長いことこういう夜を過ごしているのに
それでも毎晩同じことの繰り返し 慣れるということはない
多分 新たに生きることを共有してくれる人が現れるまで繰り返される

毎晩なみだを流し続けることに耐えられなくなるのと
そういう夜が来なくなるのと
どちらが先?

2005.10.22

05/10/22の記録

久しぶりのウェブ制作活動
 やっとMacromedia Studio 8の日本語版が出たので、この機会にこれまでHTMLを手打ちしていた自分のサイトをDreamweaverで再構築することにした。せっかく以前に優待販売で入手したStudio MXを有効活用し、冬ボーあたりでStudio 8に移行するつもりなのです。
 ただし僕のサイトはちょっと特殊で、トップ・ページそのものがCGIになっているから、単純にフォルダ構造を登録してもトップとその他のページ間のリンクがうまく繋がらない。仕方がないので、サーバーには無いフォルダをひとつ作り、CGIに代わる仮のフォルダ構造にしてみた。いずれにせよアップロードはDreamweaverは使わずにこれまで通りのやり方にするつもりだから、アップするときに必要な部分だけテキスト・エディターで書き換えることにしよう。
 Macromediaと言えばAdobeとの合併が予定されていて、Adobeの主力商品のひとつのIllustratorと性格の近いFreeHandの今後が心配だけど、Studio 8ではついにパッケージから外されてしまった。恐らく今後、メジャー・バージョンアップはないだろう。でもパッケージからは外されたけど、Studio 8導入後も今のFreeHandは使い続けられるようなのでひと安心だ。
 この合併の話が無ければ、Studioをバージョン・アップするつもりは無かったんだけど、今後どうなるか分からないので…。

パネル制作
 昨年に引き続き、地域のケーブルテレビで演奏会の告知をすることになった。それで、去年同様に告知のためのパネルを制作中。最終的にはB3のスチレンボードに仕上げるんだけど、僕のプリンターはA4までしか対応していない。でも心強いソフトがあるから大丈夫。
 GCrew8のポスター印刷機能は、最終的な大きさとプリントする用紙の大きさなどを指定すれば、作ったデザインを適切に拡大し分割印刷してくれる。分割されたそれぞれに切り取りや合わせのトンボ、のりしろが印刷されるから、その通りに切って貼れば希望通りの大きさのポスターが出来上がるのだ。
 滅多に使う機能ではないけど、いざという時に、何千円も払って出力センターに頼むよりずっと手軽に大きなプリントが得られるのですごく助かる。
 GCrew8ってあんまりメジャーじゃないと思うけど、はっきり言って個人用途の簡易DTPソフトとして必要な機能も一通り揃っているし、十分使えます。

2005.09.30

『限界』

 僕は人を好きになる苦しみに耐えられるようには出来ていないらしい。その証拠に、いつもはそこそこ適切な判断を下せる僕が、好きになった人にどうしたらいいのかは全くわからない。
 だからもう、人を好きになるのはやめ。
 特定の人を好きにならなくても万人を愛することは出来る。もっと優しい人間になれると思う。それで十分だ。

 僕は人から好いてもらえるようには創られていないらしい。その証拠に、生まれてこの方だれかに好きと言われたことがない。
 だからもう、好かれようとするのはやめ。
 だれからも好かれなくても社会の役に立つことで生きている間の居場所を確保することは出来る。だれかを支えることは出来る。それで十分だ。

 と自分を励ましてみても、フられたときに受ける「全人格・全能力否定」の感覚はなかなか覆すことはできない。自分には万人を愛する能力もなければ、社会の役に立つことも出来ない。自分の中にあるはずの支えを失ってしまう。

 それにしても神様は不公平だ。テレビでは今日も、とてもひどい行いをする人と、それでもその人を愛し離れられない人を話題にしている。僕はそこで描かれているようなひどいことは多分しないし、身近な人をとても大切にする。でも僕を信頼し、愛してくれる人はいままで現れなかった。
 僕には、誰かに見つめてもらえるという属性が欠落しているのだ。
 この自覚は、一度でも、一人でもだれかに好きになってもらったことがある人には簡単には想像できないだろう。想像できない方が良い。とってもとっても空虚な感覚だから。
 生きていることさえ無意味に思える感覚だから。

最近の写真